モデルハウス&ショールーム


宿泊体感モデルハウス小金井Blog

2016.9.30


最近、シロアリはゴキブリの仲間と知ってぞっとしました。

皆さんご存知の通り、シロアリは家の柱など
建材を食い荒らす害虫として有名です。

そんなシロアリから家を守るために、
一般的には薬剤を撒くことで防蟻を行います。

その薬剤にもいくつか種類があり、

最も安価なのは「有機リン酸」系の薬剤で
一回の処理につき25~30万。
構造体に散布する方法を採ります。
5年に一回程度の再処理が必要です。

次に安価なのは「酸化銅ACQ」系の加圧注入。
長期保証10年といわれますが
銅系は金属腐食の危険性があり、
毒性も低くはありますが、口に入れられる
ほどではありません。

そして「ホウ酸処理」。
コストが高くはありますが、安全性と信頼性には
定評があり、毒性も食塩やコーヒー並みで
人間が摂取しても安全に排出されるそうです。
しかし10年毎に30万円と、メンテナンスの
面から鑑みてもそう安価ではありません。

このように、どの薬剤も一長一短で、
そのどれもが人体に全く無害なわけではありません。
長く住み続ける家に防虫剤が撒かれているとなると
内心穏やかではいられませんよね。

それでは、薬剤の効能に頼らず
物理的にシロアリの通り道を塞いでしまう
というのはどうでしょうか。

体感モデルの基礎には「ターミメッシュ」という
ステンレス製の網が貼られています。
この網目はシロアリの頭部にも満たないほど細かく、
屋内へ侵入する隙を与えません。

体感ブログ ターミメッシュ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に手に取っても、
容易に変形しませんし、とにかく丈夫です。

薬剤を使わずシロアリを防ぐことができるので、
健康面では一番優れた防蟻法 と
言えるのではないでしょうか。

コーヒーも塩も、さほど問題ない毒性とはいえ
摂取し続ければ決して体には良くないものです。
お年寄りや小さなお子さんも暮らす家では
化学物質の使用を極力控えたいですよね。

ターミメッシュは
物理的な工法でシロアリに勝利した
体に優しい防蟻法だと思います。

 

販売企画部 佐藤彩香

 

 


2016.9.27


午前中に然る方の敷地調査に行って参りました。
入社してから通算6回目になるのでしょうか。
最近では間違えずに謄本をもらって来る確率が
上がってきたと自負しているのですが、今回は強敵でした。

お客様の土地の特定が難しく、どの地番で申請したら
良いかわかりません。建替を検討中のお客様ですから、
先に現地へ行って該当の建物を見に行くことにしました。

思い返せば、法務局での作業に慣れるまでは専ら
このマニュアルを携帯しながら歩き回ったものです。

IMG_0099

 

 

 

 

 

 

 

ここには登記簿謄本・公図・地積測量図の取得方法や
市役所での用途地域の調べ方を示した手順が記されています。
書いてある通りに従えば目的の資料が揃えられるように
考慮されているのです。

企画部では、このように教わったことや学んだことを
マニュアルとして残し、たとえ初めて実践することでも
間違いなくクリアできるようにhow toを綴っています。
誰か一人が教わったことでも紙面を媒体に共有して全員の知とし、
時に教え、また教えられながら、効率よくスキルアップを図るのです。

内容は行事の手順書からクリーニングの出し方に至るまで様々。
4月から皆で知恵を出し合い、こんな分厚いファイルになりました。
私なんかは勝手に聖書と呼んでます。いつもお世話になってます。

 

IMG_0098

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話が反れましたが、然る方の土地は無事に
特定することが叶い、その後法務局に戻り、
欲しいと思った謄本を取得することができました。

とりあえず、本日はこれにて一件落着です。

 

販売企画部 佐藤彩香

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2016.9.24


ながーいながーい秋雨前線による雨が続いていますね。
台風が続いていきなり寒さがやってきたように感じます。
日も短くなり、だんだん朝もホッキョクウサギのようになっています。
14369926_675897039229663_4027831325088690577_n

 

 

 

 

 

 

 
朝なんか半袖で寝てるとヒヤっとして起こされたりするのが、
最近頻度良くありますね・・・
手足を引っ込めて、うずくまって、暖かくなるのを待って・・・(笑)

でも、そんな風に秋冬の朝を迎えるのが当たり前なんだと思いますが、
それが当たり前にならないような家に住みたいですよね(ひそかに宣伝)

 

