モデルハウス&ショールーム


宿泊体感モデルハウス小金井Blog

2016.11.25


社長の小嶋のブログにあったように12月3日(土)には
弊社の入居者様を招待したクリスマスパーティーがあります。
実は伊藤もちょっとした出し物をします。
なので、日が近づくに連れドキドキしており、
楽しみなのか、不安なのか自分でもわからない状態になっております。笑

2

※夏のこじま祭りの際の写真(真ん中が伊藤)

ちょっと恥ずかしがっている表情の私です。
出番の間近になると困ったような笑い方になってしまいます。
本番はしっかりと、どかーんと盛り上げましたが。

社内でも着々と準備をしております。

IMG_6266

 

弊社の5階にてトナカイと黒マジックで強く書かれた段ボールを用意すると
IMG_6267

トナカイがいよいよ出番かと痺れを切らしている様子が伺え、つい身を引き締めてしまいました。

一日一日クリスマスパーティーに近づく気持ちを楽しみながら、
準備していきますので、皆様奮ってご参加くださいませ!!

販売企画部門 伊藤 綾(Ito Ryo)


2016.11.13


昨日、秋のTOKYO WOODバスツアーということで、ご参加いただきましたお客様に感謝の気持ちを申し上げます。ありがとうございました。
昨日は朝早くバスツアーのために、家を出て電車に乗ろうとしたわけですが・・・

15078917_703784506440916_121047756700271236_n 15079079_703784533107580_3670988635816287537_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真を見ての通り、霧で前が見えない状態!!
その日の天気はどうなるのやら・・・なんて朝から不安に思う日和でした。

ですが・・・

15094252_703784753107558_4657637962480631647_n

 

 

 

 

 

 

 

快晴!!とまではいきませんが、すごくきれいな空でジブリの世界にいるような色彩!
バスを降りた瞬間、感動いたしました。
東京にもこういった風景がみれるのだと改めて感じることができました。

15073390_703784569774243_5554283681998916555_n 15037117_703784613107572_582521863357497255_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか?綺麗な紅葉ですよね!
文章が少なくて、写真ばかりになってしまい申し訳ありません(笑)

15037159_703784733107560_6180944872561283637_n

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は山の素材を十分に活かした「山飯」になります。
これはお店ではなく、「東京チェンソーズ」さんたちをはじめとした地元住民の方々に提供して頂いたものですので、ある意味「このバスツアー限定!」のお食事なのかもしれません。

15095507_703784736440893_6180521349398937712_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は伐採を直接見ることができませんでしたが、木々一つ一つに丁寧な仕事がなされていて、林業の山に対する思いを強く感じることができました。

 

その後も、沖倉製材所にお伺いさせていただきまして、沖倉社長のご案内も毎回新しいものになり、学ばせて頂くことばかりで充実した見学にもなりました。

ここでは、お客様よりいただいたご感想を掲載はできませんが、TOKYO WOODに対する取り組み、また家を建築するために多くの人が関わること。
こういったバスツアーを通してお客様に小嶋工務店が取り組んでいることの良さが少しでもお伝えできたのではないかなと思っています。

 

できれば、今後とも弊社をご検討の候補にお考えされている方にも、こういった取り組みをお伝えできればと思いますので、気軽にお問合せ下さい!
心よりお待ちしております。

 

販売企画部 清水知哉

 

 


2016.11.9


体感モデルを掃除しようと外に出ると、
目の前で落ち葉の群れが風に煽られカラカラっと転がっていく
秋らしい光景を見て、少し得をした気持ちになりました。
残念ながら、ぼーっとして写真は逃してしまった伊藤でした。

風が強くて、雲の動きも早いです。
2時間経つと斑(まだら)にあった雲も一面の青空。

IMG_6158

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6159

 

 

 

 

 

 

 

さて今週の月曜日は全体会議がありました。

社内の情報共有のため社員一同で集まる場面です。

IMG_6149

 

