ブログコミュニティー


小嶋工務店 代表取締役 KOJIMA BLOG

2017.3.11


おはようございます、小嶋です。

今日は何時もより少し遅めの出社となりましたが、いいお天気ですね。これで花粉さえ飛ばなければ最高なのですが、現場は捗るお天気なので感謝しないといけないですね。

IMG_7859IMG_7860

さて、昨日は現在進行している現場に行って来ました。小金井分譲地から始まり、国分寺2件小平3件東村山市1件立川市2件多摩市1件と朝8時半から4時迄周らせて頂きました。

IMG_775817098236_1927888050830907_3972029848644785751_n[1]

IMG_777017191089_1872716463011105_3857385884131682547_n[1]

IMG_7789IMG_7806

IMG_7834IMG_7849

どれ1つとして同じ家が無い事は百も承知ですが、皆素敵な家だなと、あらためて羨ましくなってしまいました。

お引渡し間際の建物、棟梁が懸命に作業している建物、1棟1棟個性的で、お客様の思いが伝わってくるようで、チェックリストを片手に惚れ惚れしてしまいましたね。

 

 

IMG_7811IMG_7782

今日と来週とで、3月のお引渡し予定も含めて、府中市、八王子市、川崎市、杉並区、武蔵野市、日の出、赤坂の現場を周って進行状況の確認をしてきたいと思います。

それから弊社の取り組みについて、新聞社の方から取材を受けた内容が3/9付けの記事で掲載されていました。一生懸命がんばっていると皆が応援してくれるので、本当にありがたいですね。期待を裏切らないように、今日も一日がんばりたいと思います。

17200969_1358527854236846_2915470804621781554_n[1]

**************************************************************

~アクセスランキング記事~

1位 TOKYO WOODができるまで①~建築業界の金メダルに挑む~

2位 TOKYO WOODができるまで②~TOKYO WOODはどこへ向かうのか~

3位 『木の香る多摩産材普及拡大事業』に、(一社)TOKYO WOOD普及協会はチャレンジします!

4位 ガイアの夜明け撮影秘話①~放送前夜~

5位 ガイアの夜明け撮影秘話②~私が製作するのはリアリズムの追及~

**************************************************************

~TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家、動画一覧~

☆『TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家』に住まわれている、O様邸の1日を動画で追いかけたショートムービー夏編です。

『TOKYO WOODバスツアー檜原村を訪ねて』

☆『着工式 H27/8

14717156_1120595614729856_322601909228741520_n[1]

 


2017.3.10


おはようございます、小嶋です。

今日もいいお天気ですね、数年前、雪で苦しんだ時と比べて幸せな3月ですが、中々現場の進捗が予定通り行っていない所もあり、、今日は現場周りをしたいと思います。

最近社内の事に力を注ぎすぎて現場周りが出来ていなかった為、状況確認をし改善していきたいと思います。

IMG_7757IMG_7756

IMG_7754IMG_7755

(昨晩は、協力会の打ち合わせをして、現場の問題点を話し合いました。)

さて、昨日も、3/13に行われる、東京都木の香る多摩産材普及事業の最終プレゼンの打ち合わせをしました。いよいよ来週の月曜日が最後のプレゼンとなりますが、自分達が今まで多摩産材を誰よりも普及させて来た事を誇りに思い、審査員の方に思いをぶつけてきたいと思いますね。

昨日もそうですが、TOKYO WOOD普及協会の役員会等でも度々話題になる話しがあります。それは、東京の木材を普及させる事は一朝一夕ではできないと言う事です。

何故かと言えば、現在は、東京オリンピックの会場となる国立競技場建設や、数年前から国が取組んでいる国産材の普及拡大について話題となり、ようやく東京の山々にスポットライトが当り始めましたが、東京都に限っては地方と異なる問題点が山積していて、国や都がが号令を掛けても中々量を増やす事が出来ない問題があるからです。

この半年、大手ハウスメーカー等から東京の木(多摩産材)を購入したいと、多摩地域の製材所に問い合わせが多くなっていますが、どのメーカーも無理な金額と、ありもしない量の確保に対するオーダーが多く、正直、皆山側の方々はあきれ返ってしまっています。

地方と違い、東京の林業はここ20年で壊滅的な打撃を受け、原木価格は下落の一途を辿り、山を所有している方も手を入れても元が取れない状態になっていて、山主のかたは、現在は、売る(売りたくても売れない)か放置するかといった状態になっています。弊社にも山を引き取って欲しいと、ここ数年以来が多数寄せられ、山主さんと何度も話をさせて頂いていますが…

安価な輸入材で、利益を上げ続けてきた反動で、原木を輸出してきた国からもバッシングを受けるようになり、昨年辺りから国産材に大きく舵をきり始めたハウスメーカーでしたが、そのツケを今度は、東京の山に押し付けようとする姿は、もはや住宅業界の混乱としか思えない状態となっています。

