ブログコミュニティー


小嶋工務店 代表取締役 KOJIMA BLOG

2018.6.24


今晩は、小嶋です。

雨降りが続いていましたが、今日は過ごしやすいお天気でしたね、ここ最近、お土地の買取のお話を沢山頂いていて、

毎日のように現地を見て販売の方法を地主さんと打ち合わせしていますが、

近隣で売り出している建物を見ると何だかドキドキしてしまいますね…

この作り方で本当に大丈夫なのかと、弊社の建築物ではないのですが、思わず職人さんに声を掛けてしまい、

よけいな事とは思いつつも、つい雨じまいの事を聞いてしまいました。

12065724_1648317935451084_839210848533958389_n[1]

これから6区画の分譲を近所でさせて頂きますが、できれば建築中に弊社の雨しまいのやり方、拘りを見にきて欲しいですね。

IMG_1231

さて、タイトルに記載させて頂いた、弊社初の広報担当の田中さんが6/20付けで退職されました。

3年前弊社初の広報担当として入社して頂き、田中さんには本当に私の仕事を助けて頂きました。

田中さんが入社する以前は、私が広報物の大半を作り毎日慌しく(今も慌しいですが)働いていましたが、

3ヶ月に一度発行する情報誌やホームページの更新、御入居者の皆様への取材など、

一手に引き受けてくれ弊社の広報物のクオリティーが数段良くなったとお褒めを頂けるようになりました。

17440206_1369136536509311_1862223881_n[1]Print

私が作っていた時と異なり、女性の目線で弊社のいい所を引き出してくれ、本当にありがたい存在でした。

数ヶ月前から、親御さんの介護で休みがちの状態でしたが、退職の意思を聞かされた時は、

田中さんのような存在はもう二度と現れないだろうなと、少々落ち込んでしまいました。

着工式の司会、バスツアーの段取り、新聞やテレビの撮影取材対応と、一人何役もこなしてくれた田中さんには、

感謝の気持ちで一杯ですね。

IMG_8144

同じ世代として、介護の話は決して他人事ではないですしその苦労は理解していますので、

田中さんにはがんばって欲しいですね。

当分の間は、私が広報担当を兼務させて頂きますので、次回の広報誌を来月からこさえたいと思いますので、

これからも『こじみみ』を宜しくお願い致します。

さあ、明日は、昭島、小平の現場へお邪魔してきます。

 

広報担当募集中です、お問い合わせは、kikaku@k-kojima.co.jp 業務管理部門 中村まで。

お待ちしています!

*******************************************************************************************

~社長ブログ、アクセスランキング記事~

1位 TOKYO WOODができるまで①~建築業界の金メダルに挑む~

2位 TOKYO WOODができるまで②~TOKYO WOODはどこへ向かうのか~

3位 『木の香る多摩産材普及拡大事業』に、(一社)TOKYO WOOD普及協会はチャレンジします!

4位 ガイアの夜明け撮影秘話①~放送前夜~

5位 ガイアの夜明け撮影秘話②~私が製作するのはリアリズムの追及~

6位 山は豊作貧乏になる~50年の手間の差を考える~

7位 恐れることなく前に進んでいきます!

*******************************************************************************************

~TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家、動画一覧~

☆『TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家』に住まわれている

O様邸の1日を動画で追いかけたショートムービー夏編です。

『TOKYO WOODバスツアー檜原村を訪ねて』

☆『着工式 H27/8

*******************************************************************************************

☆LIFULL HOME’S PRESS 掲載 その① その②

hu-maga 府中 東京 掲載

☆instgrm ㈱小嶋工務店

22323900_1493772460711212_3535060_o[1]

 


2018.6.22


おはようございます、小嶋です。

今朝は、薄い雲に覆われた富士山が微かに見えていますね、登る日差しの強さが日に日に増していますが、熱中症に気をつけ一日がんばって行きたいと思います。

IMG_1229

 

さて、三鷹展示場のグランドオープンを終えた後、息つく暇なく築10年を経過した立川第2展示場の建替えプロジェクトと、お土地から購入のお客様へ、優良なお土地をご紹介できるよう不動産会社を復活させるなど、忙しい毎日を過ごさせて頂いています。

IMG_0982

(平成18年に建築し、延べ2万組の来場を頂いた立川第2展示場、55区画ある立川展示場の中、くじ引きで1番を当てた区画です。来年の元旦には新しく生まれ変わりますので、完成しましたら是非御越しください。)

