ブログコミュニティー


小嶋工務店 代表取締役 KOJIMA BLOG

2014.9.22


こんにちは小嶋です。
お客様のお嬢様からお手紙を頂いたと、齋藤棟梁からfacebookに連絡がありました。
以下、齋藤棟梁のfacebook記事です。
**********************************************************************************
お客様の嬢さん(小学2年生)から
お手紙を頂きました。家が完成したら大きなピアノで
たくさんの曲を弾いて、パパが
ギターを弾いて、弟さんが…
タンバリンを叩いてママが歌を歌って演奏会するそうです。
ご家族の皆様に喜んで頂いて幸せです。疲れも取れるてもんだい。

齋藤棟梁より

***************************************************************
ホントにありがたく感謝の気持ちでいっぱいです。
お引渡しまで後少しご満足頂けるように、
スタッフ一同精一杯がんばりますので、
今後共、末永いお付き合いを宜しくお願い申し上げます。

 

10671284_593066470815494_1903511467427504810_n[1]1947520_593066444148830_1395162761940473625_n[1]


2014.9.16


おはようございます小嶋です。

弊社と販売提携をしている吉祥寺の家具屋さん『keyuka』をご紹介いたします。

人気の街、吉祥寺にお店があり、素敵な家具や小物を販売しています。

私も吉祥寺によくいきますが、なんとなく入ってしまうお店です。

是非一度行ってみてください!

 

http://keyuca.jp/

kichijoji-p[1]

 


2014.9.11


おはようございます小嶋です。
今日は、TOKYO WOOD普及協会、沖倉理事長face book記事をご紹介致します。
9/10
木材を燃料として使う道が増えてきました!!
注文製品を木取った残りは、
全てバイオマス燃料として使えます。
ただ燃やすのではなく、
燃やした熱量をエネルギーにしていきます。
伐られた木が、全て活かされることは理想です!
理想がだいぶ現実になりつつありますね♪
たいへんありがたいことです。
まさにこれも適材適所です☆
以上
自然素材を余すことなく使いきり、
そして再生していく。
関西では『しまつする』と言うらしいですね。
製材していく時に使う動力、
工場の電源等にこのバイオマス燃料が使用されて行けば、
少しは東京都の電力に貢献できると思います。
まさに『TOKYO WOOD ENERGY』です。
まだまだ小さな力ですが、
限りある地元の資源を大切に使い、管理し再生させる一助に、
TOKYO WOO普及協会はなっていきたいと思います!
10649746_571650992957657_2487326720313558584_n[1]

2014.9.10


こんにちは小嶋です。

 

最近打ち合わせに同席していて、

尋ねられる事を何回かでご説明していきたいと思います。

 

今日は『薪ストーブ』についてです。

 

私が小さい頃、テレビで放映される漫画の家(ハイジ)には薪ストーブがよく画面に出てきました、

そんな影響からか小屋裏部屋と並んで、

家づくり時には採用したい人気の項目の一つとなっています。

 

たまに海外に出向いた際にも、

宿泊する所に暖炉があるとなんだかワクワクしてきたりしますよね。

 

でも…

 

家の中で火を燃やしてはダメです…

あえて駄目といいます。

 

なぜならば、もう家の中で火を燃す時代では無いからです。

 

暖炉を設置すれば排気口(煙突)が必要になり、

家に大きな隙間を作る事になるからです。

そして新しい温熱基準に適合しない住宅となってしまいます。

オーロラアクア-thumb-250x205-1143[1]

昔、小学校でストーブを教室で燃やしていたとき、

頭がボーッとなりませんでしたか?

 

そんな時学校の先生は、冬の寒い時でも窓を開けさせて換気をさせていました、

こんな状態が日常で続けば、いつしか使われなくなり、

残ったのは、隙間だらけの寒い家…

 

ですからその様な雰囲気は旅行等で味わい、

実生活ではしてはいけないんです、

また私たちは勧めてはいけないんです。

 

よく設計の先生は暖炉を推奨しますが、

彼らは決して保証してくれません、保証するのは工務店です。

入居後の保証をしてくれる設計士、私は見たことありません。

 

暖炉から廃棄される煙による近隣とのトラブルが多発していても、

雰囲気やデザインを重視して、

住宅の温熱環境のレベルアップを考えません。

 

あえて言いますが、家の中で焚き火はしてはダメです。

毎日快適に暮らすためには、

一晩過ごしたぐらいでは理解できない問題があるからです。

 

つづく

 

家づくり勉強会

9/28(日)PM1:30~開催します。

㈱小嶋工務店 本社1階

定員15名

お問い合わせは、0120-79-5610後藤迄。

 

 

 


