モデルハウス&ショールーム


宿泊体感モデルハウス小金井Blog

2016.2.13


「せっかく暖房してるのに外の空気を入れたら寒いじゃない!」
暖房必須のこの季節ですが、換気がおろそかになる一番の理由ですね。
小金井宿泊体感モデルハウスではそんなご心配は無用なんですよ。
MH給気口この時の外気は10℃ほど。では換気システムを通りお部屋に入ってくる空気は何度になっているんでしょう?
リビングの給気(外の空気が入ってくる場所です)口の温度を測ってみました。
24.4℃!!えっ、外の空気より全然暖かい。
暖房状態のお部屋の温度は室温20.5℃。
MH床
ちなみに、床(赤い点の表面温度を測っています)は20.3℃。
MH天井給気口に近い天井は21.9℃。天井が極端に熱くなっているわけでもない。
お部屋全体が20~21℃前後の温度差の少ない安心できる暖かさです。
MH給気口でも、給気口の温度は24.4℃・・・ええっ?冷たい空気が入ってくるはずの給気口のほうが温度が高いの????
そう、これには理由があります。
換気扇に連動して配備されている「リフレアシステム」の隠れた冬の機能がいい仕事をしているんです。
リフレアシステムと言えば夏場は「完全除湿」で大活躍なのですが
冬は地味~なのですが、
冷たい外気に温度を足してお家の中に入れるという「加温」機能がありまして、
暖房のロスを防いでくれているんです。
MH加温この「加温」機能によって、外の10℃の空気がそのまま入ることなく24.4℃で入ってきているので
暖房のロスがなく、体感的にも「冷たい空気が天井から降りてくる」感じが全くありません。
(加温機能がなければ・・・冷たい空気は下に降りますので、
暖かい室内では冷気が降りてくるのを余計に敏感に感じてしまうんです)
夏の「除湿」に比べれば、冬の「加温」機能はとっても地味なのですが、いい仕事してるんですよ~!
MH
モデルハウスに通う途中にある梅の木がかなり開花してきました。
寒さの中にももうすぐ春。お蔭様で2月の週末は宿泊体感も満員御礼状態ですが
ぜひ平日も、お昼間も体感にいらしてくださいね。

広報 田中聡子




ページの先頭へ戻る