ブログコミュニティー


広報blog

2017.4.23


昨日は今年最初のTOKYO WOODバスツアー。
満員御礼で春の山に向かいました!
DSC02664
檜原村では東京チェンソーズの青木社長から林業のお話のあと、山へ案内していただきます。
DSC02646
伐採のための作業道は広くなく、急なところもありますが
TOKYO WOODになるべく30年生、60年生の木々が出迎えてくれます。
bas (4)
伐採したばかりの原木に触れ香りをかぐ、五感で感じる体験です。
参加者の皆様から良い質問が沢山でて、皆様の意識の高さを感じました。
例えば切株をなぜ残すのか?
DSC02653
この切株は土が崩れるのを防いでくれて、
次の苗木が立派に値を張るころには自然に朽ちて土に還るのだそう。
自然は、素晴らしい循環ですね。
bas (1)
お昼は「昨日採ってきました」という山菜や木の芽、土筆のご飯を頂きました。
山の幸を堪能する心尽くしのお膳を用意してくださったのは
チェンソーズ青木社長の奥様をはじめとする檜原村の女性たち。
春の山を感じる屋外の特設テーブルで絶品の「山めし」を頂きました。
bas (2)
午後は沖倉製材所へ。
節や年輪の話など、皆さま熱心に勉強されていました。
bas (3)
そしてTOKYO WOODならではの天然乾燥(右)と人工乾燥(左)の香りの嗅ぎ比べです。
色も艶も香りも違うのをご体感いただいています。

参加者様のアンケートから
「ここは本当に東京か!?自然いっぱい。空気が良い。」
「自然乾燥の桧はいい香り。感動した!」
「皆さま木への想いが強い!自信を持ってお勧めしてくださる。自社が扱うものを胸を張ってお勧めしてくれる姿が凛々しい。」
「予想していたより良い体験ツアーでした。」
「強度の検査で少し足りなかっただけでもNGとなりはじき出されるのにびっくりです。
少しくらいならいいのにと思うけれど、しっかり強度を確認しているので安心しました。」
「木の太さ=年数ではないことや節の話など意外と木のことを知らなかったので興味深かったです。」
「木材の生産者、加工業者、大工さんの顔を見ることができて良かったです。
それぞれが誇りを持って仕事をされているのが伝わってきました。」
「チェンソーズ社長さんの話で気を育て森を育てる熱意、工夫を感じ感動した。
また最終的には伐採されて、製材、建築と多くの人の協力を経ていくことが必要と分かり
この循環が上手く機能していくことが必要と感じました。」
「沖倉製材所で丸太が製材される工程が面白かった。」
「多くの人の力と熱意でTOKYO WOODが作られていることがよくわかりました。」

【2017/04/28 追記】

バスツアーには日刊木材新聞様にも同行いただき、記事にしていただきました!

日本の木材産業に日々取材するプロの記者さんの目線で
TOKYO WOODの取組の一つであるバスツアーをご紹介いただいています。

日刊木材新聞 4/28 付
TOKYO WOOD品質・産地へのこだわり消費者に「川上から川下まで一体で取り組む」
木材新聞-20170428

広報 田中聡子


2017.4.13


昨日のNHKシブ5時で放映されたTOKYO WOODの育つ山にご案内するバスツアーはもう来週!!
モデルハウスでの撮影は残念ながら放映されませんでしたが、(涙)
あの檜原村の木たちが私たち小嶋工務店の家になっているんですよ!
実際に原木に触れ、原木を扱う人の話を聞く家造りは他にはありません。
8月モデルイベント
現在、このTOKYO WOODを体感できる家は当社のモデルハウス
立川展示場小金井宿泊体感モデルハウスの他に
「木の香る多摩産材普及事業」が採択され、三鷹展示場も建設予定になりました。
社長室前ボード

TOKYO WOODで建てられた当社のモデルハウスでは、玄関を入ると桧のいい香りがお客様を迎えます。

今回のバスツアーではその本物の香りをお土産に持って帰っていただこうという初の試みも企画中。
それは…TOKYO WOODの桧から抽出したアロマ水です。
なんと↓こんな大がかりな装置(!?)で、2時間以上かけて手作り予定。
5
一度試作で作ってみた様子ですが、こんな風に蒸留されました。
抽出中も香りがしてとても癒されました。
2
アロマ水の上澄みが出来たばかりのアロマオイル。
1キロの原料から2~3ミリほどしか採取できない貴重なものです。
1
バスツアーでは原木の香り、製材された木材の香りを存分に現地で体感いただき
お土産にその香りをお持ち帰り頂くという趣向。
まさに五感が喜ぶTOKYO WOODバスツアーになりますように!!