IMG_6752

安易な国産材奨励は豊作貧乏になる

仕事の依頼は本来ありがたいものですが、このようなオーダーを1つでも受けてしまえば、更に原木価格は下落し、毎年のように購買担当者からコストダウンという値引きを要請されることになり、更に東京の林業は疲弊し、最終的には多額な補助金(税金)で林業をまかなうという状態となってしまいます。

『東京の山は観賞用でいいよ』とある方が発した言葉でしたが、観賞用にも最早ならない状態の山の現状を理解していない言葉であり、この関係者の言葉に山側の方は大きく落胆したとの事でした。

12743652_831459073643513_8043033179569032004_n[1]IMG_3746

東京都にある、原木市場に出荷される大半は、花粉対策事業で伐採されたものであり、この先、流行と称して一気に伐採量を増やしていけば、原木価格は更に安価になり、林業は立ち行かない状態となるでしょう。

この負のスパイラルを断ち切る為には、永続的に続けるという意思の強さと、長期的な計画が必要であり、原木を活用できるまでに費やす50年単位の考え方が、今は一番大切な事だと思います。

16832348_1342397105849921_3769156502790432456_n[1]

量を依頼し、価格を下げ、購入した後は知らないということであれば、今まで輸入材を使用し産出国からバッシングされた事と同じ事を繰り返す事になり、日本のデフレ状態と変わらない負を将来に残す事になります。

安く買いたい

この気持ちは誰でも同じですが、過剰なサービスや依頼や、値引き要請は必ず誰かの犠牲の元に成り立っているという事をもう一度考えたいと思いますね。表では、CO2削減と謳いながら、建築地から遠い輸入材や地方材を使えば、ウッドマイレージ(輸送に掛かるCO2の排出)は大きくなり、言ってる事と行っていることが矛盾してしまうと考えます。

10295338_739788612727346_3846263458188627316_o[1]1902943_731116816927859_5017381216817155706_n[1]

50年の手間の差を考える

家を造る場合、集成材と無垢材について比較される場合がありますが、正直私はどちらでもいいと思っています。強度がどうとか盛んに比較しますが、話している営業マンにも集成材がどんな木材が使用されているのか理解できていませんし、無垢材については尚更にだと思います。

14717156_1120595614729856_322601909228741520_n[1]17190640_1120595728063178_1175460220830153532_n[1]

(誰がどう育て、どう伐採したか、そしてどう扱うのかという事が大切であり、それが私達の拘りなんです。)

ただ言える事は、私達の扱う選ばれた東京の木を考えると、50年の手間が掛かって選ばれているという事、放置された海外の木をそのままでは使用できないから集成材としているだけであり、どんなに上手にカタログをこさえても、使えない寄せ集めの木と、50年の時を経て選ばれたTOKYO WOODでは、香りも強さも大きな違いがあるという事です。

_2015_10_17_1865555555555555555

(拘った物には美しさがあり、素晴らしい香りがする、それがTOKYO WOODなんです。)

お米に例えるなら、百の作業を手稲に繰り返した拘りのお米はやはり美味しいですが、輸入したお米は加工するか、味付けの濃い料理をしなければ皆、好き好んで食べたいとは思わないと思います。

拘りの料理店は、やはり選りすぐったお米を使いますし、大量に扱うチェーン店ではやはり値段を最優先に仕入れてしまう今の日本の縮図と合致していると思いますね。

東京の木は、急斜面に生息している事もあり、伐採作業に手間が掛かりますし、地方の作業手間と比べても決してお安くはなりませんし、どちらかというと高い部類に入ると思います。弊社でも地方から購入すれば年間で2000万円を超える仕入れ値の差がありますし、私がもっと自分の給料が欲しいと考える部類の経営者ならば必ず地方から購入していたと思います。

_2015_11_21_057_2015_11_21_038

原木から選んでみませんか

檜原村で50年から70年、手間を掛けた檜、次回のバスツアーでは皆様に手間を掛けた木がどれだけ違うのか見て頂こうと思います。現在予定では8棟分が伐採、確保できそうなので、4/22のバスツアーで私達が拘るTOKYO WOODを是非一度ご覧頂きたいと思います。

TOKYO WOOD WORKER,Sの4人が御案内させて頂きますので、お気軽に御問合せください。

お問い合わせは、0120-79-5610まで。

ホームページからのお問い合わせは此方からお願いします。→TOKYO WOODバスツアー

IMG_676010869565_863502077022665_4688270868864467734_o[1]

さあ、今日も一日がんばります!

**************************************************************

~アクセスランキング記事~

1位 TOKYO WOODができるまで①~建築業界の金メダルに挑む~

2位 TOKYO WOODができるまで②~TOKYO WOODはどこへ向かうのか~

3位 『木の香る多摩産材普及拡大事業』に、(一社)TOKYO WOOD普及協会はチャレンジします!

