モデルハウス&ショールーム


宿泊体感モデルハウス小金井Blog

2016.11.29


 

今年も、あと1か月で終わってしまいますね。2016年も地球破滅論が飛び交うなか無事に年末を迎えられそうですね!

・・・先日、私用でハーフマラソンを走りまして、その練習で朝早く起きて走っていたのですが、
朝焼けが非常に綺麗でつい撮ってしまったのが下の写真になります。

15135839_709729055846461_5110570500641166477_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕焼けは良く見ますけど、朝焼けもなかなか気持ちよいものです!

ところで、服やインテリア、食事といった中で、「色」について考えたことありますでしょうか?特にこれってなんで「この色」で見えているんだろうか・・・とか。

〇空が青く見えるのは

良く紫外線、赤外線だとか聞くと思います。見えないのに何で名称に「色」がついているのか。
実は、生物は太陽からの光の電磁波を感じるように進化していく中で、色を認識するようになりました(可視光線っていいます)。
スペクトル

 

 

 

下の数値は光の波長を示しており、色によって「波の長さ」があるということです。(下の図)
この通り、「紫外線」だとか「赤外線」というのは可視できない太陽からの光のことを言います。
15253585_711854715633895_6837935170173662051_n

 

 

 

 

 

 

 

 

「太陽光は白っぽいのに、そんなに色があったっけ・・?」と普通に思うはずです。
ヒトの目は光があることで見えるのが前提にあります。
そのうえで、ある波長の光(色)を吸収する性質が地球上の物体にあり、
それをヒトの目が認識することで、色を判別するんです。

例えば・・・
1、光合成で有名な「葉っぱ」は緑。
葉が緑以外の波長を光合成として利用したという事実があります。
(これには壮大な理由があるため、今回は省略させていただきます)
ヒトの目には緑以外のものは光として、緑色を吸収した葉は「緑」として認識。
th

 

 

 

 

 

 

 
2、空が青い(晴れた場合です(笑))
15193564_711854708967229_1351260127058821209_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽から来た光は、大気圏から地上に入ってくると「空気中のチリ」によって
ふるいにかけられます。ここで、一番波長が短い(380nmの)青色が様々な方向へ分散します。
すると、他の色は先に目に届いて「太陽の光」として認識するのですが、
青色だけ遅れてやってくるので、青色単体としての認識になり、空が「青色」と見えるのわけです。

本当に生物って神秘的ですよね。
私個人としては、その色を自在に使いこなして、かっこよく、かわいらしく、心地よく見せるインテリアやファッションのデザイナーさんのセンスは素晴らしいと思います。
色を自在につかったデザインの家を建てられるように今後も頑張ってまいりたいと思います!!

販売企画部門 清水

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2016.11.27


今朝、小金井市で地鎮祭がありました。
建物工事着工に伴い、土地を清め払って
無事故無息災を祈る儀式となります。
施主様にとっては一生に一度あるかどうかの
貴重な行事ではないでしょうか。

本日は「先勝」です。
「先んずればすなわち勝つ」
(午前中に行えば幸運が舞い込む)の意であります。
「大安」に次ぐ吉日ということで、
誠にめでたい日取となりました。

今回、祝詞をお願いしたのは杉並区の由緒正しき
「猿田彦神社」の神主さんです。
IMG_0353

 

 

 

 

 

 

 
こちらはお祓いに米と紙吹雪を撒く場面。
IMG_0336

そして祭壇。

IMG_0341 IMG_0338 IMG_0337

海のもの、地のもの、山のもの、米、酒がお供えされています。
それから鋤、鍬、鎌。
IMG_0342a

この耕具を用いて草を刈り地所に初めて手を入れるための
儀式を行います。すなわち「鋤き入れの儀」です。
IMG_0344a

この盛砂を鋤きます。

まずは設計者が鎌で草を刈り、「栄」を3回復唱。
これを「刈り初めの儀」と呼ぶようです。
IMG_0355a

「栄」はますますの繁栄を祈る「弥栄」の意となります。
よく気合いを入れたい場面で「えいっ」と声が出てしまいがちですが、
その語源を垣間見たような気がしました。
IMG_0359a