 

そんな慌しい毎日の中、先日の日曜日建設部の小林主任の結婚式が立川市の式場で執り行われ、私を含め弊社の社員、役員で出席させて頂きました。

昨今、結婚式に呼ばれると主賓の挨拶をする事が当たり前のようになりましたが、やはり何度経験しても人前でお話しする事は苦手ですね、弊社の会長は乾杯の挨拶でも饒舌にスピーチしていましたが、私は挨拶が終わった後は、真っ白な灰状態となってしまいました。

IMG_1164

(小林君、末永く幸せになってください!)

来月7日の七夕様の日には、着工式が開催されますが、その時も挨拶する場面がありますので緊張しないように、

お客様に感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

_2017_03_04_094

さあ、今日も一日がんばります!

*******************************************************************************************

~社長ブログ、アクセスランキング記事~

1位 TOKYO WOODができるまで①~建築業界の金メダルに挑む~

2位 TOKYO WOODができるまで②~TOKYO WOODはどこへ向かうのか~

3位 『木の香る多摩産材普及拡大事業』に、(一社)TOKYO WOOD普及協会はチャレンジします!

4位 ガイアの夜明け撮影秘話①~放送前夜~

5位 ガイアの夜明け撮影秘話②~私が製作するのはリアリズムの追及~

6位 山は豊作貧乏になる~50年の手間の差を考える~

7位 恐れることなく前に進んでいきます!

 

*******************************************************************************************

~TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家、動画一覧~

☆『TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家』に住まわれている

O様邸の1日を動画で追いかけたショートムービー夏編です。

『TOKYO WOODバスツアー檜原村を訪ねて』

☆『着工式 H27/8

*******************************************************************************************

☆LIFULL HOME’S PRESS 掲載 その① その②

hu-maga 府中 東京 掲載

☆instgrm ㈱小嶋工務店

IMG_9912


2018.6.21


株式会社小嶋工務店

髙井 毅

こんにちは、小嶋工務店 / TOKYO WOOD事務局の髙井です。

この度、2018年4月28日に東京都三鷹の地、朝日新聞総合住宅展示場「ハウジングプラザ三鷹」第一会場、第一区画にTOKYO WOOD(多摩産材)を普及させるべく、「多摩産材モデルハウス」をオープンしました。*所在地:東京都三鷹市大沢三丁目2番地37号
今回はモデルハウスがオープンするまで軌跡、”木の香る多摩産材住宅普及事業”の概要と採択までの道のりについてお話をさせていただきます。

東京都産業労働局が2016年10月27日に「木の香る多摩産材住宅普及事業(補助事業)」に関して報道発表、翌28日よりの募集が開始されました。募集要項の中に含まれるポイントは、下記の通りです。

  • 多摩産材モデルハウスオープンまでの軌跡
  • ▲建築前のパース図
  • 多摩産材モデルハウスオープンまでの軌跡
  • ▲建築前のパース図

① 「子育て世代:一次取得者」向け、「シニア世代:二次取得者」向けの住宅の提案
② 一次取得者向け住宅内には「多摩産材のピーアールコーナー」を設ける
③ 二次取得者向け住宅内には「セミナー等に利用できる多目的ルーム」を設ける

大きく分けるとこの様な内容ですが、3つのポイントを加味したうえで、「見える部分:内外装仕上げ材」、「見えなくなる部分:構造躯体及び羽柄材」に「多摩産材」を使用すること、現在消費者から求められる住宅性能、「耐震性」、「防火・耐火性能」等を有する住宅を建築するということでした。※この事業に対し東京都は、展示場の出展料(2017年~2020年まで:4年間分)の負担、建築費の一部負担を掲げました。

  • 多摩産材モデルハウスオープンまでの軌跡
  • ▲秋川木材協同組合での会議
  • 多摩産材モデルハウスオープンまでの軌跡
  • ▲左:中嶋材木店 / 中嶋社長 右:沖倉製材所 / 沖倉社長

多摩産材の普及活動をこれまで続けてきた我々ですから、TOKYO WOOD普及協会で挑戦することは言うまでもなく、本事業に挑戦するに当り改めてプロジェクトチームを発足させ、日夜考え考え抜き提案書の作成を進めました。そして一次選考(書類審査:2017年1月16日締切)を無事突破する事が出来ました。