広報 田中聡子


2017.3.29


先日のモデルハウスでの撮影、
NHKニュースシブ5時 で取材していただいた様子です。
実際にTOKYO WOODの桧が香る家の空間の中で
TOKYO WOODの取組や意義、展望までお話は及び…
NHKシブ5時-1
社長のインタビューを見守る東京チェンソーズ様お二人↓。
この後、青木社長と当社社長の対談形式でのインタビューや
TOKYO WOODをふんだんに使った小金井モデルハウス内部の撮影もしていただきました。
NHKシブ5時-2
15分ほどの編集になるそうですので、どんな風に仕上がっているか楽しみなのですが
TOKYO WOODの取組が広く知っていただければいいな~と思っています。
4/12(水)放映予定とのことですが、
4/22(土)にはちょうどこのチェンソーズさんの山を
実際に見に行きお話を聞くバスツアーを開催予定です。
ご予約も続々いただいていますのでご興味のある方はお早めにお問い合わせ下さい。

【 TOKYO WOODの取組み放映 NHKニュースシブ5時 】

 

TOKYO WOODの供給元のひとつ、
TOKYO WOODWorker’sの 東京チェンソーズ 様が
NHKニュースシブ5時に取材されました。
山から街へという取材展開で当社小金井モデルハウスへも来訪
当社社長も収録に参加しTOKYOWOODのお話をさせて頂きました。

 

青木社長は「木を使う人の顔が見える」ことを大事にされているそう。
毎回ご出席いただいている当社の着工式では
施主様から住む人もTOKYO WOODへの想いを持って家を建てていることを
直接おつたえしています。

東京の山と街の住む人を繋ぐTOKYO WOODの取組、
15分くらいの編集になるとのことですのでぜご覧ください!

 

【放送予定】
番組:NHK ニュースシブ5時 月~金 16:50~ 毎日生放送
放映予定日:4/12(水)予定

【参考リンク】
TOKYO WOOD普及協会
東京チェンソーズ
社長のブログ

広報 田中聡子

 


2017.3.11


一昨日の日刊木材新聞の記事に
当社のTOKYO WOODの取り組みを取り上げていただきました。
20170309日刊木材新聞記事
記事中のお写真はバスツアーに参加されたお客様。
グレーディング合格後「TOKYO WOOD」の印字を受けたばかりの材木に触れているショットです。
こじみみ(2017年1月号)にも記事にさせていただいたことがあります。
Print
ちょうど今日、お家のお打合せで来店されていましたので
可愛らしいお客様たちに
広報担当の銀次店長からもお礼を申し上げました!
2
土日は本社ショールームも打ち合わせのご来店が多くにぎやかですので
今日は朝からお客様がいらっしゃる前にと
企画部の若手二人と(「黒板壁紙」にチョークで桜を描いております!)
1
4/22(土)TOKYO WOODバスツアー
3月の住まいづくり勉強会の掲示に意匠替え致しました。
バスツアーは広告裏面が申込用紙になっておりますので
ぜひショールームにお越しの際は手に取ってご覧ください!

広報 田中聡子


2016.11.25


少し前からTOKYO WOODの取り組みをデザイン化した
オリジナルのイラストが欲しいなと思っていて・・・ついに出来上がりました!!
広告のなかでライン的に使用したいので、全体はこんな細長い感じです、いかがでしょう?
TOKYOWOODライン
細部をご紹介しますと・・・
植林された苗木が手入れされて大きくなって、(これだけで何十年という期間がかかります)
森
人の手で伐採されて丸太になり、(ちゃんと山側に倒しているし!)
伐採から丸太
製材所で「TOKYO WOOD」になり、
TOKYO WOODから家
最後は皆様のお家になっていくという工程です。
製作者はわが販売企画部の石塚さん。(ありがとう!)
15086403_1141108295967152_2009894856_n
企画部の新人さんはみなさんそれぞれに芸達者なのですが、
今回は石塚さんにオーダーして描いてもらいました。
特にチェンソーを扱うこのキャラが可愛くて、この子だけでも独立して使いたいぐらい。
チェンソー
ちゃんと、切込みを入れた後、反対側からチェンソーを入れ、山側に倒している!!
流石、バスツアーや多摩ブルーグリーン賞で熱心に勉強したことがこの細部の完成度に現れています。
今日ちょうど、自宅の新聞に折り込まれていたという西多摩の情報誌に
チェンソーズさんの「TOKYO GREEN Press」の記事が出ていたと社員さんから教えていただきました。
tokyogreenpress
TOKYO WOODのバスツアーの様子が掲載されていました。
東京という地域と繋がりながら家造りをできるって本当に素敵なことです。
これは全国展開のハウスメーカーではできないこと。
ずっと東京で家を建ててきた地元工務店の誇りを持って
この家造りを皆様にお届けしていきたいとおもいます。