お施主様は鍬で土を掘りながら栄、栄、栄。
IMG_0361a

施工担当者は鋤で盛砂の土をすくって栄、栄、栄。
鍬と鋤の手順を合わせて「穿ち初めの儀」と呼ぶそうです。

「鋤き入れの儀」終了後は「玉串奉奠」へ。
玉串を捧げ、神への敬意を示す儀となります。
IMG_0365

 

 

 

 

 

 

 

非常にわかりにくいですが、祭壇に祀られた
緑の葉っぱが玉串です。それをお供えし、二礼二拍手一礼。
ご家族揃ってお参りされる姿が心温まりました。

このあとは出席者全員でお神酒を交して地鎮祭は終了。
もう間もなく着工となりますが、安全第一で完成することを祈るばかりです。
皆で手厚くお参りしたので神様も見守っていて下さるでしょう。
地鎮祭を終えられたお施主様、本日はおめでとうございました。

販売企画部 佐藤彩香


2016.11.25


社長の小嶋のブログにあったように12月3日(土)には
弊社の入居者様を招待したクリスマスパーティーがあります。
実は伊藤もちょっとした出し物をします。
なので、日が近づくに連れドキドキしており、
楽しみなのか、不安なのか自分でもわからない状態になっております。笑

2

※夏のこじま祭りの際の写真(真ん中が伊藤)

ちょっと恥ずかしがっている表情の私です。
出番の間近になると困ったような笑い方になってしまいます。
本番はしっかりと、どかーんと盛り上げましたが。

社内でも着々と準備をしております。

IMG_6266

 

弊社の5階にてトナカイと黒マジックで強く書かれた段ボールを用意すると
IMG_6267

トナカイがいよいよ出番かと痺れを切らしている様子が伺え、つい身を引き締めてしまいました。

一日一日クリスマスパーティーに近づく気持ちを楽しみながら、
準備していきますので、皆様奮ってご参加くださいませ!!

販売企画部門 伊藤 綾(Ito Ryo)


2016.11.24


IMG_0324

 

 

 

 

 

 

 

 

 
昨日の夜中に寒波が東京上空を通過したようで、
朝起きたら雪が降っていました。
東京都心で11月中に初雪が来たのは気象観測
始まって以来のことらしく、
小金井市でも2cmは積もったのでしょうか。
上の写真は会社近くの様子です。
午前中に社員大勢で駐車場を雪掻きしたのが
いい運動になりました。

さて、こうなってしまったからには
もう本格的に冬と言わざるを得ません。
この天候の中、体感モデルの温度環境は
どうなっているのでしょうか。
IMG_02962aIMG_0298a

 

 

 

 
IMG_0297a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日中でも外気は2.1℃でした。
1Fのエアコンを25℃設定、2Fエアコンを24℃設定で
運転させたところ、室内は平均20.2℃ということに。
床の温度は基礎の中を見てみましょう。
IMG_0304

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18.5℃と、室温とそれほど差がありません。
ソーラーサーキットの家は気密が高く、また基礎まで
外断熱なので、外気の影響を受けにくいので、
暖房の利きが良いのです。床も適温を保ちます。
室内を歩いたときの感覚は床暖のような高い熱ではなく、
湯たんぽを抱きしめたときのような優しい温さでした。

ソーラーサーキットの家は、いくつもの技術を用いて
「自然なあたたかさ」を実現しているのですが、
今日は「リフレアの加温機能」に着目しながら紹介していきたいと思います。
IMG_0300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は室内の給気口から出てくる空気の
温度を計っている場面です。
非接触型温度計といって、遠隔操作で狙った場所の
温度を見ることができます。
夏に大活躍しましたが、冬も頑張る予定です。
給気口に見える赤い光がまさに計測場所となります。

