モデルハウス&ショールーム


宿泊体感モデルハウス小金井Blog

2017.1.29


とてもありがたいことに
様々な地域に足を運ぶ機会をたくさんいただいております。

今回その中でも、「三鷹」というのは弊社でも、別の案件で、注目度の高い言葉になっています(笑)

みなさま、すでにご存じかと思いますが、「三鷹」というのは、時は江戸時代に徳川将軍家および御三家が行っていた鷹場の村々が集まり、世田谷領と府中領と野方領にまたがっていたことが由来だとされています(三領の鷹場)。

 

私もある方にその話を聞いていた時に、何気なく知っていた地名にそんな意味があるとまで気付かず非常に驚いた記憶があります。
もちろん、他の地名にも由来があるので気になる方は是非調べてみてはいかがでしょうか?

+————————————————————————————————+

」といえば・・・・

私が動物を専門に学んできた中で、難しいな~と思ったのが、

鷹(タカ)鷲(ワシ)鳶(トビ)の違い

でした(笑)

英語では

鷹(hark)鷲(eagle)というように使い分けされてますけど、実際に見てもわかりづらいというのが本音です。
それもそうで3種類とも「タカ目タカ科」という位置づけになるからです。
実際にどうやって見分けているのか。
どのような特徴があるのか。

ポイントは「大きさ」と「鳴き声」です。

★大きさで分類すると・・・

鷲(ワシ)>鷹(タカ)>鳶(トビ) ということで、

大きさに関してはクジラとイルカの分類とよく似ているということですね(笑)

★体の特徴

ワシ:尾が短い・足が太い
タカ:足と尾が長い・翼が丸い
トビ:タカと同じようだが、大きな違いは「ピーヒョロロロ」と鳴き、
   羽ばたかずに輪を描くように飛ぶこと

関連画像

「鷹 フリー素材」の画像検索結果

 

※ちなみに・・隼(ハヤブサ)はハヤブサ目となり、翼が異なります。

+————————————————————————————————+

神話などで、取り上げられる生物で人気のある鷹・鷲ですが、結構どっちだったかな?と分からなくなります。

生物の分類で「界・門・鋼・目・科・属・種」と左から右にかけて分類していくので、見た目は同じでも違う種類の生物だった!?など発見は多いものです(笑)

少しマニアックですが、生物のもとをたどっていくと新たな発見があるかもしれませんねー!

地名に動物の名前があるというのは、変なやつかと思いますが、動物好きな私からすると少し羨ましく思います!

 

販売企画部門 清水知哉


2017.1.28


体感モデルハウスの内覧が可能でございます~!

気になっていた方、もう一度内覧したい方

是非いらしてくださいヽ(^o^)丿

なお、本日は午後13:00より内覧できます。

よろしくお願いいたします!


2017.1.19


昨日は会社の賀詞交歓会でした。
普段、営業の私たちもなかなかお会いできない方々にお会いして、
ご挨拶と、お話をさせていただきました。
改めて、今自分が仕事をしているこの場が、色々な方に
支えていただきながら成り立っているのだと感じました。

支えていただいている感謝を忘れずに、日々精進していきたいですね。

■■■

さて、今日は借入れをするときの予算の考え方について、
算数よろしく、計算も交え書かせていただこうと思います。

弊社へお問い合わせをしてくださった方ですと、心当たりがあるやも知れませんが、
だいたい、予算を聞いてくる項目では「総額予算」を記載しますよね。

けれど、家を建てるのが初めてなうえに、相場が分かりにくい注文住宅。
「だいたいこれくらいかな…」とはいっても、合ってるのか見当違いなのか…。
ただでさえ大きい数字ですから、今後の支払い計画も不透明だと不安は増すばかりですよね。

そこで。

今回は、「家にかかる総額」で考えるのではなく、
「自分の返済比率」や「月々の支払い」で借入れ金額・資金計画について考えていきましょう。

自分なりの目安を持っておくと、「これは大丈夫」「これ以上はダメ」と
自分の中で基準が出来るので、判断しやすくなりますよ。

 

【基準とする銀行の金利と支払い年数】

対象となるお客様の設定をここで決めておきましょう。
自己資金500万円、固定金利1.10%で35年払いの借入れとします。

※金利は銀行ごと、月ごとに変化する場合がございますので、
あくまで、ご自身の支払い目安の考え方や、
住宅購入の金額を考えるときの『ひとつの視点』としてご覧ください。

 

まず、計算するにあたり、基準となる数字を出しましょう。

ここで登場するのが、CASIOさんのローン電卓!
借入れ金額、金利、支払い年数を入れると、月々の支払い金額を出してくれます。

DSC_0285~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は返済能力と月々の支払いの2つについて主に電卓で計算をしていくので、
ここでは基準となる『100万円を1.10%35年で借りたときの月々の返済額』を出します。

