モデルハウス&ショールーム


宿泊体感モデルハウス小金井Blog

2016.11.29


 

今年も、あと1か月で終わってしまいますね。2016年も地球破滅論が飛び交うなか無事に年末を迎えられそうですね!

・・・先日、私用でハーフマラソンを走りまして、その練習で朝早く起きて走っていたのですが、
朝焼けが非常に綺麗でつい撮ってしまったのが下の写真になります。

15135839_709729055846461_5110570500641166477_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕焼けは良く見ますけど、朝焼けもなかなか気持ちよいものです!

ところで、服やインテリア、食事といった中で、「色」について考えたことありますでしょうか?特にこれってなんで「この色」で見えているんだろうか・・・とか。

〇空が青く見えるのは

良く紫外線、赤外線だとか聞くと思います。見えないのに何で名称に「色」がついているのか。
実は、生物は太陽からの光の電磁波を感じるように進化していく中で、色を認識するようになりました(可視光線っていいます)。
スペクトル

 

 

 

下の数値は光の波長を示しており、色によって「波の長さ」があるということです。(下の図)
この通り、「紫外線」だとか「赤外線」というのは可視できない太陽からの光のことを言います。
15253585_711854715633895_6837935170173662051_n

 

 

 

 

 

 

 

 

「太陽光は白っぽいのに、そんなに色があったっけ・・?」と普通に思うはずです。
ヒトの目は光があることで見えるのが前提にあります。
そのうえで、ある波長の光(色)を吸収する性質が地球上の物体にあり、
それをヒトの目が認識することで、色を判別するんです。

例えば・・・
1、光合成で有名な「葉っぱ」は緑。
葉が緑以外の波長を光合成として利用したという事実があります。
(これには壮大な理由があるため、今回は省略させていただきます)
ヒトの目には緑以外のものは光として、緑色を吸収した葉は「緑」として認識。
th

 

 

 

 

 

 

 
2、空が青い(晴れた場合です(笑))
15193564_711854708967229_1351260127058821209_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽から来た光は、大気圏から地上に入ってくると「空気中のチリ」によって
ふるいにかけられます。ここで、一番波長が短い(380nmの)青色が様々な方向へ分散します。
すると、他の色は先に目に届いて「太陽の光」として認識するのですが、
青色だけ遅れてやってくるので、青色単体としての認識になり、空が「青色」と見えるのわけです。

本当に生物って神秘的ですよね。
私個人としては、その色を自在に使いこなして、かっこよく、かわいらしく、心地よく見せるインテリアやファッションのデザイナーさんのセンスは素晴らしいと思います。
色を自在につかったデザインの家を建てられるように今後も頑張ってまいりたいと思います!!

販売企画部門 清水

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2016.11.28


もういくつ寝ると、クリスマス…と歌うにはまだ早いでしょうか。
年末は、クリスマス、大晦日、お正月と、立て続けに3宗教の文化に触れる
面白い時期だなと毎年思っている気がします。石塚です。
今日は、日差しは暖かいですが、北風が強く、少し肌寒かったですね。
そんななか、販売企画部門で宿泊体感モデルハウスの飾り付けを行いました。

DSC_0660

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0661

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高いモミの樹にみんなで棒を使いながらせっせと取り付けました。
暗くなるとこんな感じです。

DSC_0669

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周りが明るいので少し分かりづらいですが、
オーナメントの奥でピカピカと電飾が光っております。
風が強く、オーナメントが飛ばないかと心配していたのですが、
無事、全員飛ぶことなく、ゆらゆらと綺麗に揺れていました。

DSC_0673

 

 

 

 

 

トナカイもいます。
DSC_0674 (1)

 

 

 

 

 

 

東八道路を通るときは、是非ご覧になってください。
合わせて、クリスマスも大晦日も、お正月も、2月も
少エネでいつでも暖かい家もご覧いただけますので、是非。

 

さて、今日はこれだけではありません。
午前、身体を動かして装飾をした分、
午後は頭を動かす勉強会を開催いたしました。

勉強会の題目は…『建物工事請負契約約款』です。

中国語かと思うくらいに漢字が並んでいますが、
契約約款は、契約時に説明させていただくものです。

注文住宅は、お客様ごとに間取りも仕様も違いますが、
これだけは全施主様共通のものです。
役割としては、『そう頻繁に起きるわけじゃないけれど、万が一、
億が一にそれが起きたとき、お客様と弊社でどうしていくのか』の
対処法が書いてあります。万が一でも、起こったときの事を
決めておくとスムーズに対処できますからね。

普段の生活や日常会話ではなかなか聞かない法律用語もあり、
難しい文面が29条続いているのですが、
初見では何についてどんな約束なのかが全く分かりません。

そこで、文章を読むだけでは「どういうこと?」となる約款を
要約して、「お客様に分かりやすく説明できるようにしよう!」
というのが、今回の勉強会の趣旨目的です。

DSC_0662

 

 

 

 

 

今回の勉強会はテストをするので、みんな真剣ですね。
勉強会の主催者は私だったのですが、
人に教えることで自分の復習にもなり、練習にもなり、
頭もたくさん使いました…。

お客様に対して、分かりやすく説明することで、
スムーズに打合せが進められるよう、精進します!