4位 ガイアの夜明け撮影秘話①~放送前夜~

5位 ガイアの夜明け撮影秘話②~私が製作するのはリアリズムの追及~

**************************************************************

~TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家、動画一覧~

☆『TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家』に住まわれている、O様邸の1日を動画で追いかけたショートムービー夏編です。

『TOKYO WOODバスツアー檜原村を訪ねて』

☆『着工式 H27/8

IMG_6758


2017.3.9


おはようございます、小嶋です。

今朝もいいお天気ですね、朝日も富士山も綺麗に見えていて、気持ちのいい朝ですね。

IMG_7746IMG_7747

さて、林野庁、国土交通省、経済産業省は2/23『合法伐採木材等の流通及び利用促進に関する法律(クリーンウッド法)』について、施行規則案と合法性確認の判断基準事項を定める省令案、基本方針を公表しました。

森林と環境問題との関係性はわかりやすく、森林保全に取り組む企業が現在、増えてきている中、数年前に名古屋市で開かれた国連の生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)をきっかけに、木材の調達方針をつくり、違法性が疑われる木材の使用を禁止した企業がこれにより増えてきました。

 日本に違法伐採木材が流通しているとする指摘が多くあり、英国王立国際問題研究所は、日本の輸入木材の12%が違法伐採の疑いがあると報告した。

環境NGOは、違法伐採で天然林のほとんどが失われたマレーシア・サラワク州産木材の最大輸入国が日本だと非難しました。(日刊工業新聞より)

これは、森林破壊は環境問題だけにとどまらず、サラワク州では原住民が住む場所を奪われる事態となり、人権問題にもなっていて、違法伐採木材を購入する企業が、環境破壊と人権侵害に加担していると非難される事態が起きてしまっています。

日本も違法伐採問題を重く捉え、議員立法でクリーンウッド法ができたが、NGOの地球・人間環境フォーラム(東京都台東区)の坂本有希部長は「名称の通り、合法伐採木材を増やすことが目的となっており、違法伐採木材の取引を規制していない」と指摘する等、輸入材にたいする合法木材の使用は努力義務にとどまり、違法木材の取引に罰則がない事が問題視されています。

坂本部長は「日本の家具や住宅メーカーが海外進出しようとしているが、厳しい海外規制を基準にしないとビジネスができない」と話す。また「森林資源がなくなると企業も困る。未来を考えてほしい」とも訴えていて、日本の住宅メーカーが違法伐採木材に依存している事が鮮明になってしまいました。

安価な輸入材は何故生まれるのか…

昨今のヤマト運輸の輸送ビジネスの問題もそうですが、5月から施行されるクリーンウッド法により、国内木材の需要がさらに見直される事になりますが、疲弊した国内の林業再生には沢山の課題があり、一朝一夕に伐採量を増やす事もできない現状は、国内の木材流通を価格競争に追い込み、更に林業を疲弊させてしまう事になると思います。

16174540_1082330251889726_2633583880345554379_n[1]

代表的な例が、秋川木材協同組合への木材調達の依頼ですが、住宅会社からのオーダーは、量の確保とコストダウンの依頼ばかりで、東京の林業家が何故疲弊しているかという事は、眼中に無い依頼が多く、このまま国産材需要が急激に増えれば、更に林業を疲弊させて行く事になると思います。

どうすればいいのか…

林業再生には、原木価格を現在の最低でも3倍にしなければ立ち行かない状態であり、2000万円の住宅建築をする方には、約200万円あまりの負担増となってしまいますから、ここまでくると国産材を使用したいという方も居なくなってしまうというのが現状です。

a53_01s[1]

そこで、3倍とは行かなくても、平成10年当事の価格に戻すために、(一社)TOKYO WOOD普及協会は、林業家、製材業者、工務店が集まり、見捨てられた東京の山の材である多摩産材を世に普及させる為に、平成21年に結成し新ブランドとして『TOKYO WOOD』の販売を開始しました。

当初は工務店(弊社)と製材業(沖倉製材・中嶋材木店)の3社で立ち上げましたが、現在では、林業家(東京チェンソーズ・田中林業)等、山主さんにも加わって頂ける団体に輪が広がって来ました。

12986325_601958396626006_1279461096_o[1]

このTOKYO WOODというブランドは、ただ木材を販売するという事ではなく、良質な住宅にだけ供給される木材として、弊社が平成21年に採択された、国土交通省 長期優良住宅先導事業の考えを導入したブランドとして改良に改良を重ね作り上げました。

木材の販売だけを考え、多摩産材を普及させようとしても、輸入材や地方材に価格競争で負けてしまい、性能が良いのか悪いのか、一般の方には解からず、国産材が流行っているから広告をするという、志のない会社の餌食になってしまうとTOKYO WOOD普及協会の皆で話あい、更に拘ったきびしい基準を設けました。

IMG_6577多摩産材 原木購入推移 H28

(TOKYO WOOD普及協会の原木使用量をグラフ化しています。)

日本一、世界一の性能と癒しを造り上げる。

勝てない、儲からないという愚痴を取っ払い、自らの努力と工夫で8年の歳月を費やし造り上げたTOKYO WOODは、東京の林業や製材の希望の光であり、私も発症してしまった花粉症の問題さえも解決できる、東京の環境に寄与した大儀を持った木材流通のあり方です。