DSC_0286~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『100万円を1.10%35年で借りたときの月々の返済額』は、2,869円です。
この数字を覚えておいてくださいね。

 

【年収から見る返済比率とMAX借入れ額】

ここからは電卓で出来る計算です。
返済比率とは、「年収の何%をローン返済に当てていいか」というものです。
ここでいう「ローン」とは、住宅だけではなく、
車など、他のものも含まれるので注意しましょう。

年収が400万以上の場合、35%。
年収が300万以上~400万未満の場合、30%が
それぞれの返済比率となります。

例えば、年収420万の人の返済比率は、その35%なので147万円/年です。
月で言えば、147÷12なので、12万2500円/月が自分の返済能力の最大数となります。

では、これらの条件で一体いくら借入れができるのでしょうか。
住宅ローンの金利を使用するため、他にローンを組んでいない前提とします。
122,500円を先ほどの2,869で割って100万を掛ければ、MAXの借入額が出てきます。

122,500(月々) ÷ 2,869 = 42.69

42.69 × 1,000,000 = 42,690,000

借り入れのときは、10万で切り捨てなので、
この条件でのMAX借入れ金額は4260万円となります。
先ほど設定した500万の自己資金を加えると、
諸経費込みで4760万の資金計画が設定できます。

【月々の希望返済額から出すMAXの借入額】

年収よりも、自分の目安で身近なものがあります。それは、『現在の家の家賃』です。
今住んでいるところが無理なく支払えている場合、それを基準に借入額を出すことも可能です。

例えば、現在家賃10万円のマンションに住んでいる場合、
ひとまず、その家賃を基準にしましょう。

月々の返済希望額は10万円…。あとは、この10万を、
上の計算式の(月々)に当てはめるだけです。

100,000 ÷ 2,869 = 34.85

34.85 × 1,000,000 = 34,850,000

月々10万の返済の場合、3480万円の借入れが可能…となります。
最初に設定した自己資金とあわせると、諸費用込み3980万の資金計画が設定できます。

ただ、この月々計算の場合は、返済比率を逆算して必要年収を出さなければなりません。
最終的には、自分の年収とフィットするか確かめる必要がありますので、ご注意ください。

■■■

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。

いかがでしたでしょうか。
「だいたいこれくらいなんじゃないかな」で考えるよりも、
今現在、自分が持っている数字のなかで基準を持った方が、
資金計画に対しても具体的且つ前向きに臨めるのではないでしょうか。

さぁ!あとは、自分らしい家を建ててくれると信じられる工務店を探すだけです!

戸建てをお考えのお客様!どうぞ一度弊社へお越しください。
寒い冬の時期だからこそ、床暖なしでエアコン二台のみの家の性能が分かります。
無理のない支払いで、少エネ且つ、ヒートショックの心配の無い暖かい家を手に入れてみませんか?

販売企画部門:石塚 春奈


2017.1.17


今日は『山の神の日』。
山の神様に感謝する日です!
ということで秋川では木霊祭が。
IMG_0534

 

(秋の檜原村です)
wikipediaで「山の神」と引くと、
”山に宿る神の総称”とあります。

鉱山の山神、林業の山神といろいろあるようですが、
私たちがあやかるべきは林業の神『オオヤマツミ』でしょうか。
『オオヤマツミ』は日本神話「日本書紀」に登場します。
日本の起源を語る神話を列挙した文献です。
登場するといっても、本人自身はそれほど姿を現さず
オオヤマツミから生まれた子どもたちが大活躍。
山の神は偉大なる母です。

多摩の山に限らず「山の神の日」は全国各地に
存在するようですが、その日程・主旨にはばらつきがあるとか。

矢口史靖監督の『WOOD JOB! 神去なあなあ日常』が好きで
よく見るのですが、この映画では三重県を舞台に「神去村(美杉町)」
という村での林業を題材に話が展開されていきます。

作中では「山の神」を信仰する村人の描写が用いられ、
”山神が森の木を数える日に山へ入ってはいけない”という言い伝えを
扱っています。その掟を破れば災いが降りかかるのだそうです。
ちょっと怖いですが、これも山神が地域の人々に敬われている証拠!
林業、それから地場への繁栄を強く願うことの裏返しなのでしょう。

都市伝説好きが災いして話が飛んでしまいましたが、
「木霊祭」は木の御礼に感謝する特別な日!
現地へ足を運ぶことはできませんが
今年も安全第一でTOKYO WOODが作り続けられるように
デスクから祈りしたいと思います。

