ブログコミュニティー


広報blog

2017.4.23


昨日は今年最初のTOKYO WOODバスツアー。
満員御礼で春の山に向かいました!
DSC02664
檜原村では東京チェンソーズの青木社長から林業のお話のあと、山へ案内していただきます。
DSC02646
伐採のための作業道は広くなく、急なところもありますが
TOKYO WOODになるべく30年生、60年生の木々が出迎えてくれます。
bas (4)
伐採したばかりの原木に触れ香りをかぐ、五感で感じる体験です。
参加者の皆様から良い質問が沢山でて、皆様の意識の高さを感じました。
例えば切株をなぜ残すのか?
DSC02653
この切株は土が崩れるのを防いでくれて、
次の苗木が立派に値を張るころには自然に朽ちて土に還るのだそう。
自然は、素晴らしい循環ですね。
bas (1)
お昼は「昨日採ってきました」という山菜や木の芽、土筆のご飯を頂きました。
山の幸を堪能する心尽くしのお膳を用意してくださったのは
チェンソーズ青木社長の奥様をはじめとする檜原村の女性たち。
春の山を感じる屋外の特設テーブルで絶品の「山めし」を頂きました。
bas (2)
午後は沖倉製材所へ。
節や年輪の話など、皆さま熱心に勉強されていました。
bas (3)
そしてTOKYO WOODならではの天然乾燥(右)と人工乾燥(左)の香りの嗅ぎ比べです。
色も艶も香りも違うのをご体感いただいています。

参加者様のアンケートから
「ここは本当に東京か!?自然いっぱい。空気が良い。」
「自然乾燥の桧はいい香り。感動した!」
「皆さま木への想いが強い!自信を持ってお勧めしてくださる。自社が扱うものを胸を張ってお勧めしてくれる姿が凛々しい。」
「予想していたより良い体験ツアーでした。」
「強度の検査で少し足りなかっただけでもNGとなりはじき出されるのにびっくりです。
少しくらいならいいのにと思うけれど、しっかり強度を確認しているので安心しました。」
「木の太さ=年数ではないことや節の話など意外と木のことを知らなかったので興味深かったです。」
「木材の生産者、加工業者、大工さんの顔を見ることができて良かったです。
それぞれが誇りを持って仕事をされているのが伝わってきました。」
「チェンソーズ社長さんの話で気を育て森を育てる熱意、工夫を感じ感動した。
また最終的には伐採されて、製材、建築と多くの人の協力を経ていくことが必要と分かり
この循環が上手く機能していくことが必要と感じました。」
「沖倉製材所で丸太が製材される工程が面白かった。」
「多くの人の力と熱意でTOKYO WOODが作られていることがよくわかりました。」

【2017/04/28 追記】

バスツアーには日刊木材新聞様にも同行いただき、記事にしていただきました!

日本の木材産業に日々取材するプロの記者さんの目線で
TOKYO WOODの取組の一つであるバスツアーをご紹介いただいています。

日刊木材新聞 4/28 付
TOKYO WOOD品質・産地へのこだわり消費者に「川上から川下まで一体で取り組む」
木材新聞-20170428

広報 田中聡子


2017.4.13


昨日のNHKシブ5時で放映されたTOKYO WOODの育つ山にご案内するバスツアーはもう来週!!
モデルハウスでの撮影は残念ながら放映されませんでしたが、(涙)
あの檜原村の木たちが私たち小嶋工務店の家になっているんですよ!
実際に原木に触れ、原木を扱う人の話を聞く家造りは他にはありません。
8月モデルイベント
現在、このTOKYO WOODを体感できる家は当社のモデルハウス
立川展示場小金井宿泊体感モデルハウスの他に
「木の香る多摩産材普及事業」が採択され、三鷹展示場も建設予定になりました。
社長室前ボード

TOKYO WOODで建てられた当社のモデルハウスでは、玄関を入ると桧のいい香りがお客様を迎えます。

今回のバスツアーではその本物の香りをお土産に持って帰っていただこうという初の試みも企画中。
それは…TOKYO WOODの桧から抽出したアロマ水です。
なんと↓こんな大がかりな装置(!?)で、2時間以上かけて手作り予定。
5
一度試作で作ってみた様子ですが、こんな風に蒸留されました。
抽出中も香りがしてとても癒されました。
2
アロマ水の上澄みが出来たばかりのアロマオイル。
1キロの原料から2~3ミリほどしか採取できない貴重なものです。
1
バスツアーでは原木の香り、製材された木材の香りを存分に現地で体感いただき
お土産にその香りをお持ち帰り頂くという趣向。
まさに五感が喜ぶTOKYO WOODバスツアーになりますように!!

