ブログコミュニティー


小嶋工務店 代表取締役 KOJIMA BLOG

2017.11.12


こんばんは、小嶋です。

今日はTOKYO WOOD普及協会のホームページから、東京の檜で造る階段をご紹介したいと思います。

以下、中嶋材木店、名k島社長コラムから!

ガイアの夜明け放映時にTOKYO WOODを使う場所を「構造部分だけでなく見える室内部にも、もっとTOKYO WOODを!」という小嶋工務店 小嶋社長からの要望にお応えして誕生した桧階段材です。

一般住宅で使われている階段の大半はゴムの木(外材)だと思います。とは言っても、「えっ?桧の階段なんて高価でなかなか使えないんじゃないの?」と普通は思いますし、一般流通していませんので、なかなかお目に掛かれないのも事実です。

しかし、TOKYO WOODではそれを可能にしているんです。私たちの考え方にある「材を余すところなく活かし無駄にしない」、「木の付加価値を高めて山に還元する」というTOKYO WOODの精神が起因しています。

ガイアの夜明けにも登場した桧階段

階段材ですと巾の広い板を使いますので、無垢の1枚もので使うとすると、それは希少で高価な桧の大径木丸太を使いつくらなければできませんので高価で難しいです。そこで、さほど特殊な丸太でなくても造作材などを日常的に作っていると、節など欠点があり使い道がない端材が発生します。

これを階段材として活かしているのです。端材といっても節を除去すれば無節のきれいな桧です。それをフィンガージョインターという熊の爪のような刃物でギザギザの木口をつくります。

ガイアの夜明けにも登場した桧階段

ガイアの夜明けにも登場した桧階段

当社はもってるんですね~、他でもっていないようなコアな機械を。

ガイアの夜明けにも登場した桧階段

このように指と指を組み合わせるような継ぎ方をフィンガージョイントと呼びます。これを繋いで3mや4mの棒状の材をつくります。その棒を並べて接着し幅広の板状にして削ると、すごく綺麗な桧階段材ができるのです。


▲左はスギ、右がヒノキ

この階段材、完成品はこの通りです。

ガイアの夜明けにも登場した桧階段

つくるのに手間暇が掛かりたくさんは作れませんが…、TOKYO WOODを「見て・知って・納得」して頂けたお客様にだけ、このオリジナル「桧階段」をご提供させて頂いております。

 

是非、一度、小金井市にあるTOKYO WOOD宿泊体感モデルハウスでご堪能ください。

お問い合わせは、0120-79-5610(ナットクノコウムテン)まで!


2017.11.9


おはようございます、小嶋です。

今朝は富士山が綺麗に見えるいいお天気ですね、10月の雨続きで現場の進捗が大幅に変更されてしまい、現場管理者は大変な思いをしていますが、11月に入り晴れの日が続いているので、なんとしても挽回したいですね。

IMG_9327

IMG_9325

さて、先月の20日、小金井第一小学校へゲストティーチャーとしてお邪魔して来ました。

通常の授業と異なり、様々な職業の方が集まり、生徒さんの質疑に答えるという小金井第一小学校で初めての試みという事でした。

私は東京の環境に寄与する地元の工務店という立場でとして参加させて頂きましたが、大学やビジネススクールでお話しするのと違った緊張感がありました。

IMG_9319

まず工務店の役割や、そこで働く、現場監督、設計士、販売担当の話をさせて頂き、生徒さんの質問にお答えしました、そしてその後に、等居に山があり、今どんな状況下を説明し、TOKYOWOOD普及協会のお話をさせて頂きましたが、生徒さんからは、東京には山が沢山ある事、何故、花粉が沢山飛んでいるのか説明すると、皆、驚きの表情となりました。

21105885_1525290287560601_5982377696957143724_n[1]

現在、TOKYOWOOD普及協会では、多摩産材を活用した住宅の供給、家具の販売をしていますが、そこで働く林業家や、製材所がどんな仕事をしているのか、東京に住んでいる方が、東京の木を使わないと山がどうなってしまうのかを一つ一つお話して来ました。

苗木を植樹し、数十年の時を経て手塩に育てた東京の木は、今、花粉を元気に飛ばすまで大人になっている、折角育った木を使わないと、この世話をする人もいなくなってしまい、山も川も、そして海に対して影響が出てしまう、花粉の飛散一つに対しても、植樹後約50年で伐採すれば飛散しない事を伝えると、参加していた保護者の方からもそうなんだと頷いて頂きました。

21124990_1458102384278220_632886490_o[1]

地元の工務店には二つの役割がある、東京の環境を守る事、良質な家を建築する事!

私のテーブルに来てくれた5名×3組の生徒さんに説明し、最後に大きくなったらおじちゃんの所で、家を建ててねっとお願いして汗だくの2時間が終了しました。

IMG_9320

先週、生徒さん達がお礼にお手紙を持ってきてくれ、感謝の気持ちを述べて頂きましたが、生徒さんの中に数年前に建築された入居者の方もいらっしゃって驚いてしまいました。

これから先、東京の山の現状、今後どうして行きたいのかを、機会があればお伝えしていきたいと思います。

小金井第一小学校の皆様、貴重な体験をさせて頂き、誠にありがとうございました。

IMG_9321

 

*******************************************************************************************

~社長ブログ、アクセスランキング記事~

1位 TOKYO WOODができるまで①~建築業界の金メダルに挑む~

2位 TOKYO WOODができるまで②~TOKYO WOODはどこへ向かうのか~

3位 『木の香る多摩産材普及拡大事業』に、(一社)TOKYO WOOD普及協会はチャレンジします!

4位 ガイアの夜明け撮影秘話①~放送前夜~

5位 ガイアの夜明け撮影秘話②~私が製作するのはリアリズムの追及~

6位 山は豊作貧乏になる~50年の手間の差を考える~

*******************************************************************************************

~TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家、動画一覧~

☆『TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家』に住まわれている

O様邸の1日を動画で追いかけたショートムービー夏編です。

『TOKYO WOODバスツアー檜原村を訪ねて』

☆『着工式 H27/8

*******************************************************************************************

☆LIFULL HOME’S PRESS 掲載 その① その②

hu-maga 府中 東京 掲載

☆instgrm ㈱小嶋工務店




ページの先頭へ戻る