モデルハウス&ショールーム


宿泊体感モデルハウス小金井Blog

2017.1.29


とてもありがたいことに
様々な地域に足を運ぶ機会をたくさんいただいております。

今回その中でも、「三鷹」というのは弊社でも、別の案件で、注目度の高い言葉になっています(笑)

みなさま、すでにご存じかと思いますが、「三鷹」というのは、時は江戸時代に徳川将軍家および御三家が行っていた鷹場の村々が集まり、世田谷領と府中領と野方領にまたがっていたことが由来だとされています(三領の鷹場)。

 

私もある方にその話を聞いていた時に、何気なく知っていた地名にそんな意味があるとまで気付かず非常に驚いた記憶があります。
もちろん、他の地名にも由来があるので気になる方は是非調べてみてはいかがでしょうか?

+————————————————————————————————+

」といえば・・・・

私が動物を専門に学んできた中で、難しいな~と思ったのが、

鷹(タカ)鷲(ワシ)鳶(トビ)の違い

でした(笑)

英語では

鷹(hark)鷲(eagle)というように使い分けされてますけど、実際に見てもわかりづらいというのが本音です。
それもそうで3種類とも「タカ目タカ科」という位置づけになるからです。
実際にどうやって見分けているのか。
どのような特徴があるのか。

ポイントは「大きさ」と「鳴き声」です。

★大きさで分類すると・・・

鷲(ワシ)>鷹(タカ)>鳶(トビ) ということで、

大きさに関してはクジラとイルカの分類とよく似ているということですね(笑)

★体の特徴

ワシ:尾が短い・足が太い
タカ:足と尾が長い・翼が丸い
トビ:タカと同じようだが、大きな違いは「ピーヒョロロロ」と鳴き、
   羽ばたかずに輪を描くように飛ぶこと

関連画像

「鷹 フリー素材」の画像検索結果

 

※ちなみに・・隼(ハヤブサ)はハヤブサ目となり、翼が異なります。

+————————————————————————————————+

神話などで、取り上げられる生物で人気のある鷹・鷲ですが、結構どっちだったかな?と分からなくなります。

生物の分類で「界・門・鋼・目・科・属・種」と左から右にかけて分類していくので、見た目は同じでも違う種類の生物だった!?など発見は多いものです(笑)

少しマニアックですが、生物のもとをたどっていくと新たな発見があるかもしれませんねー!

地名に動物の名前があるというのは、変なやつかと思いますが、動物好きな私からすると少し羨ましく思います!

 

販売企画部門 清水知哉


2017.1.14


あけましておめでとうございます。
久々の更新になります(笑)
今年もどうぞよろしくお願いします。

———————————————————————

個性にあった様々な内装デザインを求めていくと、いろいろなコンセプトの家が出来上がってきます。

今回、あるお客様でピアニストの方のデザインをしていく中で、
「西洋風な内装で、ピアニストらしい」というのがご要望でした。

内容としては、Mホームさんなどがそれらしい外内装をされているのを住宅展示場でよく見かけます。

しかし、本物の西洋の内装を見たことがある方には、物足りないということである建材屋さんに訪れるそうです。

 

その建材屋さんは「みはし」さんというところです。

 

今回は、東京の青山にあるショールームに伺いました。
中に入る前に、ガラス張りの外から見える中にビックリ!

15940503_735569819929051_3202673407680129437_n

 

 

 

 

 

 

 

西欧の会社より、発注をかけて取り寄せをしてる建材ばかりということです。
ほんと素晴らしい・・・

15941185_735569806595719_1244456898324871534_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美術館や博物館でみるような綺麗な仕上がり・・・

 

15977523_735569836595716_6951146719160709796_n

 

 

 

 

 

 

 

厚さにしても、デザインにしても
Mホームさんなど国内メーカーでは物足りないと、ここに来るお客様が多いくらいですから、
分かる人には分かるということなのでしょうね。

昔は、外国からの輸入材なので船便で2回/年くらいだったと聞いておりましたが、
今では空輸を使うので2~3か月ほどで届くとのことです。

みはしさんのHPをURLに載せておきますので、
詳細はこちらをご確認ください
http://www.mihasi.co.jp/html/page50.html

 

販売企画部 清水知哉

 


2016.12.21


本日は、冬至!!
1年で一番日が短いといわれる日でもあり、また季節の変わり目でもありますね!!