_2016_04_09_060_2015_11_21_083

天然乾燥の拘り、一本一本の性能の数値化、印字、伐採方法の改良、伐採した後の苗木の育成等、建築屋目線だけではない、林業家、製材業者、工務店の3本の矢が重なり合った強い矢(志)として現在運営されています。

IMG_410110609635_586592298162616_7335150386238759463_n[1]

そしてこれは、大手ハウスメーカーが参入しないからこそ出来る取組みであり、住宅会社だけが利益を上げる現在の木材流通に革命を起こす取組みだと、皆誇りを持っています。

10869565_863502077022665_4688270868864467734_o[1]066s

ただ単に国産材の使用を唱える時代は過ぎ去り、これからはローカルエリアで地元の環境と良質な資産(住宅)を後世に残し、豊かな時代を迎えられる事を目指す時代だと私達は考え、先陣をきってこれからもマニアックなぐらいに拘りを追求し、東京の林業、製材業、工務店の希望の光『TOKYO WOOD』をこれからも大切に育てていきたいと考えています。

_2015_11_21_131

そんな、私達の思いが詰ったリニューアルさせて頂いた、『TOKYO WOOD』のホームページを、皆様、是非一度ご覧頂ければ幸いです。

16508041_1327911793919089_7236053361158492841_n[1]

(上記イベントの申し込みはこちらhttps://goo.gl/iZ1djw

TOKYO WOODを支えるTOKYO WOOD WORKER,Sの熱い思いを実現する為にも、弊社は、東京の環境に寄与し、耐震性、温熱環境に拘った家造りをして、地元で必要とされる工務店であり続けたいと思います。

さあ、今日も一日がんばります!

**************************************************************

~アクセスランキング記事~

1位 TOKYO WOODができるまで①~建築業界の金メダルに挑む~

2位 TOKYO WOODができるまで②~TOKYO WOODはどこへ向かうのか~

3位 『木の香る多摩産材普及拡大事業』に、(一社)TOKYO WOOD普及協会はチャレンジします!

4位 ガイアの夜明け撮影秘話①~放送前夜~

5位 ガイアの夜明け撮影秘話②~私が製作するのはリアリズムの追及~

**************************************************************

~TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家、動画一覧~

☆『TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家』に住まわれている、O様邸の1日を動画で追いかけたショートムービー夏編です。

『TOKYO WOODバスツアー檜原村を訪ねて』

☆『着工式 H27/8

IMG_6526


2017.3.8


おはようございます、小嶋です。

今朝はいいお天気ですね、朝日も富士山も見え、暫く太陽の光を受けていましたが、久しぶりにプラスのエネルギーを頂いたような気がしますね。

IMG_7741IMG_7740

さて、昨日は、毎月行っているTOKYO WOOD普及協会の第2ステージの役員定例会を、夕方から五日市にある秋川木材協同組合の事務所で行いました。

今回のテーマは3つあり、まず始めは3/13に都庁で行われる、東京都の事業『木の香る多摩産材普及事業』の2次選考のプレゼンについて話し合いました。

2/27に追加資料の提出を済ませ、皆、現業をこなしながら夜に集まり、打ち合わせを重ねてきましたが、もう泣いても笑っても最後のプレゼンとなる為、皆、疲れている身体に鞭打ちながら、プレゼンの対策を打ち合わせしていますが、自分達のベストは尽くせたと思いますので、後は疲弊した東京の林業や製材を復活させる、熱い思いを審査員の方にお伝えしたいと思います。

(東京の林業家+東京の製材所+東京の工務店+多摩産材を普及させる+++プロジェクト)

17156138_1222361447882439_7594438058280403342_n[1]

(田中林業の田中社長、弊社高井部長、東京チェンソーズ青木社長、木田さん、首都大学東京の高橋准教授、弊社清水常務、㈱タカキの小林部長、沖倉製材の沖倉理事長、中嶋材木店の中嶋社長、森未来の浅野社長、金久保くん、そして私が出席致しました。)

木の香る多摩産材普及事業の打ち合わせの後は、4月22日に開催する『TOKYO WOODバスツアー』の打ち合わせをし、各担当の役割分担を確認させて頂きました。

_2016_04_09_060_2016_04_09_023

_2016_04_09_116_2016_04_09_021

また、4月後半から始まるゴールデンウイークイベント対策も話し合い、まだ全て決定していませんが、TOKYO WOOD WORKER,S(沖倉理事長、中嶋社長、田中社長、青木社長)から、弊社で建築して頂けるお客様に、限定20棟素敵なプレゼントをして頂くことになりました。

IMG_6752

これまで、8年間で約500棟のTOKYO WOODを使用して頂き、これから先もTOKYO WOODの拘りの建物を建築して頂く為にも、TOKYO WOOD普及協会の皆が提案してくれました、どんなプレゼントになるか、今から楽しみですが、決まりましたらご報告させて頂きます。

IMG_6563

これから先の厳しい世の中を見つめ、更に拘りを追求して、日本一のブランドに育てていきたいと思います。

プレゼンまで泣いても笑っても1週間、東京の環境を守り、良質な住宅をこさえる団体として、日々努力して行きたいとおもいます。

さあ、今日も一日がんばります!