 

 

 

 

 

(設計部技術課の矢内課長)
その中で表彰の場面もありました。何の表彰かと言いますと。

_2016_10_18_254

 

 

 

 

 

 

(すごく良い写真)

丸太切り大会です。
班分けして、どの班が早く丸太を切り落とせるかを競いました。
伊藤は表彰されず、少し残念でしたが、次回こそは丸太切りで
目を見張るほどの活躍をして班に貢献したいと思います。

また今週の土曜日にはTOKYO WOODバスツアーがあります。
その準備の様子も続々とBlogで更新していきます。

_2016_10_18_066

 

 

 

 

 

 

 

販売企画部 伊藤 綾(Ito Ryo)


2016.10.21


 

 

 

 

研修で1週間離れていましたので、久々の更新担当します(笑)
本当に寒くなりましたよね!

最近、秋に関するもので面白いもの見つけたんです!!

↓↓↓これです↓↓↓

 

14720553_691593287660038_7343545245259398846_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・シメジなのかな?ガチャガチャで引いたらこんなのがでてきました(瀕死状態のようです)
キノコのカサのところが綺麗な曲線で、しかもちょっとセクシーで(笑)

ちょっとした面白い発見でした(笑)

 

さておき、18日は小嶋工務店で社員バスツアーに行ってまいりました!!

14670667_691594420993258_747420699699771574_n 14568151_691594444326589_8136266524164453375_n 10628506_691594427659924_3881146582193596585_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新入社員の私たちにとっては、こういった社内交流というのはとても貴重で、ありがたいと思って楽しんでまいりましたヽ(^o^)丿
こういった協力関係が深まっていけるともっと良い小嶋工務店になるのではないでしょうか!!また来年も楽しみができるようにひたすら頑張るのみです!

・・・さて、お客様目線でバスツアーを体験すると、いつもと違ったものがいっぱい見えてくるというのが、今回体感してみて感じたことでした。
こういったものがお客様にお伝えできるよう伝え方も工夫しなくてはいけませんね!!

今回は息抜きな内容で、次回はちゃんとした内容を書きたいと意気込みます!!

 

販売企画部 清水知哉

 


2016.9.3


 

本日は着工式でした。
小嶋工務店では2月に1回、
施主様の着工を祝う式を行っています。

 

今回は1部に6組、2部に5組
お迎えしました。

 

式中には必ず施主様から新築への思いを
語って頂く時間があるのですが、
今回も前向きで心温まるエピソードを
たくさん聞くことができました。

 

また、毎回現場の職人さんが来て下さって
実際にお話して下さるのも
この式のうれしいところです。

 

現場の職方さんや工事監督さんたちと
お客様が面と向かって顔を合わせる行事が
ある会社というのは珍しいな、と
毎度思っております。

 

 

それでは、改めまして
この度着工のお施主様、誠におめでとうございます!

 

 

 

販売企画部 佐藤彩香


2016.8.24


こんにちは!伊藤です!
最近の天気安定しませんね…。
立川の展示場に少し用事があって、傘を持たずに行ったのですが、
帰りがけに降り始めてしまい困ってしまいました。

最近になってある法則に気づいていしまいました。
突然の雨が降ると夕方になれば晴れるという法則を見つけてしまいました。

という訳で本日も夕方から晴れました。

IMG_5792

 

良い感じに日の光が入っていますね。
この写真のテーブルなのですが、今週末バスツアーで見学する予定の
沖倉製材所様で造って頂いたテーブルなんです。

ケヤキの木を「大鋸=オガ」という鋸で切るそうなのですが

7_03a
この大鋸を使う職人が数少なくなって来ているそうです。

それだけ貴重なテーブルを前に打ち合わせが出来るなんてと感銘を受けます。
日々、身が引き締まる思いで打ち合わせに臨まなければと感じました。

小嶋工務店 販売企画部 伊藤 綾(Ito Ryo)