こちら本社近くにある体感モデルハウスの温度は、
本日9時の時点で、8.8℃の外気温に対して、一番冷え込みやすい床下の基礎の温度が18.0℃でした。
床暖房無しで、ここまで暖かくなれるのは、断熱性・気密性がしっかりしている証!
ご宿泊されているお客様が羨ましく思うほど、気持ちいいのではないでしょうか。

————————————————————————————-
ここ最近、すごく寒いのはつらいのですが、朝はより一層寒くてお布団から出たくない・・・って誰しもが思ったことはあるのではないでしょうか?(笑)

ならば、冬眠してしまえ・・・なんて思ってもヒトは冬眠ができませんし、してしまえば全てが止まってしまいます!!

そもそも「冬眠」はすべての生物がするわけではありません。
恒温動物・変温動物という分類になります(やや専門用語)。
※恒温動物は外界温度に影響をうけない動物(哺乳類・鳥類)
※変温動物は外界温度に影響をうける動物(爬虫類・両生類・魚類)

・この中で、変温動物にあたる生物はすべて冬眠する。
・体温が外気温に影響されない恒温動物では、鳥類は冬眠しない。
・哺乳類は冬眠するものとしないものがある。

という分け方になります。

もちろん、生物ですけど、例外がありますし、冬眠をする最大の目的は

「食料の確保が難しい冬場でのエネルギー消費を防ぐ」ため・・・ということで
生物が必死になって編み出した答えなんですね。体が小さければ小さいほど、外に逃げる熱が多くなり、エネルギー消費が激しくなりますから・・・

 

こうやって、生物の真理から考えてみると、ヒトが「冬眠」を考えるのは、生きるための手段でなく、ある意味ヒトらしい環境が生み出す、幸福な一時なのかもしれませんね!!

 

toumin001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

販売企画部 清水知哉


2016.12.9


いよいよ、あと3週間ちょっとで今年も終わりです。
私が2000年を迎えたときは9歳でした。
その時でも、歴史的瞬間!!とすごく騒がれていましたし、
その時から17年目を迎えることに、振り返ると懐かしさを感じると同時に、
時が過ぎ去ってしまったことに寂しさも感じる今日この頃です(笑)。

 

さて、色・光と書いてきましたので、形について。

まず最初に、目から入ってくる情報はすべて「脳」が処理をするのはご存じかと思います。
ですので、色や光と前回までに記載しましたが、目だけが処理するのではなく「脳」が最終的に「光の明暗・色の識別」の判断を行うわけです。

ですが、それら「光・色」だけでは物体は判別がつきません。
私は目が悪いのでわかりやすいのですが、水中や暗闇で、「色だけ」「光だけ」が分かってもそれが何なのかまで判別がつかないときって・・・ありますよね。
他に補う情報がないために、起きてしまうことなのです。

まず、これを見てください。

15338629_717868241699209_3869831917855648754_n

 

 

 

 

 

 

 

ただの点3つです(笑)。
これを見てもただ「点が3つ」あるという「認識」になると思います。
からかっているわけではないです!

この点を「大きくする」、「近づけてみる」といったような条件を一つ付け加えてみる・・・

15380359_717868235032543_2640420549511178563_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これみると、「某絵画のム〇クの叫び」や「某有名ゲームキャラのヘ〇ホー」といった、目と口が黒い「人の顔」に見えますよね。
脳で、周囲の環境と対比したり、自分の持つ記憶や知識との対比とともに処理するので、こういった結果になります。(人影かと思ったら違った、なんていうことも脳の錯覚だったりします。)
形がよくわからないものを見ると、「~に似ている形」という入りは形が理解できていないために起こります。

絵を描くときに、デザインを行う際によくこういった視点をベースに
勉強していくそうです。
私も、美術を勉強したことがありますが、画才のある方の視点は別格ですよね!!
きれいな絵を描けるセンスを身につけたいものです。

販売企画部 清水

 

 