**************************************************************

~アクセスランキング記事~

1位 TOKYO WOODができるまで①~建築業界の金メダルに挑む~

2位 TOKYO WOODができるまで②~TOKYO WOODはどこへ向かうのか~

3位 『木の香る多摩産材普及拡大事業』に、(一社)TOKYO WOOD普及協会はチャレンジします!

4位 ガイアの夜明け撮影秘話①~放送前夜~

5位 ガイアの夜明け撮影秘話②~私が製作するのはリアリズムの追及~

**************************************************************

~TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家、動画一覧~

☆『TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家』に住まわれている、O様邸の1日を動画で追いかけたショートムービー夏編です。

『TOKYO WOODバスツアー檜原村を訪ねて』

☆『着工式 H27/8

097

2017バスツアー4月表桜

 


2017.3.7


おはようございます、小嶋です。

今朝は曇り空ですね、富士山も朝日も見えない朝は寂しい感じがしますが、日に当たらない朝でも寒さを余り感じないのは、ありがたいですね。

IMG_7734

さて、昨日の午前中は、株主である㈱カネカの鹿島工場の社宅建築に使用する、太陽光発電システムや有機EL照明、開発中のの畳の打ち合わせをしました。

IMG_7727

大企業の社宅建築には、試験的に使用する商材も多く含まれ、弊社の佐藤設計室長が対応してくれていますが、来年の2月の完成が楽しみですね。温熱環境、耐震性能、被災した場合の非難場となる仕組みは、弊社にとっても挑戦であり、技術力のレベルがまた一段上がるような気がしましたね。

午後からは、ベターリビングの青木部長に御越し頂き、ZEH住宅の第2回目の勉強会を開催しました。販売、設計担当者が、お客様にどうお伝えしていくか学びましたが、太陽光発電から蓄電池までを使用率50%(40棟)を、来期は達成出来るようにこれから皆で取組んでいきたいと思います。

IMG_7736IMG_7737

東京で建築する場合、北側斜線や隣地斜線の規制が厳しく、南側に大きな屋根を作ることが中々難しい為、太陽光発電で電気を生み出す事より、温熱環境のレベルを高め、電気を使わない取り組みに重きを置いていましたが、2030年の建築基準法改正までには全棟搭載できるように、カネカの太陽光担当と打ち合わせを重ね早期に実現していきます。

IMG_7730IMG_7731

夕方からは、営業会議、全体会議を行い、先月の業況報告や当月の報告を聞きました。

新しいカタログが完成する等皆前向きに取組んでいてくれていて、本当にありがたい気持ちで一杯になりましたね。この10年、住宅建築のレベルアップは凄まじいものがあり、皆、毎日勉強、勉強ですが、私も日々努力を怠らずに、先を見据えて学んでいきたいですね。

16640811_1190183264436519_7800923982277361454_n[1]13606447_1003826163072231_2804203586893209574_n[1]

16831858_1198009190320593_6432648981576947131_n[1]16864510_1198009126987266_1027188159879301853_n[1]

朝から地方の製材業者の方と話をし、木を余すことなく使っている取組みには感動しましたし、自分が理想としている、住宅建築部材や家具や小物について皆でアイディアを出し、素敵に造作している姿は、8年前思い描いた住宅建築がそこにあると感動してしまいました。

TOKYO WOODでもこうした素敵な部材が造れるように、仲間を増やしていき新たなチャレンジをしていきたいと思いますし、思想や個人がクローズアップされ技術の進化が、私の理想より遅い状態では、何時か淘汰されてしまう為、もっと東京の木について真剣に考えてくれる、東京の家具デザイナーとタイアップして、更にTOKYO WOODを進化させていきたいと思います。

 

さあ、今日も一日がんばります!

**************************************************************

~アクセスランキング記事~

1位 TOKYO WOODができるまで①~建築業界の金メダルに挑む~

2位 TOKYO WOODができるまで②~TOKYO WOODはどこへ向かうのか~

3位 『木の香る多摩産材普及拡大事業』に、(一社)TOKYO WOOD普及協会はチャレンジします!

4位 ガイアの夜明け撮影秘話①~放送前夜~

5位 ガイアの夜明け撮影秘話②~私が製作するのはリアリズムの追及~

**************************************************************

~TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家、動画一覧~

☆『TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家』に住まわれている、O様邸の1日を動画で追いかけたショートムービー夏編です。

『TOKYO WOODバスツアー檜原村を訪ねて』

☆『着工式 H27/8

2017バスツアー4月表桜

 


2017.2.22


おはようございます、小嶋です。

風が強く、花粉症の私にとって辛い季節となりましたね。

正直、今の季節はあまり山には近づきたくない時期なのですが…今日はこれから山梨の山に行ってきたいと思います。

いいお天気なので、花粉が飛ばないように、風だけは吹かないで欲しいですね。

IMG_7657IMG_7658

さて、年が明けてから、休み無く動き回っているせいか、少し疲れが出て来たようですね、昨晩も、東京都の木の香る多摩産材普及拡大事業の2次審査用の書類の提出期限が迫っている為、皆で懸命に作成してたり、3月のハウスメーカーの決算対策を考えたりと、当分お休みはなさそうな雰囲気ですね(笑)