 


2016.8.15


ウサイン・ボルトが100mで3連覇を達成したとのことですね!史上初の快挙とのこと。

リオデジャネイロオリンピックの陸上・男子100m決勝で1位となり、笑顔を見せるボルト。(Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

http://www.zaikei.co.jp/photo/321953.html より引用

私も実は小学生から高校生まで12年間、陸上競技をやってました。

競技は短距離・長距離(駅伝も)・投擲といった体の変化にあわせて多種多様にやっていました。

短距離はあまり足は速くなかったのですが、11秒08ぐらいが限界・・・

「10秒台になると風が変わる」といわれたぐらいで、なかなか11秒を切る壁は大きかったものでした。

9秒台っていうと次元が違うレベルですね・・・この連覇は本当にボルトは偉人だというのを証明していることだと思います。

 

日本の選手でもあと少しで9秒台に入れるか入れないか・・・けれど、未だに正式な記録で9秒台に入るのは難しい・・・

 

2020年まではいかなくても、2017年の世界陸上のロンドン大会に期待しています!

 

 

そんな世界中の選手が競い合っている中で、
私たちは今日も小金井市の弊社近くの体感モデルハウスにて
元気にご案内をさせていただいておりますので、
ぜひ体感モデルハウスの性能の良さを体験しにいらしてください。

こころよりお待ちしております。

 

販売企画部 清水知哉

 


2016.8.12


お客様の「犬や猫の立場になって家を設計する」というのは、
動物に対する見方が大きく変化してきたこの現代おいては、ペットをただの動物ではなく家族の一員として考えるのは少数派ではないと思っています。

そのためには、犬や猫といったペットの習性を理解してあげることがまず大事なことではないでしょうか?

私は、動物の習性や医学を学んできた者で、この業界では変わり者だと思っています。
・・・とは言っても、ペットと住宅の関係は新しいことが多く、学ぶことばかりでした。

今回は、その中で「犬の居場所」について簡単に書かせて頂こうと思います。

動物は自分の「縄張り」をもつ習性があります。
縄張りに入ってくるものには警戒をして、縄張りを守ろうとします。
そうすると「ストレス」がかかってしまいますね。

動物はリビングやダイニングの広い場所に放し飼いされると視界に入るところは、いわば「縄張り」として認識してしまうわけです。これは特に「犬」に大事なことだそうで、動物の特性を理解することが負担を減らすことにつながるわけですね。

そこで個室を与えることで、「縄張り」の範囲を狭めて管理責任の負担を軽減することができるんです。

方法はいくつかありますが、後付でケージを使うという方法もありますが、設計の段階から場所にメリハリを持たせる工夫というのもあります。

私は今それについて、しっかりお応えできるよう学んでいますので、ブログを通して少しずつお伝えできればと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

毎日新しいことに出会うので、学ぶことがたくさんあり幸せだと感じてます。
13907167_655085461310821_3052097150953316866_n

 

 

 

 

 

 

 

 

販売企画部  清水

 

 


2016.8.10


 

もういくつ寝るとお盆です。
ナスやキュウリの準備は万端ですか?
お休みの計画は立っていますでしょうか?

 

一般にお盆の期間は13日から15日まで
というイメージですが、今年からは突如として
現れた祝日、山の日が明日に控えています。

 

海の日があるなら山の日もってことでしょうかね?
実は私、結構登山が好きです。近々高尾山に挑戦したいです。
小嶋工務店では、偶然にも明日から小金井のモデルハウスで
ソーラーサーキットの夏の性能を味わっていただく為に
イベントを開催予定です。
山とまではいきませんが、室内は木であふれているし、
空調もエアコンに頼りきらず、鍾乳洞を歩いて
いるかのような自然さがあります。

 

お忙しいかとは思いますが、近くへ立ち寄った際には
体感モデルハウスを覗いてみてください!

