【家づくりの現場】 全棟耐震等級3認定

【家づくりの現場】
全棟耐震等級3認定

家づくりの現場から 地震が発生した時、我が家が一番安全であること

これから30年のうちに、関東地方でマグニチュード7クラスの地震は
70%以上の確率で発生すると言われています。

万が一の時に備え、ご家族をしっかり守る安心・安全な住宅を
私たちはご提案します。

耐震等級最高ランク3の
地震に強い家

小嶋工務店の家は、標準仕様で国が定める耐震性能・耐震等級の最高ランク3を取るようにしています。
耐震等級3の認定を受けるメリットは、第三者機構によって検査されることの安心感と、そして何より強さの裏付け。

さらに、地震保険料が耐震等級1のおよそ半分になります。
建てた後の暮らしを、安心・安全だけでなく経済的な豊かさも考えてご提案させていただいています。

耐久性についての説明 画像

伝統の木造在来工法と
現代の耐震技術を起用する

小嶋工務店の家は、全棟木造在来工法です。
木造在来工法は、柱や梁で建物を支える構造で「強さ」と「耐久性」を最大限に活かす、日本の昔ながらの伝統工法。
梁と柱で囲まれた枠の中に、筋交いという建材をいれるのが一般的ですが、小嶋工務店はこの筋交い部分に「木造軸組み工法用耐震 制震壁 WUTEC(ウーテック)-SF」を採用(オプション)し、優れた耐震性を確保します。

ウーテック 外部リンク

伝統の木造在来工法と現代の耐震技術を起用する  イメージ写真
小嶋工務店の家の優れた耐震性 小嶋工務店の家の優れた耐震性
  1. 01 木造軸組み工法用耐震 制震壁 WUTEC(ウーテック)-SFの特徴 耐震・制振壁が、建物の揺れを
    最大80%低減

    地震があった時に恐怖を感じるのは「揺れ」。体感だけでなく建物が揺れる事で家具が倒れたり、倒れた家具による二次被害を防ぎます。

    耐震について説明  イメージ写真
    (画像参照:ウーテック・制震壁 https://wutec.jp/kind/より)
  2. 02 木造軸組み工法用耐震 制震壁 WUTEC(ウーテック)-SFの特徴 家族と財産を守り続ける強さ

    大地震の後に起こる余震も、大きな被害をもたらします。WUTEC(ウーテック)は、震度7相当の地震の後、震度6相当の余震が起きたとしても、同じ性能を保ち揺れを低減します。

    耐震について説明  イメージ写真
    (画像:WUTEC ホームページ https://wutec.jp/より)
  3. 03 木造軸組み工法用耐震 制震壁 WUTEC(ウーテック)-SFの特徴 メンテナンスフリー

    この耐震壁は、時間による劣化や温度変化による性能低下がありません。日本の高温多湿の厳しい環境下でも抜群の安定性を持ち、同じ性能を半永久的に発揮して地震に備えます。

KOJIMA KOUMUTEN 

ずっとずっと、この家で永く暮らして欲しい。

東京での暮らしを考えた、大切な地震対策を私たちは怠りません。

ずっとずっと、この家で永く暮らして欲しい。東京での暮らしを考えた、大切な地震対策を私たちは怠りません。

東京の家づくりから、
を育てる。小嶋工務店。

お電話でのお問い合わせ・展示場見学予約はこちら

お家の建替え、新築・注文住宅など家づくりのことなら小嶋工務店にお任せください。