【家づくりの現場】 高断熱・高気密・高耐久の高性能住宅

【家づくりの現場】
高断熱・高気密・高耐久の高性能住宅

家づくりの現場から 災害に強く、一生快適に暮らせる家を。

いざという時に家族を強く守ることはもちろん、
季節に合わせた快適な住み心地をずっと維持するために、根拠のある高性能な住宅をご提供します。

-高断熱の家をつくるための取り組み- 01.身体に優しく、快適な空間をつくる「外張り断熱」

私たち小嶋工務店は、全棟外張り断熱で家をつくります。
なぜなら内張り断熱と比べ、年間を通して快適な温度をつくるだけでなく、
暮らす家族にとっても多くのメリットがあるからです。

家中をすっぽり包み込む、外張り断熱の暮らし
断熱についての説明図
(画像参照:カネカの家 ソーラーサーキットhttps://www.schs.co.jp
  • エアコン1台で家中快適!

    光熱費がアパートの時より安くなりました!

  • 2階に上がっても涼しい!

    寝る前につけていたエアコンが切れてもずっと朝までぐっすり眠れます。

  • 廊下やお風呂が寒くない!

    冬場の脱衣や廊下の移動がストレスなく快適に過ごせます。

  • 裸足で気持ち良く過ごせます!

    暖かい空気が部屋中を包み裸足でリラックスすることが増えました。

外張り断熱のメリット
  • 家じゅう快適

    高い断熱効果

    外気温の影響を受けにくいので、室内の冷暖房機器の効きが良くなります。

  • 経済的

    ランニングコスト削減

    少ない冷暖房機器の使用で快適空間に!光熱費の削減につながります。

  • 健康的

    身体に優しい

    冷暖房機器が効きやすくなるので、エアコンのかけすぎで夏に冷えすぎてしまうのを防ぎます。

  • 身体の安全

    ヒートショックを防ぐ

    外気温の影響を受けにくくなることで、冬の脱衣所・お風呂での事故を防ぎます。

  • 耐久性アップ

    住宅が長持ちする

    断熱性が上がることで余分な湿気や結露が発生しないため、住宅が長持ちします。

断熱検査

小嶋工務店では、建設性能評価の外部機関「ベターリビング」に、住宅の検査を依頼しています。住宅の断熱気密工事の後しっかりと断熱検査を行います。

外部リンク ベターリビング

-高気密の家をつくるための取り組み- 02.断熱性能を高め、より快適な暮らしを叶える

小嶋工務店は、高気密住宅をつくるために、気密性を第三者機構によって検査しています。
検査基準は一般的な高気密住宅の基準をはるかに超える数値ですが、
これが快適な家の秘密なのです。

一般よりも高水準な小嶋工務店の合格基準

小嶋工務店の家は、一般の高気密住宅の基準値を大きく上まわっています。

小嶋工務店の基準値についての説明図
エアコン1台で家中快適!

小嶋工務店では、「計画換気の正確性」「冷暖房効率」のアップのため、一般の高気密住宅基準値よりも高水準の数値【C値 0.9㎠/㎡】を合格基準としています

その合格基準となるためには、設計はもちろん基礎工事、上棟、断熱工事といった全ての現場で、丁寧な施工が必要不可欠。職人の腕・仕事ぶりでほんの少しの隙間ですら空いてしまっては、ずっと永く快適に暮らすことのできる家をご提供することはできないのです。

C値についての説明 C値とは、住宅の気密性を表す数値です。数字が小さいほど気密性が優れていることで、気密測定で計測された家全体の隙間面積、住宅の延べ床面積で割って計算します。

C値についての説明図

なぜ高気密な住宅が、ご家族に必要なのか。
  1. 理由その1 部屋の温度を「快適」に保ち、
    一定にする役割がある

    気密性が低いと夏は暑く、冬は寒くて居心地の良くない住宅になってしまいます。せっかくエアコンや暖房をつけても、家の隙間から冷たい空気・暖かい空気が逃げて行ってしまうからです。
    漏れた分だけ、外から熱気や冷たい空気が入ってきてしまい、冷暖房機器を強く使うことになり電気代もかさんでしまいます。