 

体感ブログ 素材

 

 

 

 

 

 

 

 

販売企画部 佐藤彩香

 

***********イベントのお知らせです**************************************************

201608小金井モデルイベント

 

http://www.k-kojima.co.jp/topics/event_list.html

 

【真夏の小金井で避暑体験 エアコン1台でひんやりの家 TOKYO WOODに触れよう
小金井宿泊体感モデルハウス 8月の体感会】

日時:8/11(祝)~8/15(月) 10時~17時
☆上記期間中、8/12(金)のみイベントは休業させていただきます

場所:小金井宿泊体感モデルハウス
東八道路「小金井南中西」交差点角

参加方法:
期間中、直接直接小金井宿泊体感モデルハウスにご来場ください。
事前予約も承ります。ご予約の上、ご来場の場合、美味しいお米をプレゼント!
当日ご来場者には、TOKYO WOODのコースターをプレゼント!

ご予約・お問い合わせ先:
本社販売企画部 フリーダイアル0120-79-5610
内容:体感会では、肌で感じていただくだけでなく、快適さを裏付ける温度測定を行います。
「体感シート」に添って、家の色々なところの温度を測り「なぜ、涼しく心地よく感じるのか?」のヒミツを
ご理解いただく仕組みは、毎回大好評。ご参加者様には「2階や小屋裏がこんなに涼しいなんて驚いた。」
「家全体で、温度差や湿度差があまりないことを体感できてよかった。」
「実際に家の壁や床の温度を自分自身で計り、外との違いを自分の目で確かめられたので楽しかった。」
などのお声をいただいています。また、TOKYO WOODの美しい無垢の床、檜の香りにも触れて癒されますよ。
当日のご来場者にはTOKYO WOODのコースターを、
ご予約来場者にはさらに美味しいお米をプレゼントさせていただきます。

**************************************************************


2016.8.8


前回までは木造住宅で防火地域に耐火建築物が建てることが
可能になってたと話させて頂きました。

今回は防火地域で建てる仕組みの方について軽くお話しさせて頂ければと思います。

そもそも耐火建築物とはいったい何のことなのか。
木造建築物、準耐火建築物、耐火建築物のそれぞれ3つの定義から
まとめたいと思います。

☆準耐火建築物とは・・・
家の中の燃えるもの(家財道具など)→構造体の順で燃える建築物。
ゆっくり燃えながら規定時間(45分、60分)に耐えることができるもの。

☆耐火建築物とは・・・
家財道具が燃えても、「構造体が燃えない」建築物。
規定時間(1時間、2時間、3時間)になっても構造体が燃えずに、立ち続けているもの。

なんだそうです。
つまり、「構造体が燃えずに立ち続けていること」が耐火建築物としての課題となるわけです。

性能評価試験では1時間で945℃まで加熱し。そのあと3時間以上放置したあと試験体内部の構造体に炭化のないものが「合格」となるわけです。木材の樹種によっても炭化し難さがことのことで、その比較試験も実施して使用樹脂の自由度を確保しているそうです。

簡単に言ってしまうと、1時間燃やして3時間放置して立ち続けていればOKになるのです。

ただし、木材の着火温度が約240℃(密度が軽いと燃えやすい)になると燃えてしまうので、防火地域の条件は難しいとのことです。
そこで、前回、話題にあげた日本木造住宅産業協会さんと協力のもと石膏ボードを内外に2重でとりつけることで、構造体に火が入らないように施工するわけです。
この石膏ボードも耐火用に研究に研究を重ねた特別な使用になっています。

長くなりましたが、こういった多大なる努力の成果、従来の木造住宅が耐火建築の特別使用として防火地域に建てることが可能になったです。

地産地消で建てられる範囲が広がって東京全体がTOKYO WOODで造る家で埋まっていくのはすごく楽しみです!

 

また役立つことを1つでもお伝えできるように
勉強していきますので、よろしくお願いします!

販売企画部 清水知哉



ページの先頭へ戻る