3333

一次審査で提案させて頂いた内容について、細部に渡り報告書を作成するように指示書が届き、TOKYO WOODのメンバーで作成していますが、やりたい事をまとめるにはまだ数日時が必要ですね。皆、現業を抱えながら自分の仕事を終えてから作業に掛かるのは本当にパワーを必要としますね。

IMG_7655

誰よりも、多摩産材を扱い、チラシの枚数にしてみれば約12万枚を作成し多摩産材の普及活動をしてきたこの8年あまりを、無駄にしない為にも、最後まで考え続けて最後の提案書をまとめ上げたいと思います。

さあ、今日はマスクを二重にして、花粉に負けないようがんばります!

16832348_1342397105849921_3769156502790432456_n[1]

**************************************************************

~アクセスランキング記事~

1位 TOKYO WOODができるまで①~建築業界の金メダルに挑む~

2位 TOKYO WOODができるまで②~TOKYO WOODはどこへ向かうのか~

3位 『木の香る多摩産材普及拡大事業』に、(一社)TOKYO WOOD普及協会はチャレンジします!

4位 ガイアの夜明け撮影秘話①~放送前夜~

5位 ガイアの夜明け撮影秘話②~私が製作するのはリアリズムの追及~

**************************************************************

~TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家、動画一覧~

☆『TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家』に住まわれている、O様邸の1日を動画で追いかけたショートムービー夏編です。

『TOKYO WOODバスツアー檜原村を訪ねて』

☆『着工式 H27/8

097

 


2017.2.14


おはようございます、小嶋です。

いいお天気が続き、暖かくなってきましたね。トランプ大統領と安倍首相がゴルフ場で懇親を深めたニュースを拝見しましたが、私もそろそろ芝生が恋しくなってきましたね。

お誘いは沢山来ていますが、中々忙しくて行けないのが残念でなりませんが、来月は時間を何処かで見つけて、リフレッシュしたいと思います。

IMG_7543IMG_7544

 

さて、昨日の午前中は、弊社の新しい資金繰り表について、知り合いと打ち合わせさせて頂きました。

実行予算から業者選定、支払いや入金を一括管理できるシステムを構築していますが、ようやく納得いく姿が見えて来たので、50期から新しいシステムを導入したいと思います。ここ一ヶ月掛かり切りで考えた仕組みなので自らの業務が短縮出来るように一日も早く稼働させたいと思います。

 

午後からは、日刊木材新聞社の担当の方が来社され、東京都の公募事業である、木の香る多摩産材普及拡大事業について取材を受けました。まだ、コンペの最中であり、3/13のプレゼン次第でどの様になるのか解かりませんが、今後どの様に、TOKYO WOODをブランド化していくかを説明させて頂きました。

東京都の事業の他にも、現在、八王子市でも多摩産材販路拡大の打ち合わせが続いていて、弊社もその会合に参加させて頂いていますが、2/15には、八王子駅北口にて『多摩の森ではじめる』が開催され、私が別件で参加出来ない為、代わりに高井部長がパネラーとして参加する予定になっています。

各市町村でも多摩産材普及拡大に向け様々な取組みが出ており、東京の山にとって、心からありがたい状況になってきました。

IMG_7541

ここ何回かの取材をお受けした時に必ず言われる事は、何故ここまで東京の山や製材業者、林業家と団結できるのかという事をよく質問されます。

個人的には、本当に団結したのはここ2、3年(笑)で、それまでは、一緒にお願いしますっと、何度もお願いしていましたから(笑)っとお答えしています。

でも、最終的には小嶋さんが無くてはこの取組みも成立しないですよね、正直、この会(TOKYO WOOD普及協会)も小嶋さんが手を引けば、存続できないですよねと聞かれたり…

最後には、ブログにも書いてありましたが、他県の木材も使用する事や、他の工務店さんが入会してきた時はどのようにされるんですかっと聞かれてしまい、流石にどう答えていいか迷いましたね(笑)

地方材はさておき、他の工務店さんとなると、会のお約束(長期優良住宅、長寿命住宅供給システム認定)を理解して頂いている工務店さんは在籍していますが、この事を理解できない方は、すいませんがお断りさせて頂く事になると思いますっとお答えしました。

IMG_6752

懇願されると断るのが下手なので話は聞いてしまいますがっと、最後は、訳の解からない返答をしてしまいました(笑)

正直、地方材の件については、TOKYO WOODもまだやりたい事、やらなければいけない事がある為、次へとは考えていませんが、将来そのような機会があり、弊社でお手伝い出きることがあればお役に立ちたいと考えています。