    部屋の温度を「快適」に保ち、一定にする役割がある イメージ画像
  2. 理由その2 断熱性能の低下を防ぐ

    良い断熱材を使っていても、隙間が多い家ではその効力が発揮できません。せっかく家にためた暖かい空気、夏のひんやりした空気を逃がさない為にしっかりと家を覆う必要があるのです。

    部屋の温度を「快適」に保ち、一定にする役割がある イメージ画像
  3. 理由その3 結露の発生を抑え、住宅の劣化を防ぐ

    日本は湿度が高く結露が発生しやすいと言われています。
    窓ガラスに水滴が付き、やがて窓枠を伝って壁や床に滴り落ちる。
    結露はダニやカビなどの温床となり健康被害を招くだけでなく、木材を腐らせるなどの住宅劣化にも繋がります。
    こういった被害を防ぐために気密性の高さは重要なのです。

    部屋の温度を「快適」に保ち、一定にする役割がある イメージ画像
気密検査

小嶋工務店では、自社の「気密測定技能者」の指導のもと、一棟に対し2回検査を行っています。
この検査では一般の高気密住宅基準値よりも高水準の数値【C値 0.9㎠/㎡】を合格基準としています。

-高耐久の家をつくる為の取り組み- 03.「外張り断熱」「壁内通気」「ターミメッシュ」を取り入れ、
従来の木造住宅をはるかにしのぐ耐久性を実現しています。

快適な住み心地をつくる「外張り断熱」、躯体内につくる通気層「壁内通気」、
そしてシロアリの侵入を防ぐ網「ターミメッシュ」。
これらは暮らすご家族にとっての「メリット」だけでなく、
湿気や温度変化に負けない強い住宅をつくることにもつながります。

「外張り断熱」と「壁内通気」で躯体を守る
  1. 部屋の温度を「快適」に保ち、一定にする役割がある イメージ画像
    point01 「外張り断熱」から
    高耐久の家をつくる仕組み ソーラーキットの家ソーラーキットの家

    外断熱の施工では、断熱材の結合部分を強力な「気密テープ」で貼り付け、さらにその上に「透過防水シート」を貼り水の浸入を防ぎます。
    これにより、断熱の施工精度が上がり、外壁と内壁の間にある柱・梁などが熱を伝えることで起きてしまう「結露」も防ぐことができます。その結果、大切な構造躯体が結露で濡れて侵食されることも防いでいくのです。

    日本の住宅は湿気との戦いです。そのために、大きな隙間があると湿気が壁や床下、構造部分に入ってしまうと木を腐らせてしまい見えない部分をカビだらけにしてしまいます。
    住宅の劣化・腐敗・シロアリを防ぐために、高気密は必要なのです。

  2. 部屋の温度を「快適」に保ち、一定にする役割がある イメージ画像
    point02 「壁内通気」の重要性

    小嶋工務店では躯体内の通気層により、木材が常に乾燥している状態をつくります。
    なぜなら、木の弱点である「腐る」という可能性を抑えるためです。
    通気層から湿気を外へ逃がすために、屋外に設置する温度変化センサーが外気温を感知し、基礎にある換気口をその季節に合わせて開閉、躯体内の湿気を排出するのです。この仕組みによって、従来の木造住宅をはるかに凌ぐ耐久性を実現しています。

KOJIMA KOUMUTEN 

より快適で、安全で、ずっと安心できる住宅をご提供する。

ただ「快適」、ただ「安心」ではなく、根拠のある家づくりを私たちは取り組みます。

より快適で、安全で、ずっと安心できる住宅をご提供する。ただ「快適」、ただ「安心」ではなく、根拠のある家づくりを私たちは取り組みます。

東京の家づくりから、
を育てる。小嶋工務店。

お電話でのお問い合わせ・展示場見学予約はこちら

お家の建替え、新築・注文住宅など家づくりのことなら小嶋工務店にお任せください。