2016.12.4


昨日は弊社主催のクリスマスパーティーを開かせていただき、1年ぶりのステージに立たせてもらって、存分に楽しみました(笑)
ステージの上って緊張する!とかよく聞きますし、最初は私もそうでした!
けれど、緊張って「練習の成果が発揮できるか保障できない」気持ちからくるものだと、私は思ってます。
ですので、緊張をほぐすのは「普段の練習の成果をだせばいいだけ!」と気持ちを切り替えると自然と落ち着いていられるものです。
今では、ステージに立って踊れるなんていうのは「究極の楽しみ」と言っても過言じゃないです(笑)・・・それまでの準備が大変なのですが・・(笑)

 

この間、お客様の打ち合わせで新宿のショールームにいくことがありました。
その際に、昔、予備校の帰りに通ってたイルミネーション通りを通ると

15326498_714934565325910_3872221193529212332_n

 

 

 

 

 

 

 

一言で、すごく綺麗でした!!疲れを癒してくれました!

さて、前回、私のブログ上で「色というもの」についてお話させていただきました。

目は「光、色、形の情報を得る」という目的があって、生物に備わっている機能です(もちろん目の機能が衰えた生物もいます ex.モグラ)

色や形を判断するにしても、まず「光」を判別できなくてはいけませんので、「光を見ること」に着目していこうとおもいます。

〇目が光をとらえる

目の視覚に関わる細胞は大きく2つあります。

桿体細胞 錐体細胞

 

 

 

 

 

 

 

桿体細胞(かんたいさいぼう)と錐体細胞(すいたいさいぼう)はそれぞれが、光と色の識別を担っています。
その中でも桿体細胞が光の明暗を脳に伝える働きがあります。
光の明暗は、体のメカニズム(活動時間や睡眠時間など)に大きくかかわるスイッチのようなものです。

(本来なら、瞳孔や毛様体の話もありますが、今回は省略)

昔は、日が昇り日が沈むという明確な昼夜で生活をしていました。
しかし、現在のような昼夜とも同じ光を照らせるようになった現在、太陽時計で動くというのはなかなか現実的ではないかと思います。

 

〇あかりの「光色」
勉強するなら・・・!寝る前は・・・!なんて耳にはさむことも多いでしょうか?
光は強ければ強いほど、瞳孔を絞り毛様体が緊張するために、覚醒や緊張感をおこして、オレンジ色は瞳孔が開いて毛様体が弛緩するために、安心感、リラックスなどを感じさせます。
d0141173_22153432 (1) topgund_03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(画像は引用させていただいております。)

寝る前の1時間以内は、部屋を暗くする方がメラトニン(睡眠物質)の分泌がよくなるようです。

・・・結局のところ、光が人間に与える影響はとても大きく、部屋の間取りに合わせて調整することが大事なんですね!!
私も勉強するときは集中力を高めるために、手元だけ明るくしてリフレッシュするために外の空気を吸いに太陽光を浴びたりしていましたし(笑)

オフィスもそういう光の調整がされていたら、もっと仕事がはかどる・・・と思ったり思わなかったりです。

 

販売企画部門 清水

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2016.11.29


 

今年も、あと1か月で終わってしまいますね。2016年も地球破滅論が飛び交うなか無事に年末を迎えられそうですね!

・・・先日、私用でハーフマラソンを走りまして、その練習で朝早く起きて走っていたのですが、
朝焼けが非常に綺麗でつい撮ってしまったのが下の写真になります。

15135839_709729055846461_5110570500641166477_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕焼けは良く見ますけど、朝焼けもなかなか気持ちよいものです!

ところで、服やインテリア、食事といった中で、「色」について考えたことありますでしょうか?特にこれってなんで「この色」で見えているんだろうか・・・とか。

〇空が青く見えるのは

良く紫外線、赤外線だとか聞くと思います。見えないのに何で名称に「色」がついているのか。
実は、生物は太陽からの光の電磁波を感じるように進化していく中で、色を認識するようになりました(可視光線っていいます)。
スペクトル

 

 

 

下の数値は光の波長を示しており、色によって「波の長さ」があるということです。(下の図)
この通り、「紫外線」だとか「赤外線」というのは可視できない太陽からの光のことを言います。
15253585_711854715633895_6837935170173662051_n

 

 

 

 

 

 

 

 