ソーラーサーキットの家は外の空気を取り入れ、
『SC-SV』という換気扇を通して室内に供給しています。
その給気口が部屋の各所に設置されているのです。
一般の換気は、第三種換気といって
外の冷気をそのまま中へ入れてしまい、
そのせいで寒くなってしまった部屋を暖房で暖めるという
非効率なことをしています。
一方、『SC-SV』は第一種換気と呼ばれる換気システムで、
冷気を60%熱に換えるので、今日のような2℃付近の外気であれば
12~13℃になって室内へ入ってきます。

しかし、その程度の温度だと冬場はきっと物足りないでしょう。
そこで、『SC-SV』と連動して機能する『リフレア』という
エアコンを「加温設定」で運転し、25~26℃に温めて室内に取り入れるのです。
換気に伴って家が冷えないというのは、他社にはない長所だと思っています。

『SC-SV』も多機能で話せばきりがないのですが、
続きはおいおい紹介させて下さると嬉しいです。

本日は「リフレア加温機能」のおかげもあって、
雪にも関わらずぽかぽかな体感モデルでした。

販売企画部 佐藤彩香


2016.11.21


当社は地域に根付いた地場の工務店です。というお話を
様々なお客様にお話しさせて頂いております。

オレンジデーという掃除の曜日を設け
毎週火曜日は前原町にてオレンジ色の服を纏った小嶋工務店社員が
近隣の道や公園を掃除したり、

IMG_5841

 

 

 

 

 

 

 

 

夏には小嶋まつりという夏祭りを開いたり、
まつり0-680x452[1]

このようなイベントの度に地域で繋がりや交流を深めています。

伊藤は先日、現場見学会にお邪魔させて頂き、
地域の繋がりの大切さに気づきました。

IMG_6237

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は多くの近隣の住民さんが施主様のお宅に訪れました。
その度に少しだけ会話をするのですが、皆さんお互いがお互いのことを
詳しく知っていて、困った時は〇〇したとかいうお話を聞くことが多かったのです。

助け合いの精神のようなものが感じられました。
顔見知りや知り合いが多くいると安心して暮らせますね。

ちなみにお客様の1階の床材はTOKYO WOOD(多摩産材)のヒノキの
床を張っており、立地の感じと相まって少し旅行気分になりました。

小嶋工務店 販売企画部門 伊藤 綾(Ito Ryo)


2016.11.19


・・・みなさま、ご存じだと思います。

風邪」ですよね。
すでに私たち販売企画部門では風が流行っています(笑)
体調管理は自己管理の基本!なんていうのを少年のころから教わってきたので、
人一倍、気を付けているところです。

よく風邪をひく前に「カレーが食べたくなる」だとか色々な話を聞きます。
風邪がひどくなると熱が出ると思いますが、この「熱」は体温を上昇させて免疫能力を高めてウイルスから体を守るという働きからできる体の免疫防衛だと思って下さい。
つまり、熱が出てるときは侵入したウイルスと戦っている最中なんです!だから、安易に体を冷やすのは、ウイルスと戦ってる「抗体」君たちを弱めてしまうので、よくない対処法です。
ただし、熱はデメリットもあり、タンパク質で出来ている体は42℃を超えると固まってしまいます(ゆでたまごのように)。そのため、大事な頭を冷やすというのは大事なことです。

風の対処って、それこそ「口内を乾燥させない」「食事をちゃんととる」「代謝をあげる」など方法はさまざまありますが、どれも「免疫力をあげる」ことになると思います。

・・・体温は筋肉や皮膚の温度(表在体温)より、消化管や腹部臓器などの方(深部体温)が熱を産生するのに放熱されないので、比較的高温になりやすい部位になるんです!
体温計を口や脇で計るのは、そういったことも関係しているんですね!

taion1

 

 

 

 

 

 

 

画像引用 www2.sensyu.ne.jp

上の図でも、お分かりかとおもいますが、体温を下げることにリスクが伴います。
この体温が下がりやすい時期に、体温維持は大切ですね!