東京都庁内で行われる二次選考(プレゼンテーション:2017年3月13日)には、2009年のTOKYO WOOD設立より思い描いていた強い思いをアピールするため、原木供給側(川上)から工務店(川下)まで多人数にはなるのですが、TOKYO WOODWOREKER’S全員で足を運びました。

〔 二次選考プレゼンメンバー:11名 〕
原木供給事業者:㈱東京チェンソーズ / 青木社長、田中林業㈱ / 田中社長
製材事業者  :㈲沖倉製材所 / 沖倉社長(理事長)、㈲中嶋材木店 / 中嶋社長
プレカット事業者:㈱タカキ / 小林部長
設計事業者  :WAKUWORKS一級建築士事務所 / 和久代表
建設事業者  :㈱小嶋工務店 / 小嶋社長 / 清水常務 / 佐藤室長
事務局広報  :㈱森未来 / 浅野社長、㈱小嶋工務店(㈱小嶋産業) / 髙井

二次選考プレゼンでは色々なご質問も頂きました。2009年設立以降TOKYO WOOD普及協会で行ってきた様々な活動、取組み。TOKYO WOODのバスツアーや多摩産材の使用量等の実績を説明させて頂き、決果2017年4月7日に「採択通知」を頂く事が出来たのです。しかしこれはあくまでスタート、ここからが正念場でした。

〜完成した多摩産材モデルハウス(三鷹展示場)〜

一次取得者という子育て世代向けの住宅は、23区内での計画で多く見られる「狭小地における3階建て」を想定、且つ防火規定の厳しい地域での建築に対応すべく「準耐火建築物(30分の耐火性能を有する)」における「構造躯体(木)の表し施工」を見て頂く事が出来る内容になっています。また、子育てをイメージする事から全体的には「人の気配を感じられる(例:家中どこでも声の届く)空間の演出、下層階にまで日の光を取込める吹き抜けの多用」、2階のダイニングから家事・勉強スペースでは、台所仕事をする大人が子供の行動を確認できる空間、3階部分のプライベートスペースでは子供の成長に合わせ間取りを変えることが可能な「間取りの可変性」をご確認頂く事が出来る内容になっています。

  • 多摩産材モデルハウスオープンまでの軌跡
  • 多摩産材モデルハウスオープンまでの軌跡

二次取得者向けのシニア世代向けの住宅では、将来「車椅子の生活」になっても対応が可能な様に「開口部の幅を広げ」、洗面化粧台は「車椅子でも容易に利用出来る形状」とし、浴室では「介護を想定した上で手摺を多用」した形で仕上げました。また昔ながらの日本家屋を思わせる「真壁造り(壁に構造柱が現される手法)」を取入れ、大工の技術力も表現しています。

  • 多摩産材モデルハウスオープンまでの軌跡
  • 多摩産材モデルハウスオープンまでの軌跡

私たちTOKYO WOODならではというポイントを紹介します。東京の森林には様々な樹種が生息しますが、「多摩産材モデルハウス(三鷹展示場)」では、木の王様といわれ国も耐久性の高い樹種と認め、香り豊な「檜:ヒノキ」をはじめ、赤白色とりどりの顔を持つ「杉:スギ」、耐水性に優れる「椹:サワラ」、主に東北や寒い地域に多く見られる「唐松:カラマツ」を適材適所に使用しています。

また、昨今では「科学物質過敏症」、「アトピー性皮膚炎」に悩む人も多い中、住宅における「空気環境」にも配慮し、1階部分の構造躯体及び一部の羽柄材(土台、柱、間柱、筋違い、外部胴縁)に「檜:ヒノキ」を使用する事で「ノンケミカル:薬剤未使用」の家として仕上がりました。

2011年7月に「国」は2020年までに国産材の自給率50%を目標に掲げ、「東京都」は「東京の森林循環再生プロジェクト」内で「花粉対策事業:2010年~2014年(5年間)」を掲げ、木材(国産材・地域材)利用を促しています。*東京都の「花粉対策事業」は2015年より「森林循環再生事業」と事業名を変え、現在も進行形の事業です。多摩産材モデルハウス(三鷹展示場)をはじめ、TOKYO WOOD普及協会の家造り、活動は「地産地消」により、「国」や「東京都」の施策に寄与するものであり、「地域の循環型社会形成」を構築すると同時に「地域の活性化」にも寄与しています。また、地域材を使用する「地産地消」の家造りは、外材を使用するのに比べ、輸送時における「二酸化炭素:CO2」排出量の削減(環境)にも寄与する取組みです。

長くなりましたが、「東京の木:多摩産材 / TOKYO WOOD」の風合い、内外装仕上げ材として住宅に「木」をどの様な形で取込めるか、事業名称にもある「木の香る」住宅をぜひ一度足をお運びいただき感じていただきたいと思います。TOKYO WOODスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております!