「太陽光は白っぽいのに、そんなに色があったっけ・・?」と普通に思うはずです。
ヒトの目は光があることで見えるのが前提にあります。
そのうえで、ある波長の光(色)を吸収する性質が地球上の物体にあり、
それをヒトの目が認識することで、色を判別するんです。

例えば・・・
1、光合成で有名な「葉っぱ」は緑。
葉が緑以外の波長を光合成として利用したという事実があります。
(これには壮大な理由があるため、今回は省略させていただきます)
ヒトの目には緑以外のものは光として、緑色を吸収した葉は「緑」として認識。
th

 

 

 

 

 

 

 
2、空が青い(晴れた場合です(笑))
15193564_711854708967229_1351260127058821209_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽から来た光は、大気圏から地上に入ってくると「空気中のチリ」によって
ふるいにかけられます。ここで、一番波長が短い(380nmの)青色が様々な方向へ分散します。
すると、他の色は先に目に届いて「太陽の光」として認識するのですが、
青色だけ遅れてやってくるので、青色単体としての認識になり、空が「青色」と見えるのわけです。

本当に生物って神秘的ですよね。
私個人としては、その色を自在に使いこなして、かっこよく、かわいらしく、心地よく見せるインテリアやファッションのデザイナーさんのセンスは素晴らしいと思います。
色を自在につかったデザインの家を建てられるように今後も頑張ってまいりたいと思います!!

販売企画部門 清水

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2016.11.19


・・・みなさま、ご存じだと思います。

風邪」ですよね。
すでに私たち販売企画部門では風が流行っています(笑)
体調管理は自己管理の基本!なんていうのを少年のころから教わってきたので、
人一倍、気を付けているところです。

よく風邪をひく前に「カレーが食べたくなる」だとか色々な話を聞きます。
風邪がひどくなると熱が出ると思いますが、この「熱」は体温を上昇させて免疫能力を高めてウイルスから体を守るという働きからできる体の免疫防衛だと思って下さい。
つまり、熱が出てるときは侵入したウイルスと戦っている最中なんです!だから、安易に体を冷やすのは、ウイルスと戦ってる「抗体」君たちを弱めてしまうので、よくない対処法です。
ただし、熱はデメリットもあり、タンパク質で出来ている体は42℃を超えると固まってしまいます(ゆでたまごのように)。そのため、大事な頭を冷やすというのは大事なことです。

風の対処って、それこそ「口内を乾燥させない」「食事をちゃんととる」「代謝をあげる」など方法はさまざまありますが、どれも「免疫力をあげる」ことになると思います。

・・・体温は筋肉や皮膚の温度(表在体温)より、消化管や腹部臓器などの方(深部体温)が熱を産生するのに放熱されないので、比較的高温になりやすい部位になるんです!
体温計を口や脇で計るのは、そういったことも関係しているんですね!

taion1

 

 

 

 

 

 

 

画像引用 www2.sensyu.ne.jp

上の図でも、お分かりかとおもいますが、体温を下げることにリスクが伴います。
この体温が下がりやすい時期に、体温維持は大切ですね!

ちなみに!!
高断熱の家はよくお聞きすると思いますが、弊社では家全体をエアコン2台の暖房で約20℃を保てる家を、ご希望に合わせて設計・建築させて頂いております。

これからさらに寒くなりますが、ウイルスに負けない体をつくりましょう!!

 

meneki_good

 

 

 

 

 

 

 

 

 

販売企画部門 清水知哉


2016.11.13


昨日、秋のTOKYO WOODバスツアーということで、ご参加いただきましたお客様に感謝の気持ちを申し上げます。ありがとうございました。
昨日は朝早くバスツアーのために、家を出て電車に乗ろうとしたわけですが・・・

15078917_703784506440916_121047756700271236_n 15079079_703784533107580_3670988635816287537_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真を見ての通り、霧で前が見えない状態!!
その日の天気はどうなるのやら・・・なんて朝から不安に思う日和でした。

ですが・・・

15094252_703784753107558_4657637962480631647_n

 

 

 

 

 

 

 

快晴!!とまではいきませんが、すごくきれいな空でジブリの世界にいるような色彩!
バスを降りた瞬間、感動いたしました。
東京にもこういった風景がみれるのだと改めて感じることができました。

