モデルハウス&ショールーム


立川第二展示場Blog

2017.2.3


大都会東京の西の山々で育つ「TOKYOWOOD」
この取り組みを、後押しすべく、
今、ここに

「song of TOKYOWOOD」製作委員会を立ち上げます。

これより、関係各方面の企業・コミュニティーと東京の山そのものへの取材をスタートします。
よろしくお願いいたします。

発起人
白田康宏、吉川英一、八木順一


2017.1.2


明けましておめでとうございます。

昨年は皆様には大変お世話になりありがとうございました。今年も皆様のお住まいづくりのお手伝いに邁進して参ります。

立川展示場は1月2日よりオープンしております。暖かい外断熱の家を体感に是非お越し下さい。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

DSC_0418

立川第二スタッフ一同


2016.12.30


お早うございます。今年もあと2日で終わりですね。振り返ってみると今年はとても密度の濃い1年だったような気がします。

色々な事があった1年ですが、特に印象に残っているのは7月~8月の雨の日の多さです。なかなか現場が思うように進まず毎日イライラしていたような気がします。10何年か振りに雨天での地鎮祭もありました。四季の有る事は承知の上ではありますが、やはり何事も順調に進まないと嫌なものです。お天気は私たちにコントロールできる事ではありませんが、来年は順調に何事も進んでくれればと思っています。

 

私の所属する販売管理部門は、1月2日から仕事がスタートする事もあり、皆様より少し早く26日からお休みを頂いています。年末であわただしい事やお正月イベントの準備等もあり、実際は26日からお休みとはいかず、各担当ともバタバタとしていました。私も26日は朝からご入居者様宅へカレンダーをお届けしたり、年明けの仕事の段取りをしていました。26日のお昼頃展示場に戻ったのですが、何人かは色々と仕事をしていました。今年の内にするべき事を終えて、すっきりと新年を迎えたい思いはみんな同じの様です。

 

今年もたくさんのお客様からご相談を頂きましてありがとうございました。来年は1月2日より立川展示場はオープンしていますので、是非皆様でお越し下さい。来年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

販売管理部門 浅野

 

 


2016.10.31


10月初めから開始した本社所属新卒社員の研修が本日終わりました。研修は1週間交代で4人という内容でした。来る前は皆さんに展示場での仕事を見て貰い、少しでも将来の参考になればと思っていました。実際話をしてみると、外断熱の事やTOKYO WOODの事、建築の法規の事等、よく勉強していて感心するところも多々ありました。

本来は皆さんが研修に来た時に、スケジュールやプログラムを考えて対応した方が良かったかもしれませんが、私を含めて自分の業務もあるので、できるだけ時間を調整して一人ずつ話をしながらといった感じでした。

4人の皆さんと普段接点がない事もあり、私を含めて展示場の皆さんも良い刺激を受けた1か月間だったと思います。4人のうちの一人が先週の朝礼の際に、今週からお世話になりますとみんなの前で挨拶をしてくれたのですが、その挨拶の中で、『皆さんの伝統的な営業手法をしっかりと勉強したいと思います。』という言葉がありました。

『伝統的』とはどのような事なのか?非常に考えさせられました。私の考える小嶋工務店の伝統的な営業手法は『他部署との協調』です。営業担当が困ったら設計部や建設部の人に相談をしたり、場合によっては打ち合わせに出て貰ったりという事です。悩んだり迷ったら、部署の垣根を越えて相談をして、最良の方法を模索して今に至っていると思っています。

4人にはそれぞれの最終日に『何かあったらいつでも聞いて』と同じ事を言いました。実際にこの先相談をしてくれるかわかりませんが、私なりの皆さんへの方向は示せたかなと思います。

 

販売管理部門 浅野


2016.10.4


10月に入り、本社配属の新入社員の皆さんが立川展示場へ研修に来ることになりました。展示場の方はベテランの方が多く、その中で私が一番年下という状況です。若者達が短い期間ではありますが展示場にやってくるという事で、先輩社員としてそれなりに皆さん緊張した中で10月をスタートしました。

既に本社でも勉強をして、お客様との打ち合わせにも同席をしているので、今更我々が教える事は多くないかもしれません。先輩達の仕事を見て何を思うのか。色々と学ぶところもあろうかと思います。

私が新入社員の時はどうだったかというと、4月の内に展示場の配属となりました。住宅の事は右も左もわからない状態でいきなり営業の第一線に放り込まれた?訳です。同期入社が10人いたのですが、その中の3人が営業部配属で、3人とも別々の展示場の配属になりました。後で聞いた話ですが、行先についてはそれぞれの配属先の上司を基準として選んだとの事で、それなりの配慮があったそうです。

私が配属になった展示場の所長は現在の上司の白田部門長でした。笑顔の素敵な白田部門長の下で、無愛想な私は笑顔を覚える様にとの理由だったそうです。大学を卒業してすぐだった事もあり、自分では無愛想だという自覚も薄く、また面白くもないのに笑えるかという気持ちもありました。学校に行っていた時と違い色々な人と関わって仕事をしていかなければならない様になり、その中で『笑う』という事の大切さも何となくわかってきました。今でも、お客様とお話をしている時に、他の担当者に比べると話さない方ではと思うのですが、それでも適切な会話となる様に、その場その場で考えてお話をするように心がけています。

 

新人当初の展示場は自宅からも遠く、覚える事もたくさんあり厳しい??上司にも恵まれ何度もやめようと思ったものです。今振り返ると、お願いして厳しい環境に置いて貰えた事はとてもありがたかったと思っています。周りに同期の社員がいたらおそらく基準にしてしまい、何となく楽な方へ逃げてしまったかもしれません。同期の社員より早く仕事を覚えて早く契約を頂ける様にと思える厳しい環境だった事が、今の自分を形成したのではと思います。