2016.10.20


10/18(火)社員研修で、小嶋工務店の主軸である「TOKYO WOOD」
の山と製材所を訪ねるツアーに行ってまいりました!
kensyu1
日頃、お客様にお勧めしているTOKYO WOODですが、
例えば実際にTOKYO WOODを扱う工事部門、リフォーム部門
また、設計やCAD、など皆様のお家を内務で支えている社員の中には
伐採や製材など初めて目にするという人も多く、勉強と感動がありました。

kensyu2
まずは東京チェンソーズ様の檜原村の山に来訪。
研修所で青木社長のお話を伺ったあと、山に登ります。
そして貴重な伐採現場を見せていただきました。
kensyu8

「静かな森の中で、木がバキッとなる音だけが響いたのが印象的でした」(社員の感想より)
このように伐採を実際に見られるのは秋・春のお彼岸の頃のみ。
11月のバスツアーでも伐採が見られるかもしれませんのでぜひお楽しみに。
kensyu9

社員からも
○いつもは社内の仕事をしていて山や原木を見ることがないので直接見られて感動しました。(CADH)
○一番感動したのはTOKYO WOODチェンソーズさんでの伐採(設計M)
○チェンソーズさんの山では斜面側に倒すことにより木の負担を少なくするように考えているとのこと、木を大事にしているのが分かりました。(リフォームW)
○初めてみる伐採に感動し、東京チェンソーズ様の取り組みが今後も継続して欲しいと思いました。(購買Y)
○会社のめざすTOKYO WOODの取り組みを社員が知り、体験して造っている建物への自信や意識向上につながったと思います。
話では聞いていましたが、実際に苗木と番号を見るとチェンソーズさんの美林倶楽部の取り組みの魅力が倍増しました。(CADY)
○青木社長になぜ切株はそのままなのか伺ったところ長年の私の疑問が解決し切株が愛おしくなりました。(総務O)
などの感想がでて、現場での体験は貴重なものとなったようです。
kensyu4
楽しいお昼を挟んで沖倉製材所へ。
kensyu5
丸太から、グレーディングを経てTOKYO WOODになる工程を見学します。
沖倉社長が、オリジナルの木の模型なども使って分かりやすく、そして木への愛情あふれる説明をしてくださいました。
kensyu3
社員からも
○製材の過程で木材の強度、とくに含水率20%以下と測定することに改めて感動しました。(リフォームY)
○植林された木材が建築資材になるまでの過程が何かと勉強になりました。ありがとうございます。(リフォームY)
○感動したのは沖倉製材所さんでのグレーディング検査、印字された瞬間。(工事F)
○沖倉製材所さんでのお話は沖倉社長の木に対する姿勢・情熱を感じた(CADN)
○沖倉製材所での節の話は感動しました。(工事M)
○沖倉社長にフシがある板は丈夫ときき驚き驚きました。(総務O)
など、TOKYO WOODへの愛情が一層深まったようです。
kensyu10
そして、お客様にも体験いただいている丸太切りにもチャレンジ!
普段は鋸を持つ経験なんてない!女性陣から・・・

kensyu7
こういう作業ならまかしておけ!の現場担当までトライさせて頂きました。
kensyu6

この社員研修を通して、いつもご協力をいただいている沖倉社長、青木社長に感謝の気持ちと
TOKYO WOODをお客様に紹介していく誇りを再確認した社員も多いと思います。

○山での伐採を間近で見られたことに感動しました。製材されるまでの工程も実際に見せていただき
青木社長や沖倉社長の想いを感じることができました。(ICK)
○活字や写真で見ていたTOKYO WOODの山や製材所を見ることができて良かったです。
リフォームのお客様もTOKYO WOODのお話が出ることもあるので今回の体験をお伝えしたいです。
沖倉製材所で天然乾燥の桧材の香りをかいだ時、丸太切りのでの切り口とはまた違う甘い香りがしてアロマのようでした。(リフォームK)
○60年かかってやっと使用できる太さになるということ、木に対する想いが深まりました。
沖倉社長、青木社長の熱い想いと当社社長の想いがうまくマッチしてTOKYO WOODができたのだと感じました。(ICT)
○初めて山に行けてツアーに参加したお客様のお話がつながった感じで勉強になり良かったです。(設計W)
○沖倉社長、青木社長の熱意あるお話しを聞くことができ大変勉強になりました。何人もの人が関わり柱などが完成しますので
今後はもっと大切に扱いたいと思います。(工事K)
○いつも運営側でお客様をご案内する立場ですので、今回お客様と同じ目線で見ることができ勉強になりました。(販売企画部T)