人間て温めることに対しては良いことはたくさんありますが、
冷やして良いことはあまりないです(熱中症など過度な体温上昇が前提です)
体温はいつも36℃から37℃が人間の平熱と言われているものですが、
そこから上がったり下がったりすると体調崩すと思います。

人間は主にタンパク質で構成されていて、適温と言われているのが、38℃から40℃までで、それ以上になってしまうと、「失活」といってタンパク質の構造が崩れてしまう状況が起きます。ゆで卵の例が分かりやすいですね。
白身が固形になった卵は冷やしても戻ることができません。
人間も同じことが・・・。

風邪も体内の免疫反応が起きて、体からウイルスを出そうと発熱を起こしているので、「熱が出ること」ということには罪はないんですけど、長く続くと命に影響がおきる病気に。
普段から気を付けていても、風邪は誰もが1回は引いてしまう病気だとおもうので、根本的に解決できることが大切なのかと思います。それこそ空気環境だとか室温管理だとか(さりげなく宣伝)。

 

冬場こそ、弊社の小金井市体感モデルで宿泊して頂きたいと思います!
「暖かい冬の朝」なんて夢のようじゃないでしょうか???

ぜひとも、1度でも宿泊(もちろん見学)しにいらしてください!

こころよりお待ちしております。

販売企画部 清水知哉

 

 

 

 


2016.9.24


体感モデルの壁は多くの面積が塗り壁ですが、
通常の漆喰のつるつるした手触りに比べると
少しさらっとした手ごたえのような感触があります。

この塗り壁、実は珪藻土が主の素材です。
その名も『ケイソウくん』です。

珪藻土とは何か、聞いて驚いたのですが、
プランクトンの化石のようなものです。
海や湖の底でプランクトンの死骸が堆積して
地層になっているようで、それを抽出し
のり、水と混ぜて塗り壁材に加工しているのですね。

目の前の壁に昔生きていた微生物の面影を重ねると
何やら感慨深いものがあります。

特にケイソウくんは数ある壁材(ケイソウド)の
中でも珪藻土が50%配合されています。

漆喰よりも密度が薄く、気泡が多いので
湿気を吸排する効果があり、
加湿度は5~8%
湿度度は5~10%
とささやかですが調湿効果があるのです。

それに、これもささやかですが
臭いを吸収してくれるので
ペットがいる方にはとてもおすすめですよ!

 

 

販売企画部 佐藤彩香

 

 

 

 


2016.9.20


本来、本日はオレンジデーなのに生憎の雨・・・いつになったら晴れるのやら・・・と思う今日この頃。台風だって多いですしね・・・。

自然の影響力といえば、自然災害!!台風だけじゃなくて、地震も頻繁に起きていますね。さすが地震大国日本。

 

せっかく夢のマイホームを建てても、地震で倒れてしまっては夢も希望もありません。

実は弊社だけじゃなくて、他の住宅メーカーさんも当然のように耐震対策はする時代になりました。

では、「耐震等級」について知らない方もいるかもしれないので、改めてしっておきましょう!

 

耐震等級とは・・・
住宅性能表示(簡単に言えば、家の性能を示す物差し)および、耐震診断によって建物がどれだけ地震に耐えられるかを示した等級のことです。

等級には大きく3ランクまでありまして、

耐震等級1:一般の戸建住宅の耐震基準で建築基準法の基準になります。
阪神淡路大震災相当の地震でも倒壊しない程度。

耐震等級2:阪神淡路大震災相当の1.25倍の力の地震でも倒壊しない程度。
例としては学校・病院などの避難所として使われている施設。

耐震等級3:阪神淡路大震災相当の1.5倍の力の地震でも倒壊しない程度。
主に、消防署や警察署など防災の拠点となる建物の基準で、無くなったら災害時に支障をきたす主要な建物。

 

今は、他のメーカーさんはだいたい耐震等級2以上をとるようです。もちろん、弊社は耐震等級3を標準でとれるようにいたしております。

じゃあ性能が評価されてメリットはなんなのか。
①等級によって耐震にランクがつくので、安心感があります。

②他のメーカーさんだと場合によりますが、50~100万追加費用がかかる場合がありますが、標準ですので追加費用がかかりません。
(※間取りによっては耐震等級3がとれない場合があります。)

③地震保険料が「半分」になります。
例えば、保険金額3000万円の建物に地震保険をかける場合
年間保険料が・・・耐震等級1:43,950円 耐震等級3:24,450円

これらをつけておくと、家を建てる前の心配だけではなく、建てた後の心配もなくなると個人的には思いますが、いかがでしょうか?