販売企画部 佐藤彩香

 

 


2017.1.14


あけましておめでとうございます。
久々の更新になります(笑)
今年もどうぞよろしくお願いします。

———————————————————————

個性にあった様々な内装デザインを求めていくと、いろいろなコンセプトの家が出来上がってきます。

今回、あるお客様でピアニストの方のデザインをしていく中で、
「西洋風な内装で、ピアニストらしい」というのがご要望でした。

内容としては、Mホームさんなどがそれらしい外内装をされているのを住宅展示場でよく見かけます。

しかし、本物の西洋の内装を見たことがある方には、物足りないということである建材屋さんに訪れるそうです。

 

その建材屋さんは「みはし」さんというところです。

 

今回は、東京の青山にあるショールームに伺いました。
中に入る前に、ガラス張りの外から見える中にビックリ!

15940503_735569819929051_3202673407680129437_n

 

 

 

 

 

 

 

西欧の会社より、発注をかけて取り寄せをしてる建材ばかりということです。
ほんと素晴らしい・・・

15941185_735569806595719_1244456898324871534_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美術館や博物館でみるような綺麗な仕上がり・・・

 

15977523_735569836595716_6951146719160709796_n

 

 

 

 

 

 

 

厚さにしても、デザインにしても
Mホームさんなど国内メーカーでは物足りないと、ここに来るお客様が多いくらいですから、
分かる人には分かるということなのでしょうね。

昔は、外国からの輸入材なので船便で2回/年くらいだったと聞いておりましたが、
今では空輸を使うので2~3か月ほどで届くとのことです。

みはしさんのHPをURLに載せておきますので、
詳細はこちらをご確認ください
http://www.mihasi.co.jp/html/page50.html

 

販売企画部 清水知哉

 


2017.1.5


年末年始はなんだかんだでバタバタと過ごしておりました。販売企画部門の伊藤です。
年始は初日の出では無いですが、2日の日の出を拝みに山梨県山梨市のほったらかし温泉まで
足を運びました。結果としては雲に隠れて日の出を拝むことはできなかったでのですが、
隣に見えた富士山が綺麗でこれでもまぁ良いかと思ってしまいました。

年始の楽しみは日の出の他に年賀状もございますね。

小嶋工務店にも沢山の年賀状が届きました。
弊社で建てたお家の喜びが綴ってあったりと読んでいる
こちらも嬉しくなってしまう内容のものばかりでした。

IMG_6573

 

 

 

 

 

 

 

 
今日はその年賀状を拡大して正面玄関ホールに貼り出しました。
私もこのお客様の喜びを色んな人に伝えていこうと思います。
真実味を持って話が出来ることは本当にありがたいです。
ありがとうございます。

昨年は会社の内外問わず様々な方にお世話になりました。
恩返しが出来るよう頑張りますので、どうぞ本年もよろしくお願い致します。

IMG_6574

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

販売企画部門 伊藤 綾(Ito Ryo)


2017.1.4


新年、明けましておめでとうございます。
小嶋工務店本社は、本日から仕事始めでございます。
皆様、お正月はどのように過ごされましたか?
私は、親戚一同集まって、セブンブリッジや花札で大盛り上がりでした。
花札をすると、年始を感じる石塚です

さて、本日仕事始めということで、社員一同
日野市の高幡不動尊へ初参りに行ってきました。

DSC_0181

初参り日和の高幡不動尊

 

 

 

 

 

 

 

護摩で工事の安全や商売繁昌を祈願した後は、
高幡不動尊目の前のお蕎麦屋さんで
「難転開運そば」を食べ、さらに運気アップ…!

DSC_0182

 

 

 

 

 

昨年は、4月に入社し、あっという間に年明けとなってしまいました。
しかし、その中でブルーグリーン賞や企画運営や研修で色々な経験をさせていただきました。
今年は、それらで得た経験や知識を適宜発揮できるよう、日々努力していきたいと思います。

高幡不動尊で引いたおみくじには、「躍」の一文字と、
「出来そうなことばかり探すのではなく、どんなことにも意欲的に向かい挑戦しよう」
という言葉も書いてありました。まだまだ未熟の身で、尻込みしても仕方が無いので、
今年は昨年以上に積極的に動こうと思います。おみくじの良い結果は、信じて行動する派なのです!

DSC_0188

漢字の「躍」には、「高く跳ね上がる」という意味の他に 「勢い良く動き回る」という意味があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年は、販売企画部門の「飛“躍”」「活“躍”」の年…
『躍年』に出来るよう頑張りますので、
皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

販売企画部門 石塚春奈




ページの先頭へ戻る