家の造り手である私たち小嶋工務店と、木を育てる山の東京チェンソーズ様、製材所の沖倉様の
木への愛情と情熱がTOKYO WOODの取り組みを造っています。
またこのTOKYO WOODの取り組みは家を建てる良い材であるだけでなく、
東京の山を守り、東京の環境を守ることにもつながっています。

そんな想いを社員一同再度確認した社員研修でした。

広報 田中聡子


2016.8.1


8月のTOKYO WOODの森バスツアーが早くも満員御礼に。
あっ、しまった!出遅れた!という方もご安心を。
満員を受けて早くも秋にも開催決定しております。
また詳細決まり次第、ホームページで告知させて頂きますね。
今日は、バスツアー準備のため
当日参加者様にお配りする「TOKYO WOOD誕生物語」の増刷作業を。
tokyo wood (5)
本日の社長のブログ「山との約束」 はこのTOKYO WOODが誕生するまでのひとつの重要なキーワードになっています。
tokyo wood (1)
16ページA5サイズの小さな冊子ですが、東京に住む私たちが考えるべきテーマまでギュっとつまっています。
ホームページからの資料請求でも無料配布しておりますので、ぜひお手にとってお読みください!

広報 田中聡子


2016.4.12


土曜日のバスツアーは好天に恵まれ、山には桜も残っていて
最高のコンディション!(花粉だけ心配でしたが・・・)
b1
東京チェンソーズ様に案内していただいた山はちょうど木が伐り出された後でしたが色々な興味深いお話がありました。
例えば、桧とさわらはとてもよく似た木なのですが、違いの見分け方を教えていただきました。
葉っぱの裏側を見て白い部分がYなら桧、Xならさわら・・・だそう。早速、林道に落ちている葉を拾って裏返してみました。
画像ではちょっと分かりにくくて申し訳ないのですが、この写真では手前が桧(Y)、奥がさわら(X)。
DSC08561
沖倉製材所様では実演で皮をむいたばかりの原木の生木から・・・
b3
TOKYO WOODになるまでの過程を見学して
グレーディングに合格した材木が「TOKYO WOOD」の印字を受けるところを目の当たりにしました。
b6
自然乾燥の桧ならではのいい香りに触れ
b4
最後は丸太切りにもチャレンジして、学んで楽しんでいただいた参加者の皆様の声を頂戴しています。
b5
TOKYO WOODが大切に作られている現場の想いを感じていただけるツアーになったようです。
参加された方のご感想をご紹介します。(順不同)
b04091
b04092
b04093
b04094
b04095
b04096
b04097
b04098
b04099
ツアーにご協力頂きました企業様、参加いただきましたお客様に御礼申し上げます。
次回は夏頃を予定しています。

広報 田中聡子


2016.3.12


卒業式かな?今日は通勤バスの中は振り袖に袴のお嬢さんがいっぱいで華やかでした。
さてさて、こちらも春模様~バスツアーの広告が出来ましたよ!
バスツアー4月
今回も立川展示場近くのリクシル様ショールームの駐車場を乗車場所にお借りしています。
間違っているのは論外ですが、来場されるお客様が見て分かりやすくないといけない。
広域地図などからそのまま主要道路などをトレースしただけだと、案外と分かりにくかったりするので
特徴をデフォルメ&間延びしているところはショートカットして・・・
地図↓をつくるのが一番時間がかかったりします。

Print
広告の裏面は「TOKYO WOODって何なの?」という方のために
(かっこよく言うと)ブランドストーリー的なご紹介をしています。
去年のバスツアーに参加してくださった方の声も添えて。
バスツアー4月裏
家を造るのに原木(しかも地元東京の木)を見て、
家の建材になるまでを目で見ることができる建築会社は他にそう無いと思います!
家造りはご家族様にとって、とても大きなイベント。
だからこそその家造りにはこんなにたくさんの人の仕事や自然が関わっていることを知って
感動を味わっていただきたいと思うのです。
11148376_907287909349193_154403253293863955_n
↑ツアー中の「丸太切り体験」で実際に切り出した丸太と銀次店長。
この丸太は鍋敷きや花瓶敷きに使うのもお勧め!私もデスクで愛用しています!

広報 田中聡子




ページの先頭へ戻る