もちろん弊社は追加ではなく、標準で行います。それは弊社で建ててよかったと安心して頂きたいからです。
地震の多い国だからこそ、耐震というのは当たり前の時代になってきたのかなと思います。
じゃあ耐震は前提で、「やりたいこと」「したいこと」にお金をかけて建てたいと思いませんか?

好きな間取りを作っても、地震とかに悩み苦しむのはお客様にとっても利益のないものだと思いますので、自由に間取りに考えられる余裕を前提に話を進めるのをお勧めいたします。

販売企画部 清水

 

 


2016.9.18


私のデスクの真後には、セコムの防犯カメラが体感モデルの玄関を
見守る様子を、本社から確認できるコンピューターがあります。

 

IMG_0086

 

 

 

 

 

 

 

 

この通り離れていても異変を確認次第すぐ飛んでいくことができます。
背中に目があればいつでも安全を見守っていられるのに、と時々思います。

 

それはさておき、今日はこのコンピューターから
玄関のもみの木を確認すると見慣れない光が映っていたのです。

体感モデルへ走りました。

 

IMG_0075

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラフルでちいさなちかちか!
これはイルミネーションです!

 

IMG_0066

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企画部の高井部長・石塚さん・伊藤くんで
取り付けてくれたようです!

秋が深まり夜が長くなっても
これで寂しくありませんね!

 

 

それから、今月のイベントも
引き続き実施中です!

明日も終日お待ちしております!

IMG_0084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

販売企画部 佐藤彩香

 

 


2016.9.16


そろそろ秋の匂いだけじゃなくて、なんとなく肌寒くなってきた感じがしています。
今年もあと3か月半で2016年が終わり、新しい年がやってきますね!!

考え方の問題かもしれませんが、1日ずつ発見を見つけると1年とは言わずに1か月ですら長く感じています。それだけ、新しい環境に身を投じると色んなものを吸収できるチャンスがたくさんあると思って毎日一生懸命頑張っております。

 

本日は企画会議が午後からありまして、毎回毎回、次のイベントではお客様に喜んでもらえるように、「良い企画事を!!」と販売企画部は会議のたびに反省をしてます(笑)

PDCAというのをご存じでしょうか。

私は、いいえ、企画部はPlan  Do Check  Action を使って企画事をしています。
何かというと、P(計画を練る)D(実行する)C(検証する)A(改善する)でこれを繰り返すことで、イベントごとを更に良いものにできるようになります。

その時その瞬間をお客様に喜んでいただく為、安心していただく為、また心から感動していただく為、さまざまなイベントごとに合わせて取り組んでいます。

 

販売企画部の近いイベントは明日から3日間「住宅相談会」というイベントを開かせていただきます。
概要はHPに記載がありますので、そちらでチェックしてみてください!

お待ちしております。

 

販売企画部  清水 知哉


2016.9.13


暦の上では秋なのですが、
週末まで雨が続くそうです。
まるで梅雨に逆戻りしみたいですね。

体感モデルの窓際から外を眺めて
そう思いました。

ところで、ソーラーサーキットの家の窓
エクセルシャノンのシャノンウインドⅡというのですが、
どのような窓か性能を最近知り、驚いています。

IMG_0018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このとおり何の変哲もない窓ですが、
サッシが樹脂でできています。

サッシとは窓のガラスが嵌められた
フレームの部分ですが、材質はアルミであることが多いです。
一方、樹脂はアルミに比べて熱が伝わりにくい性質で、
その性能はアルミの1000分の1。

熱を通しにくいということは、
夏暑いとき、外の熱を室内に通しにくいということになるし、
冬寒いとき、暖房で暖めた室内の熱を外へ逃がしにくい
ということになります。

樹脂かアルミか、
それだけの違いで断熱性に格段な違いが出るのですね。

シャノンウインドⅡの秘密はこれだけではありません。

 

IMG_0017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表面からはよくわかりませんが、
サッシには2枚のガラスが嵌められています。

この構造を複層ガラスと呼びますが、
通常ガラスとガラスの間には一定数の空間が
12mm設けられています。
このスペースに乾燥空気を注入することで、
熱の通りを和らげる工夫が為されているのです。

それが、シャノンウインドⅡの場合は
ガラスとガラスの間が16mm。
(このスペースが広ければそれだけ断熱性が増します)
そこへ、空気と比較して熱の伝わりやすさが30%低い
アルゴンガスという気体を注入し、
さらに断熱性を高めた造りになっているのです。
実は家の中で一番熱の出入りが激しい場所は
窓だと言われています。
その割合はなんと70%
窓次第で室内環境が左右されると言っても
過言ではない気がしますね。