今回の研修では私達から教える事は少ないですが、先輩達から何かを学んで貰えると良いと思います。

 

販売管理部門 浅野


2016.9.16


本日夕方、日野市の高幡不動のすぐ近くのお客様のところへお邪魔しました。高幡不動参拝用の有料駐車場に車をとめて歩いて行ったのですが、用事を終え駐車場へ歩いていると高幡不動のお土産屋さんが目に入りました。前の道路は良く通るのですが、高幡不動にはほとんど行く用事もないので、どのようなものが置いてあるのか気になり、ついフラッとお店の前に立ってしまいお店の方に『いらっしゃいませ!』と声を掛けられてしまいました。

DSC_0370

声を掛けられてしまうと何も買わないのも申し訳なく思ってしまい、幕末せんべいというお菓子を買ってしまいました。そして写真真ん中の高幡饅頭は『おまけで一つ入れときます。』と店員の方が袋に入れてくれました。

 

このオマケ、おいしそうなので食べてしまおうか、家に持って帰り家族の誰かにあげようか、今とても悩んでいます。

 

販売管理部門 浅野


2016.9.10


昨日の午後から夕方にかけて、今月着工予定のお客様の設計打ち合わせに同席をしました。順調に色々と決めて頂き、ユニットバスの壁のデザインを決めている時に、そういえば我が家の浴室の壁はどんなだったかな?とふと思いました。

家に帰り夜お風呂に入った時に、ほぼ初めて我が家の浴室をまじまじと見てみました。家を建てた際にはそれなりに色々と検討をして、設備メーカーのショールーム等にも行ったのですが、今改めて見てみると『なんでこうなったのか?』というところが結構あります。

 

DSC_0370

今朝出勤前に当時の契約書を見返してみたのですが、本当に自分で選んでいたのか?という部材や内容がいっぱいでした。

添付されている図面も今の家と結構違っています。私の中では、契約した際の内容と今の家の内容はほとんど同じとの認識でしたが、大間違いでした。

お客様の家の内容はお引き渡し後も良く覚えていて、お会いする機会があるとその事について色々とお話もできるのですが、自分の家の事となるとさっぱりです。少し反省です。

 

販売管理部門 浅野 貴海

 


2016.8.9


今日は午後から某市役所へお客様の敷地の調査へ行ってきました。展示場からそう遠くないところです。20年以上この仕事をしているのに、この市役所へ行くのは2回目でした。いつもと勝手が違い中で迷ってしまったり、駐車場の場所がわからなかったり、色々とありました。

この市役所へ行くのが2回目という事は、過去この市のお客様にプランのご提案をした事が1回しかなかったという事になります。自分でも理由は全く解らないのですが、展示場にいてもほとんどこの市のお客様を接客する事がありません。会社ではよく施工させて頂いているエリアだと思うのですが、何故か私は縁がありません。

根拠はありませんが、営業担当によって担当する事が多いエリアがあるように思います。同じ展示場にいて接客をしていても、この担当は西のエリアが多いとか、北のエリアが多いとかよく話をします。

私はというと、立川にいても府中市と八王子市で担当をさせて頂く事が多いです。若い頃たくさん担当をさせて頂いて多くを学んだ府中市と入社後社会人生活をスタートした展示場のあった八王子市。自覚はありませんが、意識しているのかなと思ったりしています。

 

販売管理部門 浅野


2016.7.28


DSC_0269

本日はお客様の建築地調査の為、都内某所へ行ってきました。

初めて行く場所の時は、予め車をとめる事のできる場所(駐車場の有無)を調べて出かけるのですが、毎回なかなか思うように車をとめることができません。最初に現場を確認にいきましたが、なかなか近くに駐車場を見つけられず現場の周りをグルグル回ってしまいました。次に法務局や区役所へ行ったのですが、どこのコインパーキングも一杯でこちらでも回りをグルグル。コインパーキングが空くのを待っていようかとも考えましたが、後ろから次々と車が迫ってくる一方通行ばかり。日を改めて電車でまた来ようかと思いながら運転していると、すぐ目の前に大きなコインパーキングを発見。少し歩くようだけどいいかなとここに駐車しました。

都心のど真ん中の大きな有料駐車場は総合住宅展示場でした。大手ハウスメーカーさんの3階立てモデルハウスばかりの展示場のようでした。

弊社が出展しているところではないので少し後ろめたい気持ちもありましたが、有料となっていたのでまあいいかと駐車して区役所へ。1時間くらいしてから戻り清算すると1200円。都心は土地も高いですが駐車料金も高いですね。

 

販売管理部門 浅野


2016.6.26


DSC_0201

お仕事にあまり関係ありませんが、ようやく我が家のカブトムシが成虫になりました。

毎年家の中で育てているのですが、昨年は増やし過ぎてケースの置き場所がなくなってしまったので、初の試みでしたが我が家の庭で飼育を行いました。庭の土を2間×3尺・深さ50センチほど掘り、クヌギマットが山になるように傾斜をつけ幼虫を放しました。

1か月前には3ケース分だけ幼虫を取り出して物置の中に入れていましたが、今朝出勤前に確認したところ1匹だけ成虫になって出てきていました。

昨年までは暖かい家の中で育てていたので、成虫になるのが早かったように思います。

人間もカブトムシも外断熱の家の方がやはり良いようです。

 

販売管理部門 浅野

 



ページの先頭へ戻る