_2015_08_22_181

今回の、木の香る多摩産材普及事業は、東京都の税金を投入して行う事業です。

東京都に在籍している、林業家、製材会社、工務店で多摩産材普及拡大を行う事こそ、当たり前ですが一番良いと考えますし、多摩産材の偽者を扱う業者を厳しく取り締まれるように要望を出したいと思います。

何故なら、原木の流通にはまだまだ課題があり、多摩産材の名前だけ使用する輩もいて、その事が東京に在籍している製材業者や林業家を疲弊させている原因にもなっている為、徹底した見えるかを推し進め、日本一のブランドにしてていきたいと思います。

何処の山で伐採され、誰が製材して、購入したお客様が、伐採された所で植樹する。

昔は当たり前だった、東京の山の資源循環を、天然乾燥の檜を通して実現していきたいと思います。

12019189_758776714245083_820869697_o[1]

(ガイアの夜明け撮影後、三人で記念撮影したのが懐かしいですね)

さあ、今日も一日がんばります!

**************************************************************

~アクセスランキング記事~

1位 TOKYO WOODができるまで①~建築業界の金メダルに挑む~

2位 TOKYO WOODができるまで②~TOKYO WOODはどこへ向かうのか~

3位 『木の香る多摩産材普及拡大事業』に、(一社)TOKYO WOOD普及協会はチャレンジします!

4位 ガイアの夜明け撮影秘話①~放送前夜~

5位 ガイアの夜明け撮影秘話②~私が製作するのはリアリズムの追及~

**************************************************************

~TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家、動画一覧~

☆『TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家』に住まわれている、O様邸の1日を動画で追いかけたショートムービー夏編です。

『TOKYO WOODバスツアー檜原村を訪ねて』

☆『着工式 H27/8

_2015_08_22_108

 

 

 

 


2017.2.2


おはようございます、小嶋です。

今朝は風が強いですね、2月に入り積雪を心配する季節ですが、現場が難儀するので、今年は降らないで欲しいですね。

IMG_7446IMG_7447

さて、昨日は月初の請求書集計をし、午後からは五日市にある秋川木材協同組合の事務所で開催している、TOKYO WOOD普及協会の理事会を行いました。

今回のテーマは、新しいホームページ開設日と、ロゴ、印字デザインの変更案、八王子市役所の多摩産材拡販プロジェクトや協会の年間スケジュール、木の香る多摩産材事業について2時間程話し合いました。

IMG_7443

森未来の浅野社長と金久保君がホームページを素敵にリニューアルしてくれ、素敵なホームページになりましたね。皆の個性が引き立ち読み返すと創設時を思い出し懐かしい気持ちになりました。

特に、中嶋社長の紹介ページは当事を思いだす内容でしたね。田中社長の江戸時代から受け継ぐ林業の歴史や思いを掲載するなど近日公開させて頂きますので、皆様是非ご覧頂ければと思います。

また、田中林業の田中社長がFSCの認定を受けた内容が記事になり、これから私達が考える東京の資源循環の仕組みに新しい根拠が加わり本当にありがたいと感じました。

IMG_7438

また、東京チェンソーズの青木社長が、小池都知事が開催した、東京未来ビジョンに、俳優の伊勢谷さん、元AKB48の高橋さんを始めとする10人に選出され、その内容がテレビに映し出されると、皆で拍手喝采となりました。

666

0023208951[1]

一人だけ、作業着を羽織る姿は緊張しているのがこちらにも解かり、ドキドキしましたが東京の林業について一生懸命お話してくれたので、本当に嬉しい活躍となりました。

これから先も、TOKYO WOOD普及協会では、皆が個性を生かしおのおのの分野で、東京の山と環境を守る活動を続け、良質な住宅から様々な情報を発信していきたいと思いますので、皆様応援して頂ければ幸いです。

 

6666

さあ、今日も一日がんばります!

**************************************************************

~アクセスランキング記事~

1位 TOKYO WOODができるまで①~建築業界の金メダルに挑む~

2位 TOKYO WOODができるまで②~TOKYO WOODはどこへ向かうのか~

3位 『木の香る多摩産材普及拡大事業』に、(一社)TOKYO WOOD普及協会はチャレンジします!

4位 ガイアの夜明け撮影秘話①~放送前夜~

5位 ガイアの夜明け撮影秘話②~私が製作するのはリアリズムの追及~

**************************************************************

~TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家、動画一覧~

☆『TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家』に住まわれている、O様邸の1日を動画で追いかけたショートムービー夏編です。

『TOKYO WOODバスツアー檜原村を訪ねて』

☆『着工式 H27/8

097


2017.1.31


おはようございます、小嶋です。

昨日の暖かさがウソのように、北風が吹いていて寒い朝ですね。車の温度計は3℃と表示されていて、朝日が昇るまでは、相棒(まめ太)も籠から出て来てくれませんね。

IMG_7426

IMG_7428IMG_7429

さて、昨日は、朝からリクルートの島崎さんと上司の方が本社に来てくれました。今年、リクルートの雑誌に掲載させて頂く打ち合わせなのですが、最近はほとんど広報の田中さんにお任せ状態ですね。