かなり細かい場所に焦点をあててしまいましたが
このことを知ったときは壁の断熱性に気を使っても
窓が無防備ではもったいないと思ってしまいました。

ソーラーサーキットの家では
暖房・冷房に頼りすぎることなく
室温を適度に保つ為に、
このような工夫がされていたのですね。

 

販売企画部 佐藤彩香

 

 


2016.9.12


今日は、地元で土地の仲介をしている不動産屋さんにお会いしてきました。
該当の土地の番地名(■■の□丁目)を伝えただけで
「あぁ、あの○○のあるところですね!」と仰っていて、
なおかつその周辺の相場もスラスラ。
思わず「地図見なくても分かるんですか?」と聞いてしまいました。
「本当に生まれ育った地域なので」と仰っていましたが、
生業にしているだけあって、流石プロは違うなぁと驚きました。
もうこの地域のことは、この方に聞けば全部分かるのでは…!と
思わざるを得ないという感じでした。

弊社は建築会社ですが、営業として、
「この人に聞けば全部分かって安心だわ!」と
思っていただけるように私も頑張らねば!と感じました。
色々な人に会うと刺激が貰えるので、
自分考えや進みたい道がハッキリしてきますね。

普段立川に居られる、御歳76歳の営業の先輩からも、
営業にとって大切なことを教えていただきました。
76歳で現役バリバリなのは本当にすごいですし、お話を聞いていると、
やはり人間性の面で人に好かれる方なのだなぁと実感します。
知識ももちろんですが、人間性の面でも、自分を磨いていきたいと思います!

 

DSC_0433

 

 

 

 

 

 

すっかり陽気も秋めいて、中秋の名月まであと3日ですね。
「十五夜の月は必ずしも満月ではない」ってご存知でしたか?
今年、天文学的にまん丸な満月となるのは十五夜の2日後の17日だそうですよ。
今のところ、15日も17日も雨予想ですが、ぜひとも晴れてほしいですね。
17日はイベント初日なので、結構切実だったりします(笑)
折角の季節の話題ですので、面白いサイトをご紹介いたします。
https://t.co/GnBVMHMpVk

みなさま、「自分の生まれた日の月の形はどんなものだったか」ご存知ですか?
私の生まれた日の月は、スラッと細い弓月でした。
そんなことや二十四節季が分かる、とても風流なサイトです。

秋の陽気はとても過ごしやすいですが、
秋に入っていく中で、急な気温の変化などもありますので、
風邪には気をつけたいですね。

販売企画部:石塚 春奈

 


2016.9.11


進化って考えたことありますでしょうか。

「進む」「化ける」と書いて「進化」と読みます。
私たちも単細胞から様々な進化を遂げて人類になったわけですが、いくつもの「環境変化」に適応してきて、その「成功」として私たち人類が出来上がったと私は思っています。

環境の変化に適応するために「進んで」きました。

一つ例にあげると、「カンガルー」ってご存知でしょうか。
「カンガルー」はオーストラリアでは有名な「有袋類」という部類の動物です。
しかし、「有袋類」はカンガルーだけではありません。他にも、フクロモグラ、バンディクート(フクロウサギ)、ネズミクイ(フクロネコ)のような有袋類もいます。

これらは名前の通り「フクロ」ついているだけで、元のモグラ、ウサギ、ネコといったものと正式には違いますが、外見・性質上は類似している動物です。
いちばん有名な説は、有袋類の主な生息地がオーストラリアというのは、私たち人類を含めた動物(真獣類といいます。)が有袋類より強い立場だったとあります。そのため、有袋類が追いやられた際に、オーストラリアがユーラシア大陸より離れ、地理的に隔離されたため、今のような独自の進化ができたと考えられています。

—————————————————–

お客様の「理想の家」を目指すようなプランをご一緒に練らせていただくとき、

その「理想の家」のご要望をたくさんお話下さい!!

けれども、たくさん失敗をすると思いますので、私たちはそれをお客様それぞれの最高のプランに「進化」させていこうと思っております。

先ほども言いましたが、「進化」のためには寄り道も失敗も必要なことです。

失敗を恐れずご要望をいっぱい話していただき、最後には小嶋工務店に頼んでよかった!と喜んでいただけるように、私たちも精一杯頑張らせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 

販売企画部 清水

 



ページの先頭へ戻る