2014.9.10


おはようございます小嶋です。

いよいよ第12回多摩ブルーグリーン賞が始まります。

現在4回連続で受賞していますが、今回も高井室長が中心となり、

提案書をまとめ提出させて頂きました。

今回の提案内容も前回と同様に、住宅の構造材、内装材に多摩産材を使用し、

多摩産材を普及拡大させ、東京の水源や森を守るという提案になっています。

 

他府県に比べ、東京の木(多摩産材)の活用は遅れており、

東京の山は荒れ果て花粉が飛散し、山の管理が行き届いていない状態となっています。

 

現在、多摩産材の使用率は弊社が全体の83%となっていますが、

今後多摩産材が普及することにより、山の整備ができるようになり、

花粉の飛散しにくい街、水源の管理された街に変わると考えています。

 

東京で建築する方は、東京で育った天然乾燥の素晴らしい木を、

是非使用してください!

多摩ブルーグリーン賞5年連続受賞目指してがんばります!

1780718_481008272021930_454592048_n[1]


2014.9.9


多摩産材(TOKYO WOOD)を構造材に使用し、温熱環境はソーラーサーキット工法を採用した建築中の現場をお借りして、内覧会を開催いたします。

天然乾燥の檜を使用した、衣替えする家を一度ご覧下さい。

お待ちしています。

 

10645222_668232369933068_4676940158211414143_n[1]


2014.9.8


おはようございます小嶋です。

今日は朝から嬉しい報告がありました。

今年入社の榎本くんが二級建築士の学科に合格しました!

実技試験がもう直ぐなので楽しみです。

がんばれ竜太君!

__


2014.9.7


こんにちは小嶋です。

TOKYO WOOD普及協会の中嶋材木店の中嶋社長が、

青梅市役所で多摩産材物産展を開催しています。

以下中嶋社長face book記事です。

今回は、当社が多摩産製品や産業の案内。
成木の中島林業さんが小物のークショップ。
プラセラムさんが、燃えにくい、腐り難い、科学木材の紹介と実演。…
法人会加盟3業種のコラボ出店です。

飲食店を主に40店舗くらい出店で賑やかです。

ぜひ、お越しを!寒いけど、、。

10時より開幕、会場は青梅市役所です。

10526004_533986363398608_2924963028668935157_n[2]

10686616_533986380065273_872936388259305877_n[1]


2014.9.6


こんにちは小嶋です。

今日お会いしたお客様に小嶋さんのこだわりを教えてくださいと言われましたので、

一生懸命私たちのこだわりについてお答えしました。

 

私たちが家づくりをする上で、一番大切にしている事は、

根拠のある材料を使い、駄目だとわかっている事は絶対にしないと言うことです。

例えば、天然乾燥の檜と人工乾燥の檜、外貼り断熱(外断熱)と充填断熱(内断熱)、

一円の釘と百円のビス等です。

 

建築を5年も経験すれば必ずわかることですが、

中々正直に実践できないのが建築業界であり、

会社が大きくなればなる程、過去に引きずられ変えることはできないのが現状です。

そう何度も経験することはできない家造り、

ネット時代の今、様々な情報が飛び交い頭を混乱させる、

いかにも正論のように語り、正論が曲論の如く扱われる、

もう20年この事に持論を曲げずにきましたが、

これからも地元の工務店として、駄目なものは駄目ときちんとお伝えしていきたいと思います。

 

何故ここをこだわるのか、どうしてこの部材や造り方なのか、

そして、国や東京都が何故私たちを支持したのか、

初めて展示場に外断熱を出展したパイオニアとして!

 

もしよろしければ、9/28午後1時半からに勉強会を開催致しますので、

お時間があれば弊社にお越しください。

あまりしゃべる事は上手くないですが、こだわるポイント、

してはいけないことをお伝えしたいと思います。

クイズ形式で楽しくお伝えします。

例えば…

25坪の家なのに30坪の家?

見積を見ても解らない断熱材の金額っていくらでしょうか?

大工さんのお給料っていくらかご存知ですか?

正解すると、会長の実家(新潟県柏崎)で採れたお米をプレゼント致します!

折角の家造り、もっともっとご理解して頂いて楽しんでください。

お待ちしています。

o0480085412604736024[1]

DSCN0128

IMG_5695

 

 


2014.9.5


こんにちは、小嶋です。
今日は朝から会長と打合せをしました。
今年で76歳になる会長ですが、
ホント良く働きますねw未だに営業同行、図面作成をしています。
本人曰く、お金の心配をもうしなくて良いので、
家づくりが楽しくてしょうがないとの事ですw三鷹展示場は、俺の最後の仕事だとはりきっています!

しかし・・・

何度聞いたか、この台詞w

まあ元気で何よりです、生涯現役で家づくりをお願いします!
10620606_666819613407677_5820588213547890969_n[1]


ページの先頭へ戻る