弊社への資料請求の数も、一昨年、昨年と比較にならない程増え、今月ご契約して頂いた6棟のお客様のうち、2棟のお客様が資料請求からとなりました。

TOKYO WOOD普及協会のホームページも現在リニューアルしているのですが、浅野社長と金久保君が3ヶ月間取材を重ねて、一生懸命こさえてくれ、素晴らしいホームページに変更できそうです。2月の中旬にはリニューアルする予定なので、是非ご覧頂ければと思います。

ホームページにfacebook、instagramと、情報発信を余り過去行っていなかった弊社ですが、リクルートの島崎さんのアドバイスを受け、少しずつ変化してきたようですね。

IMG_7427IMG_6308

社長は、できる限りブログを書いてください…

『はい』

ブログとお金のやりとりしか、私は参加できていませんが、若い方たちの言う事を良く聞いて、少しずつアナログ方から私も変わっていきたいと思います。

さあ、今日は浅野社長との打ち合わせ、一日がんばります!

**************************************************************

~アクセスランキング記事~

1位 TOKYO WOODができるまで①~建築業界の金メダルに挑む~

2位 TOKYO WOODができるまで②~TOKYO WOODはどこへ向かうのか~

3位 『木の香る多摩産材普及拡大事業』に、(一社)TOKYO WOOD普及協会はチャレンジします!

4位 ガイアの夜明け撮影秘話①~放送前夜~

5位 ガイアの夜明け撮影秘話②~私が製作するのはリアリズムの追及~

**************************************************************

~TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家、動画一覧~

☆『TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家』に住まわれている、O様邸の1日を動画で追いかけたショートムービー夏編です。

『TOKYO WOODバスツアー檜原村を訪ねて』

☆『着工式 H27/8

_2016_10_18_271


2017.1.30


おはようございます、小嶋です。

今朝も外気温は9度と、昨年の雪搔きをしていた朝と比べホンとに暖かい朝ですね。

IMG_7423IMG_7424

昨年の今日の外気温は5.6度で、世の中では『マイナス金利政策』が日銀の黒田総裁から発表され、0金利以上は無いと考えていた評論家の度肝を抜いた発表でした。住宅ローンの金利は低利が続き、私が営業担当を始めた頃、住宅金融公庫の金利が、5%を切って低金利だと先輩が話していた事を懐かしく思い出しますね。

現在のフラット35の金利は1%台となり、以前と比べ本当に借りやすい環境になっています。弊社にも土地の購入や投資物件の案内が多数舞い込んでいますが、利回り計算をしても、えっとビックリするぐらいの案件があり、ハウスメーカーが戸建てより、賃貸案件に力を注いでいる事がよく理解できました。

弊社を、注文住宅専門の会社にして15年余りの月日が過ぎましたが、拘りを強くすればするほど人数を必要とし、近隣の工務店と比べ倍近くの人数を維持しています。

効率と拘りの狭間で、毎週のように弊社の部長職以上の責任者は打ち合わせを重ねていますが、これから導入する、長寿命住宅研究会が採択された、国土交通省の新しい長期保証は、現在建築中の皆様や、後入居者様にも適用できる為、私達が目指す『弊社で建築して良かった』と更に思って頂ける仕組みだと、皆、日夜採用に力を注いでいます。

全てに拘りを持ち、拘りに根拠を持つ

例えば、東京の木(多摩産材)についてもそうですが、例えば東京の木を地方材に変更しただけで、弊社では年間2100万円の純利益が出て、木材の測定(グレーディング)や天然乾燥を無くせば、年間700万円の利益が上がると考え、通常の工務店や、ハウスメーカーから見れば、何を無駄な事をっと言われてしみます(笑)

IMG_6265

木1本、ビス1本、断熱材1枚に拘りを持ち続け、自分達しかできない家を造ると皆で造り上げたこだわりは、現在更に加速しており、評価機関や保証機構とこさえる長期の根拠ある保証制度は、完成が本当に楽しみです。

IMG_7161

2/3に東京会場、2/16に福岡会場で、他の工務店さん向けに説明会を実施しますが、理解できる方がどれだけ居るのか、私も〆の挨拶を受けてますので、他の工務店の社長さんが採用して頂けるようにがんばって説明してきたいと思います。

15267666_1184224601666001_7937027284233478362_n[1]

東京の環境に寄与して、地元で永続的に必要とされる工務店であるように、これからもマニアックに、原木から拘り、良質な住宅をこさえていきたいと思います!

さあ、朝日も登ってきましたので、今日も一日がんばります!

**************************************************************

~アクセスランキング記事~

1位 TOKYO WOODができるまで①~建築業界の金メダルに挑む~

2位 TOKYO WOODができるまで②~TOKYO WOODはどこへ向かうのか~

3位 ガイアの夜明け撮影秘話①~放送前夜~

4位 ガイアの夜明け撮影秘話②
~私が製作するのはリアリズムの追及~

5位 hu-maga掲載記事

10869565_863502077022665_4688270868864467734_o[1]

 



ページの先頭へ戻る