モデルハウス&ショールーム


宿泊体感モデルハウス小金井Blog

2017.1.29


とてもありがたいことに
様々な地域に足を運ぶ機会をたくさんいただいております。

今回その中でも、「三鷹」というのは弊社でも、別の案件で、注目度の高い言葉になっています(笑)

みなさま、すでにご存じかと思いますが、「三鷹」というのは、時は江戸時代に徳川将軍家および御三家が行っていた鷹場の村々が集まり、世田谷領と府中領と野方領にまたがっていたことが由来だとされています(三領の鷹場)。

 

私もある方にその話を聞いていた時に、何気なく知っていた地名にそんな意味があるとまで気付かず非常に驚いた記憶があります。
もちろん、他の地名にも由来があるので気になる方は是非調べてみてはいかがでしょうか?

+————————————————————————————————+

」といえば・・・・

私が動物を専門に学んできた中で、難しいな~と思ったのが、

鷹(タカ)鷲(ワシ)鳶(トビ)の違い

でした(笑)

英語では

鷹(hark)鷲(eagle)というように使い分けされてますけど、実際に見てもわかりづらいというのが本音です。
それもそうで3種類とも「タカ目タカ科」という位置づけになるからです。
実際にどうやって見分けているのか。
どのような特徴があるのか。

ポイントは「大きさ」と「鳴き声」です。

★大きさで分類すると・・・

鷲(ワシ)>鷹(タカ)>鳶(トビ) ということで、

大きさに関してはクジラとイルカの分類とよく似ているということですね(笑)

★体の特徴

ワシ:尾が短い・足が太い
タカ:足と尾が長い・翼が丸い
トビ:タカと同じようだが、大きな違いは「ピーヒョロロロ」と鳴き、
   羽ばたかずに輪を描くように飛ぶこと

関連画像

「鷹 フリー素材」の画像検索結果

 

※ちなみに・・隼(ハヤブサ)はハヤブサ目となり、翼が異なります。

+————————————————————————————————+

神話などで、取り上げられる生物で人気のある鷹・鷲ですが、結構どっちだったかな?と分からなくなります。

生物の分類で「界・門・鋼・目・科・属・種」と左から右にかけて分類していくので、見た目は同じでも違う種類の生物だった!?など発見は多いものです(笑)

少しマニアックですが、生物のもとをたどっていくと新たな発見があるかもしれませんねー!

地名に動物の名前があるというのは、変なやつかと思いますが、動物好きな私からすると少し羨ましく思います!

 

販売企画部門 清水知哉


2017.1.17


今日は『山の神の日』。
山の神様に感謝する日です!
ということで秋川では木霊祭が。
IMG_0534

 

(秋の檜原村です)
wikipediaで「山の神」と引くと、
”山に宿る神の総称”とあります。

鉱山の山神、林業の山神といろいろあるようですが、
私たちがあやかるべきは林業の神『オオヤマツミ』でしょうか。
『オオヤマツミ』は日本神話「日本書紀」に登場します。
日本の起源を語る神話を列挙した文献です。
登場するといっても、本人自身はそれほど姿を現さず
オオヤマツミから生まれた子どもたちが大活躍。
山の神は偉大なる母です。

多摩の山に限らず「山の神の日」は全国各地に
存在するようですが、その日程・主旨にはばらつきがあるとか。

矢口史靖監督の『WOOD JOB! 神去なあなあ日常』が好きで
よく見るのですが、この映画では三重県を舞台に「神去村(美杉町)」
という村での林業を題材に話が展開されていきます。

作中では「山の神」を信仰する村人の描写が用いられ、
”山神が森の木を数える日に山へ入ってはいけない”という言い伝えを
扱っています。その掟を破れば災いが降りかかるのだそうです。
ちょっと怖いですが、これも山神が地域の人々に敬われている証拠!
林業、それから地場への繁栄を強く願うことの裏返しなのでしょう。

都市伝説好きが災いして話が飛んでしまいましたが、
「木霊祭」は木の御礼に感謝する特別な日!
現地へ足を運ぶことはできませんが
今年も安全第一でTOKYO WOODが作り続けられるように
デスクから祈りしたいと思います。

販売企画部 佐藤彩香

 

 


2017.1.14


あけましておめでとうございます。
久々の更新になります(笑)
今年もどうぞよろしくお願いします。

———————————————————————

個性にあった様々な内装デザインを求めていくと、いろいろなコンセプトの家が出来上がってきます。

今回、あるお客様でピアニストの方のデザインをしていく中で、
「西洋風な内装で、ピアニストらしい」というのがご要望でした。

内容としては、Mホームさんなどがそれらしい外内装をされているのを住宅展示場でよく見かけます。

しかし、本物の西洋の内装を見たことがある方には、物足りないということである建材屋さんに訪れるそうです。

 

その建材屋さんは「みはし」さんというところです。

 

今回は、東京の青山にあるショールームに伺いました。
中に入る前に、ガラス張りの外から見える中にビックリ!

15940503_735569819929051_3202673407680129437_n

 

 

 

 

 

 

 

西欧の会社より、発注をかけて取り寄せをしてる建材ばかりということです。
ほんと素晴らしい・・・

15941185_735569806595719_1244456898324871534_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美術館や博物館でみるような綺麗な仕上がり・・・

 

15977523_735569836595716_6951146719160709796_n

 

 

 

 

 

 

 

厚さにしても、デザインにしても
Mホームさんなど国内メーカーでは物足りないと、ここに来るお客様が多いくらいですから、
分かる人には分かるということなのでしょうね。

昔は、外国からの輸入材なので船便で2回/年くらいだったと聞いておりましたが、
今では空輸を使うので2~3か月ほどで届くとのことです。

みはしさんのHPをURLに載せておきますので、
詳細はこちらをご確認ください
http://www.mihasi.co.jp/html/page50.html

 

販売企画部 清水知哉

 




ページの先頭へ戻る