15073390_703784569774243_5554283681998916555_n 15037117_703784613107572_582521863357497255_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか?綺麗な紅葉ですよね!
文章が少なくて、写真ばかりになってしまい申し訳ありません(笑)

15037159_703784733107560_6180944872561283637_n

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は山の素材を十分に活かした「山飯」になります。
これはお店ではなく、「東京チェンソーズ」さんたちをはじめとした地元住民の方々に提供して頂いたものですので、ある意味「このバスツアー限定!」のお食事なのかもしれません。

15095507_703784736440893_6180521349398937712_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は伐採を直接見ることができませんでしたが、木々一つ一つに丁寧な仕事がなされていて、林業の山に対する思いを強く感じることができました。

 

その後も、沖倉製材所にお伺いさせていただきまして、沖倉社長のご案内も毎回新しいものになり、学ばせて頂くことばかりで充実した見学にもなりました。

ここでは、お客様よりいただいたご感想を掲載はできませんが、TOKYO WOODに対する取り組み、また家を建築するために多くの人が関わること。
こういったバスツアーを通してお客様に小嶋工務店が取り組んでいることの良さが少しでもお伝えできたのではないかなと思っています。

 

できれば、今後とも弊社をご検討の候補にお考えされている方にも、こういった取り組みをお伝えできればと思いますので、気軽にお問合せ下さい!
心よりお待ちしております。

 

販売企画部 清水知哉

 

 


2016.11.6


久しぶりの投稿になってしまいました。(笑)

いよいよコート無しじゃいけない季節になってきました?(私はコート着用です)
この季節になるとそろそろクリスマスソングが流れてきて、あと少しで年明けじゃん!?・・・なんていうのが日常だったりするんですよね!

 

私事ではありますが、先日、ある物件で敷地調査をするため、地元の川越に行くことになりました。

14915139_699739750178725_8684672572178296545_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川越ってご存じでしょうか?時の鐘がある小江戸と言われる地方です。

私は生まれも育ちも川越になります。・・・まさか川越で仕事ができるとは思わず、少し感動しました。
建築計画に欠かせないのが敷地調査というものですが、流れは法務局調査、役所調査のあと水道局や電気・ガス、それこそ道路に関してなど様々な場所を調査しにいく大事なお仕事です。
意外にも、川越はきっちりとしていて自慢ではありませんが、すんなり調査を終えたことに、川越の良さを改めて感じたと思っています。(笑)
時に、昔は広く仕えた土地も今では法律上、違反建築になってしまうケースが多く、調査を怠った場合はそれにお客様の積み上げてきた夢を崩しかねません。

私は、最善の提案にお客様が喜んで頂くことが、私にとってこの業界でのやりがいだと思って日々取り組んでいます。

住宅の計画に関わらせていただいたら一生懸命頑張らせていただきます!

 

販売企画部 清水知哉


2016.10.21


 

 

 

 

研修で1週間離れていましたので、久々の更新担当します(笑)
本当に寒くなりましたよね!

最近、秋に関するもので面白いもの見つけたんです!!

↓↓↓これです↓↓↓

 

14720553_691593287660038_7343545245259398846_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・シメジなのかな?ガチャガチャで引いたらこんなのがでてきました(瀕死状態のようです)
キノコのカサのところが綺麗な曲線で、しかもちょっとセクシーで(笑)

ちょっとした面白い発見でした(笑)

 

さておき、18日は小嶋工務店で社員バスツアーに行ってまいりました!!

14670667_691594420993258_747420699699771574_n 14568151_691594444326589_8136266524164453375_n 10628506_691594427659924_3881146582193596585_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新入社員の私たちにとっては、こういった社内交流というのはとても貴重で、ありがたいと思って楽しんでまいりましたヽ(^o^)丿
こういった協力関係が深まっていけるともっと良い小嶋工務店になるのではないでしょうか!!また来年も楽しみができるようにひたすら頑張るのみです!

・・・さて、お客様目線でバスツアーを体験すると、いつもと違ったものがいっぱい見えてくるというのが、今回体感してみて感じたことでした。
こういったものがお客様にお伝えできるよう伝え方も工夫しなくてはいけませんね!!

今回は息抜きな内容で、次回はちゃんとした内容を書きたいと意気込みます!!

 

販売企画部 清水知哉

 



ページの先頭へ戻る