ちなみに!!
高断熱の家はよくお聞きすると思いますが、弊社では家全体をエアコン2台の暖房で約20℃を保てる家を、ご希望に合わせて設計・建築させて頂いております。

これからさらに寒くなりますが、ウイルスに負けない体をつくりましょう!!

 

meneki_good

 

 

 

 

 

 

 

 

 

販売企画部門 清水知哉


2016.11.18


朝、健康診断がありました。
視力検査で裸眼にも関わらず左右とも1.5だったので
驚いています。それは置いておくとして、

少し前、あるお客様の打合せに同席させて頂きました。
その回は外壁となるサイディングの色・柄を決めるのがメインで、
洋服を選ぶように風合いや色調を好きなように選べますから、
家造りの打合せでもかなり楽しい行程なのではないでしょうか。
ただ、模様や色の組み合わせは、合いそうだと思っても
なかなかイメージ通りにはいかないようです。

そんな時は好みのテイストをもとに設計士さんが組み合わせを提案していきます。
(2種、3種と、複数の色柄を組み合わせるのが流行のようです)
このサイディングについて”いつまで汚れが目立たないのか”と問われることが多いので、
今回は私たちが家造りに使っているサイディングの特徴を紹介したいと思います。

IMG_0260 IMG_0257

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはLIXILグループ「旭トステム外装株式会社」製の『AT-WALL』です。
ウッド調、レンガ調、石調、その他諸々と、柄のバリエーションも豊富です。
IMG_0259 IMG_0258

 

 

 

 

 

 

 

このサイディングの優れた面は、なんと言ってもその保障期間の長さにあります。
その期間はなんと15年。保障の期間内は汚れが目立ちにくく、
メンテナンスがお手軽ということでお墨付きなんです。
通常は10年足らずで年季を感じてしまう外壁ですが、『AT-WALL』の場合は
雨水が表面を流れることによって土埃等の汚れが落ちるような技術が用いられています。

その名も”セルフッ素コート”と呼ばれるコーティング技術です。
この塗膜は空気中の排気ガスや油分などといった汚れを浮かす性質を持ち、
雨が降ると、その水分がコーティングと汚れとの間に入り込んで一緒に流してしまうのです。
また、紫外線にも強く、特殊な加工で柔軟に造られているので、
わずかな壁の動きも吸収し、コーティングの劣化を防ぎます。

難しいことを長々と言ってしまいましたが、
汚れを雨でつるんと落とす!『AT-WALL』はそんな外壁です。

 

販売企画部 佐藤彩香


2016.11.13


昨日、秋のTOKYO WOODバスツアーということで、ご参加いただきましたお客様に感謝の気持ちを申し上げます。ありがとうございました。
昨日は朝早くバスツアーのために、家を出て電車に乗ろうとしたわけですが・・・

15078917_703784506440916_121047756700271236_n 15079079_703784533107580_3670988635816287537_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真を見ての通り、霧で前が見えない状態!!
その日の天気はどうなるのやら・・・なんて朝から不安に思う日和でした。

ですが・・・

15094252_703784753107558_4657637962480631647_n

 

 

 

 

 

 

 

快晴!!とまではいきませんが、すごくきれいな空でジブリの世界にいるような色彩!
バスを降りた瞬間、感動いたしました。
東京にもこういった風景がみれるのだと改めて感じることができました。

15073390_703784569774243_5554283681998916555_n 15037117_703784613107572_582521863357497255_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか?綺麗な紅葉ですよね!
文章が少なくて、写真ばかりになってしまい申し訳ありません(笑)