*告知:2018.9.1(土)「TOKYO WOOD バスツアー」の申し込も随時行っております。
ご興味をお持ちの方はモデルハウスにおこしになられた際、お気軽にスタッフにお申し付け下さい。

  • 多摩産材モデルハウスオープンまでの軌跡
  • 多摩産材モデルハウスオープンまでの軌跡

~ TOKYO WOOD バスツアー ~
東京(桧原村)の山を(住宅に使用される木々を立ち木の段階で)見学し、伐採された木々の並ぶ原木市場を確認、実際の製材工程(グレーディング:木材に性能表示を印字する工程)を製材所で確認が出来ます。※昼食は地元、檜原村で収穫した農産物を利用したお弁当をご用意しています。

*******************************************************************************************

~社長ブログ、アクセスランキング記事~

1位 TOKYO WOODができるまで①~建築業界の金メダルに挑む~

2位 TOKYO WOODができるまで②~TOKYO WOODはどこへ向かうのか~

3位 『木の香る多摩産材普及拡大事業』に、(一社)TOKYO WOOD普及協会はチャレンジします!

4位 ガイアの夜明け撮影秘話①~放送前夜~

5位 ガイアの夜明け撮影秘話②~私が製作するのはリアリズムの追及~

6位 山は豊作貧乏になる~50年の手間の差を考える~

7位 恐れることなく前に進んでいきます!

*******************************************************************************************

~TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家、動画一覧~

☆『TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家』に住まわれている

O様邸の1日を動画で追いかけたショートムービー夏編です。

『TOKYO WOODバスツアー檜原村を訪ねて』

☆『着工式 H27/8

*******************************************************************************************

☆LIFULL HOME’S PRESS 掲載 その① その②

hu-maga 府中 東京 掲載

☆instgrm ㈱小嶋工務店

 

 


2018.6.2


田中 TOKYO WOODを供給する大元の檜原村の山で代々林業を続けてきて私で15代目にあたります。自分で持っている山を管理して、そこで伐採した木をTOKYO WOODの丸太(原材料)として届けています。今このお家で使われている柱、フローリング材なんかは私のおじいちゃんが育てた木かもしれないですね。それを私が伐採したということです。

T様 建築中の際も見学に来ていて、その時にたくさん柱がありましたね。すごく良い香りがして、何かお香とか使ってるのかなって思ったくらいです!現場監督の方は鼻が慣れちゃったのかあんまり香りがしないなんて言ってました(笑)。(奥様)

T様 × 田中林業

田中 TOKYO WOODのお家にお住まいということで、もともとお二人とも木がお好きだったんです?

T様 鉄筋か、木造かということでは、木造で建てたいなとは思っていました。鉄筋は無機質な印象があって、木は生きているし、風合いもいいなと思ってました。それからインターネットでハウスメーカー・工務店を調べて、立川の展示場に行きました。その時に小嶋工務店さんのことは知っていて、モデルハウスの木がとても印象的だったんですよね。(奥様)

田中 奥様が家具も選ばれてるとお聞きしました。全体的に木の家具も多いですし奥様の木が好きという想いが伝わってきますよね。ちなみにご主人は木に対してはどうでしたか?

T様 × 田中林業

T様 私はまず居心地の良い空間にしたいと思っていて、その点でパネルを立てるようなかたちよりは木造軸組で建てる方がいいなということで木の家がいいと思いました。もともとこんな風にしたいっていうイメージはあって、天井を高くしたり、梁を見えるようにしたり、小嶋工務店さんにはしっかりデザインを取り入れてもらえて良かったです。階段もリビングから通して空間を広く見せたいなと思ってこうしました。(ご主人)

田中 このTOKYO WOODの階段は木を無駄なく使うということで生まれたんです。丸太から四角い構造材を取るとなると周りの部分は余りますよね。こうした部分も捨てずに無駄なく使うことは育ててきた私達からすると嬉しいことですね。ちなみに東京の木についてはどんなイメージでしたか?