広報 田中聡子


2017.4.11


明日4/12(水)は NHKニュースシブ5時(4:50~18:10)で
先日、TOKYO WOODの森→小金井モデルハウスで行われた
TOKYO WOOD取材の放映(予定)です。
シブ5時2
どんな編集になるのか楽しみです~!

今日は日頃よりお世話になっている日刊木材新聞さんの取材でした。
↓3/9の記事ですが、弊社のTOKYO WOOD(多摩産材)への本気の取組を
取り上げてくださるメディア様の1社です。
20170309日刊木材新聞記事

今回の取材の趣旨は、東京都「木の香る多摩産材普及事業」採択について。
株式会社小嶋工務店としても、採択後すぐにプレスリリースを製作し各所に配付しておりますが
本社、展示場でお配りするお客様用に もう少しビジュアルな広報↓もお作りしました。
Print

その他、矢継ぎ早に同じメインデザインで、本社・展示場を彩る「看板シート」や「のぼり」も製作。
土曜日に発表になって月火と2日間。この対応の速さは誰にも負けないかも…(笑)。
広報のお仕事のど真ん中で、波にのまれないように(笑)
大波を楽しむくらいに良い仕事を残せるように頑張ります!
Bキノカオルのぼり600×1800

広報 田中聡子


2017.4.8


今日は朝から凄いニュースが舞い込んできました!
東京都の「木の香る多摩産材普及事業」に当社が採択されたのです!
皆様にお知らせするためのプレスリリースを特急で作成、ホームページにもアップしております。
8月モデルイベント
媒体各社に配付させていただきましたが、
土曜にも関わらず早くも1社取材のお申込を頂きありがたく思っております。
モデル外観桜
(昨日2年目にしてやっと「桜が(ほぼ)満開」かつ「晴天」で撮影できた小金井宿泊体感モデルハウス
小嶋工務店も満開です!
g

広報 田中聡子


2017.4.1


4/1、4/2と小金井公園で「小金井桜まつり」が開催されています。
東京の満開予想より少し遅れていま小金井公園は二分咲きくらいです。
sakura1
小金井桜まつりのオープニングセレモニーは
小金井観光まちおこし協会の会長も務める当社会長の挨拶でスタート。
雨が心配される中、無事に広場で開催できて関係者の皆様はほっとされていることでしょう。
来賓の中には、「会長の念力でなんとか…(笑)」と会場を和ませた方も。
sakura2
当社の会長は御歳80歳にして現役、
先日のお誕生日には会社の女子社員からもお祝いさせていただきました。
IMG_3478
さて、桜まつりオープニングセレモニーの後は引き続き
「東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアー」がスタート。
フラッグツアーアンバサダーのメダリスト三宅宏実さんと
東京都知事小池百合子氏がゲストとして来場されました。
sakura3
このお祭りに合わせて「桜の開花を心待ちにする小金井に
もう2本の花(フラッグ)をお持ちしました」と小池都知事。
sakura4
フラッグをかっこよく振ったあと
(あのリオのシーンを思い出しました!)
sakura5
小金井市長に手渡しされました。
このフラッグツアーは全国を回って今回で47か所め、延べ3万人の参加者だそうです。
オリンピックってテレビの中のもの、じゃなくてとても身近に感じられるのではと思います。
sakura7
実はオリンピック現地観戦オタクの私。
(アテネ、トリノ、北京、バンクーバー、ロンドンを現地観戦しています)
オリンピックという世界を巻き込む大イベントを
自国でお迎えする側になるというだけでワクワクです。
どの国に行っても現地のボランティアの方、
一般の方の対応がその国の印象として残っています。
オリンピックというチャンスを頂いたのは私たち自身なのですから
皆が盛り上がることが成功の秘訣ではないでしょうか。
sakura8
フラッグを持って公園の中をパレードしてセレモニーは終了しました。
地元小金井公園では、明日も引き続き「小金井桜まつり」が開催されています。
地元の飲食店さんなどが出店されていて賑やかです。
お花見のお団子をお土産に会社に帰ってまいりました。
(会長、ご馳走様です!)
sakura9

 

 

★お知らせ★ TOKYOWOODの取組が取材されました!
【4/12(水)16:50NHKニュースで放送予定】
番組:NHK ニュースシブ5時 月~金 16:50~ 毎日生放送
放映予定日:4/12(水)予定

【参考リンク】
TOKYO WOOD普及協会
東京チェンソーズ
社長のブログ

広報 田中聡子




ページの先頭へ戻る