ブログコミュニティー


現場日記

2015.4.28


 

こんばんわ、建設部の榎本です。

 

本日は基礎のコンクリートの中にある配筋についてです。

どの現場でも大体は配筋は捨コンから一段になっていますが、

とある現場ではダブル配筋と言って二段になっています。

こちらです。

IMG_0531

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0535

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その分耐震性が増してきますが、基本の配筋でも十分に

耐震性もとれています。

 

慣れない足元なのでたまにスッポリとはまって

抜けなくなってしまうのは内緒の話です。

 

建設部 榎本


2015.4.25


どうも建設部 横谷です。

 

今日は突然の雨が降りながら地縄を張ってまいりました。

IMG_1282

 

 

 

 

 

 

 

今日はなかなか鉄筋がまっすぐ、ピンと打てなかったんです。

・・・ピンとといえば、地縄を張った後に敷地境界杭の写真を撮ってたんですが、

IMG_1302

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとこぎれいな写真が撮れちゃいました。

本当は下にある杭が撮りたかったんです・・・

結局ズームでピントを合わせて撮りました。

写真って難しいです・・・

 

建設部 横谷 勇


2015.4.24


本日、プレカットについて説明します。

 

昔は、大工が柱や梁に線や、穴をあける位置を出し一本一本手作業作っていました。

それを機械で行うことをプレカットと呼びます。

今は、すべて機械で行われ、品質が安定するようになりました。

簡単に言うと【プラモデル】作るように簡単に上棟が行え安全でかつ、早く行えるようになりました。

IMG_1723

 

 

 

 

 

 

 

 

【プラモデル】みたいと言うのは上棟する前にプレカット図といった図面を作成し

その図面を見ながら組み立てるからです。

『プレカット図』

IMG_3875

 

 

 

 

 

 

 

 

写真に赤い丸が書いてあると思いますが、その位置にくる柱や梁に番付を印字しており

柱や梁を組み合わせることで家の形になっていきます。

 

IMG_3782 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしお近くで工事現場が御座いましたらご覧になって下さい。

 

建設部 塩田


2015.4.23


 

 

 

どうも。建設部 小林です。

 

 

今回は屋根が完成するまでの工程です。

 

 

 

①まず上棟した後、一層目垂木。

屋根1

 

 

 

 

 

 

 

 

②一層目野地板。

屋根2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③屋根断熱。

屋根3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④二層目垂木。

屋根4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤二層目野地板。

屋根5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑥ルーフィング。

屋根6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑦瓦・コロニアルなど。(写真は瓦になります)

屋根7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように屋根が出来上がります。

 

建設部 小林


2015.4.22


どうも建設部の横谷です。

最近雨が多くて寒い日が多かったですが、やっと春らしくなってきました。

春の陽気でぼーっとしてしまうこともしばしば・・・

抜け殻みたいな状態になってしまいます。

抜け殻・・・・・・。

抜け・・・・・・。

 

抜けといえば吹き抜けですよね!

吹き抜けがあるだけで見た目がガラッと変わります。

 

最近引き渡した現場の吹き抜けがとてもキレイなんです。

IMG_0547

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほらキレイ!

吹き抜けから小屋裏が見えるのですが

IMG_0538

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小屋裏の手摺が透明になっていて視線が通るので、吹き抜けが更に広く見えていいですね!

 

 

建設部 横谷 勇

 

 


2015.4.21


こんばんわ。建設部の榎本です。

 

本日は会社に入って1年が経ちましたが

当時から思ったことを今回は書いていきます。

 

それはタイトルの通り≪ガラ袋≫

現場でのごみ袋ですがほんとに丈夫なんです。

 

現場では色々なごみがでます。木材だったり、重いものでは

コンクリートの残骸や鉄筋などがあります。

そういったものを入れても全然破けたりしないごみ袋です。

だからとても便利なんです。普通に暮らしいる分にはいらないですが

なにかあった時には便利に使えそうだなと思います。

 

IMG_20150421_190625

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんとガラ袋にいれて整理整頓して現場をきれいにしていきます。

 

 


2015.4.16


 

 

どうも。建設部 小林です。

 

 

とある現場でtokyo woodの階段が施工されました。

 

 

IMG_1189

 

 

 

 

 

 

 

 

(分かりづらい写真ですいません・・・)

 

まだ木工事中ですので、養生がさせています。

 

 

蹴上げ部分は珪藻土で仕上げをします。

 

完成しましたらまたアップしたいと思います。

 

 

完成が楽しみですね。。。

 

 

建設部 小林

 


2015.4.15


こんばんわ。建設部の榎本です。

最近、雨が多く嫌な時期です。今日も晴れたと思ったらまた雨。

ほんとになんなんだ!この天気は!になりました。

 

先日上棟した現場で、屋根がまだ張れていないので

ブルーシートを全面に囲って雨風を凌いでいました。

 

それを内部から撮った写真がありますが

何とも言えない心地よさがありました。

ほんとにそれだけです。笑

 

IMG_0238

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設部 榎本


2015.4.13


お疲れ様です。

建設部 藤倉と申します。

 

本日は、現場に一台は設置をしておきたい仮設のトイレの事を書きます。

現場に設置をするトイレと言っても2種類トイレがあり、

汲み取り式のトイレ、水洗式のトイレがあります。

 

基本的には水洗式トイレを設置するのですが、設置をする際の条件が合わない時は汲み取り式のトイレとなってしまいます。

汲み取り式のトイレになることで大きな迷惑を掛けてしまう事となってしまうのです。

それが匂いです。

 

水洗式であれば排水管を設けて汚水升へ直接流してしまうのですが、

汲み取り式ではトイレ内に溜め込む仕組みになっているので匂いが上がってきてしまいます。

 

出来る限り水洗式のトイレを設置するよう仮設計画を考えているのですが、

どうしても設置が出来ない場合は常に清潔感のある汲み取り式トイレを現場に置くよ

う心掛けるようにしています。

IMG_6319


2015.4.11


お疲れ様です。

建設部の横谷です。

 

最近は桜が咲いてるのに雪が降ったりと、天気・寒さが驚きなことになっていますね。

そんな驚きを超える驚きがあったんですよ・・・

 

見てください。

IMG_0809

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近事前に気密を回した現場なのですが、

驚異のC=0.1という結果が出たんです。

まだ入社してから1年しか経ってないですが、こんな素晴らしい数値は初めて見ました・・・

 

本番の気密検査が楽しみです。

 

建設部 横谷 勇

 



ページの先頭へ戻る