T様 素敵な取り組みだと思いました。地元の木を使ってるっていうのもあんまり聞かったので、地産地消というのはいいなと思いました。それも林業家さんあってこそなんだなと改めて感じました。(奥様)

  • T様 × 田中林業
  • T様 × 田中林業

田中 私たちの同業で地方の林業家からすると、東京にこれだけ山があるなんてイメージできないみたいで。東京で林業やっているというと皆んな「どこで?」ってなりますね(笑)。東京で林業やっている人っていうと数えられるくらいです。山を所有している人はいるんですけど、私のような林業を仕事にしている人はいないですね。

T様 教えてもらいたいことがあって、お手入れの仕方を聞きたいと思ってたんです。床にやっぱり水が垂れてしまったりすることもあって、自然乾燥で乾いたときにやっぱり色にムラが出たりしてしまって、そういう時はどうしたらいいんですかね?(奥様)

T様 × 田中林業

田中 うちの家も同じような木のフローリングを使ってるんですけど、うちの嫁さんは米ぬかを使ってますね。嫁もオーガニックなものが好きで、「これがいいんだよ」って言ってました(笑)。米ぬかを袋に入れて、それで磨いてましたよ。お住まいになってから一年経って変化などは感じてますか?

T様 ありますね、フローリングはちょっと濃くなってきたと思います。最初はもうちょっと白っぽかったけど、アメ色っぽくなってきました。いい感じに馴染んできた感はありますよね。こうやって熟成されていくっていうのは木の良いところですよね。(ご主人)うちはフローリングは節ありにしているんですが、この節の有無でコストも変わってくるので、どうしようかと思っていたんですよね。でも節ありの家を見せていただいて、その木の風合いも良かったので、全部節ありにしました。(奥様)

  • T様 × 田中林業
  • T様 × 田中林業

田中 この節を埋める作業というのが大変で、全部手作業なんです。まず節を円形にくり抜いて、その大きさに合わせてサイズの合う木の枝を差し込みます。板から飛び出た部分の枝をカットすれば節埋め完了です。この作業は製材所で行っているので、使わない枝などをうちの山から届けています。

T様 そんなに手間がかかってるんですね!そういった作業があったことを知ると、節の一つ一つも愛おしく思えますね。でもそうすると節がないほうが作業は楽なんですか?(ご主人)

T様 × 田中林業

田中 工場の作業はそうなるんですが、節が出ないようにする作業は山の段階で行ってるんですよ。節が出ないように意図的に育てていて、枝の無い木に育てるためにはビール瓶の太さまでに枝を打てと言われています。育って大体10年後くらいですかね。でも闇雲に枝を打っても木の成長を落としてしまうので、なんでもかんでも節なしにしている訳じゃないんです。

T様 こうやって自分たちの家の木がどうやって育てられたなんて聞く機会はないので、とても嬉しかったです。(ご主人)
暖かくなってきて湿度が上がるとヒノキが香ってくると感動しました。なんか天気が変わったんだなって気付かせてくれます。これからも長く愛着をもって暮らしていきたいです。(奥様)

T様 × 田中林業

*******************************************************************************************

~社長ブログ、アクセスランキング記事~

1位 TOKYO WOODができるまで①~建築業界の金メダルに挑む~

2位 TOKYO WOODができるまで②~TOKYO WOODはどこへ向かうのか~

3位 『木の香る多摩産材普及拡大事業』に、(一社)TOKYO WOOD普及協会はチャレンジします!

4位 ガイアの夜明け撮影秘話①~放送前夜~

5位 ガイアの夜明け撮影秘話②~私が製作するのはリアリズムの追及~

6位 山は豊作貧乏になる~50年の手間の差を考える~

*******************************************************************************************

~TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家、動画一覧~

☆『TOKYO WOOD×ソーラーサーキットの家』に住まわれている

O様邸の1日を動画で追いかけたショートムービー夏編です。

『TOKYO WOODバスツアー檜原村を訪ねて』

☆『着工式 H27/8

*******************************************************************************************

☆LIFULL HOME’S PRESS 掲載 その① その②

hu-maga 府中 東京 掲載

☆instgrm ㈱小嶋工務店

 

 




ページの先頭へ戻る