15037159_703784733107560_6180944872561283637_n

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は山の素材を十分に活かした「山飯」になります。
これはお店ではなく、「東京チェンソーズ」さんたちをはじめとした地元住民の方々に提供して頂いたものですので、ある意味「このバスツアー限定!」のお食事なのかもしれません。

15095507_703784736440893_6180521349398937712_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は伐採を直接見ることができませんでしたが、木々一つ一つに丁寧な仕事がなされていて、林業の山に対する思いを強く感じることができました。

 

その後も、沖倉製材所にお伺いさせていただきまして、沖倉社長のご案内も毎回新しいものになり、学ばせて頂くことばかりで充実した見学にもなりました。

ここでは、お客様よりいただいたご感想を掲載はできませんが、TOKYO WOODに対する取り組み、また家を建築するために多くの人が関わること。
こういったバスツアーを通してお客様に小嶋工務店が取り組んでいることの良さが少しでもお伝えできたのではないかなと思っています。

 

できれば、今後とも弊社をご検討の候補にお考えされている方にも、こういった取り組みをお伝えできればと思いますので、気軽にお問合せ下さい!
心よりお待ちしております。

 

販売企画部 清水知哉

 

 


2016.11.9


体感モデルを掃除しようと外に出ると、
目の前で落ち葉の群れが風に煽られカラカラっと転がっていく
秋らしい光景を見て、少し得をした気持ちになりました。
残念ながら、ぼーっとして写真は逃してしまった伊藤でした。

風が強くて、雲の動きも早いです。
2時間経つと斑(まだら)にあった雲も一面の青空。

IMG_6158

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6159

 

 

 

 

 

 

 

さて今週の月曜日は全体会議がありました。

社内の情報共有のため社員一同で集まる場面です。

IMG_6149

 

 

 

 

 

 

(設計部技術課の矢内課長)
その中で表彰の場面もありました。何の表彰かと言いますと。

_2016_10_18_254

 

 

 

 

 

 

(すごく良い写真)

丸太切り大会です。
班分けして、どの班が早く丸太を切り落とせるかを競いました。
伊藤は表彰されず、少し残念でしたが、次回こそは丸太切りで
目を見張るほどの活躍をして班に貢献したいと思います。

また今週の土曜日にはTOKYO WOODバスツアーがあります。
その準備の様子も続々とBlogで更新していきます。

_2016_10_18_066

 

 

 

 

 

 

 

販売企画部 伊藤 綾(Ito Ryo)


2016.11.6


久しぶりの投稿になってしまいました。(笑)

いよいよコート無しじゃいけない季節になってきました?(私はコート着用です)
この季節になるとそろそろクリスマスソングが流れてきて、あと少しで年明けじゃん!?・・・なんていうのが日常だったりするんですよね!

 

私事ではありますが、先日、ある物件で敷地調査をするため、地元の川越に行くことになりました。

14915139_699739750178725_8684672572178296545_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川越ってご存じでしょうか?時の鐘がある小江戸と言われる地方です。

私は生まれも育ちも川越になります。・・・まさか川越で仕事ができるとは思わず、少し感動しました。
建築計画に欠かせないのが敷地調査というものですが、流れは法務局調査、役所調査のあと水道局や電気・ガス、それこそ道路に関してなど様々な場所を調査しにいく大事なお仕事です。
意外にも、川越はきっちりとしていて自慢ではありませんが、すんなり調査を終えたことに、川越の良さを改めて感じたと思っています。(笑)
時に、昔は広く仕えた土地も今では法律上、違反建築になってしまうケースが多く、調査を怠った場合はそれにお客様の積み上げてきた夢を崩しかねません。

私は、最善の提案にお客様が喜んで頂くことが、私にとってこの業界でのやりがいだと思って日々取り組んでいます。

住宅の計画に関わらせていただいたら一生懸命頑張らせていただきます!

 

販売企画部 清水知哉



ページの先頭へ戻る