販売企画部門 石塚春奈


2016.11.27


今朝、小金井市で地鎮祭がありました。
建物工事着工に伴い、土地を清め払って
無事故無息災を祈る儀式となります。
施主様にとっては一生に一度あるかどうかの
貴重な行事ではないでしょうか。

本日は「先勝」です。
「先んずればすなわち勝つ」
(午前中に行えば幸運が舞い込む)の意であります。
「大安」に次ぐ吉日ということで、
誠にめでたい日取となりました。

今回、祝詞をお願いしたのは杉並区の由緒正しき
「猿田彦神社」の神主さんです。
IMG_0353

 

 

 

 

 

 

 
こちらはお祓いに米と紙吹雪を撒く場面。
IMG_0336

そして祭壇。

IMG_0341 IMG_0338 IMG_0337

海のもの、地のもの、山のもの、米、酒がお供えされています。
それから鋤、鍬、鎌。
IMG_0342a

この耕具を用いて草を刈り地所に初めて手を入れるための
儀式を行います。すなわち「鋤き入れの儀」です。
IMG_0344a

この盛砂を鋤きます。

まずは設計者が鎌で草を刈り、「栄」を3回復唱。
これを「刈り初めの儀」と呼ぶようです。
IMG_0355a

「栄」はますますの繁栄を祈る「弥栄」の意となります。
よく気合いを入れたい場面で「えいっ」と声が出てしまいがちですが、
その語源を垣間見たような気がしました。
IMG_0359a

お施主様は鍬で土を掘りながら栄、栄、栄。
IMG_0361a

施工担当者は鋤で盛砂の土をすくって栄、栄、栄。
鍬と鋤の手順を合わせて「穿ち初めの儀」と呼ぶそうです。

「鋤き入れの儀」終了後は「玉串奉奠」へ。
玉串を捧げ、神への敬意を示す儀となります。
IMG_0365

 

 

 

 

 

 

 

非常にわかりにくいですが、祭壇に祀られた
緑の葉っぱが玉串です。それをお供えし、二礼二拍手一礼。
ご家族揃ってお参りされる姿が心温まりました。

このあとは出席者全員でお神酒を交して地鎮祭は終了。
もう間もなく着工となりますが、安全第一で完成することを祈るばかりです。
皆で手厚くお参りしたので神様も見守っていて下さるでしょう。
地鎮祭を終えられたお施主様、本日はおめでとうございました。

販売企画部 佐藤彩香


2016.11.25


社長の小嶋のブログにあったように12月3日(土)には
弊社の入居者様を招待したクリスマスパーティーがあります。
実は伊藤もちょっとした出し物をします。
なので、日が近づくに連れドキドキしており、
楽しみなのか、不安なのか自分でもわからない状態になっております。笑

2

※夏のこじま祭りの際の写真(真ん中が伊藤)

ちょっと恥ずかしがっている表情の私です。
出番の間近になると困ったような笑い方になってしまいます。
本番はしっかりと、どかーんと盛り上げましたが。

社内でも着々と準備をしております。

IMG_6266

 

弊社の5階にてトナカイと黒マジックで強く書かれた段ボールを用意すると
IMG_6267

トナカイがいよいよ出番かと痺れを切らしている様子が伺え、つい身を引き締めてしまいました。

一日一日クリスマスパーティーに近づく気持ちを楽しみながら、
準備していきますので、皆様奮ってご参加くださいませ!!

販売企画部門 伊藤 綾(Ito Ryo)


2016.11.24


IMG_0324

 

 

 

 

 

 

 

 

 
昨日の夜中に寒波が東京上空を通過したようで、
朝起きたら雪が降っていました。
東京都心で11月中に初雪が来たのは気象観測
始まって以来のことらしく、
小金井市でも2cmは積もったのでしょうか。
上の写真は会社近くの様子です。
午前中に社員大勢で駐車場を雪掻きしたのが
いい運動になりました。

さて、こうなってしまったからには
もう本格的に冬と言わざるを得ません。
この天候の中、体感モデルの温度環境は
どうなっているのでしょうか。
IMG_02962aIMG_0298a

 

 

 

 
IMG_0297a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日中でも外気は2.1℃でした。
1Fのエアコンを25℃設定、2Fエアコンを24℃設定で
運転させたところ、室内は平均20.2℃ということに。
床の温度は基礎の中を見てみましょう。
IMG_0304

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18.5℃と、室温とそれほど差がありません。
ソーラーサーキットの家は気密が高く、また基礎まで
外断熱なので、外気の影響を受けにくいので、
暖房の利きが良いのです。床も適温を保ちます。
室内を歩いたときの感覚は床暖のような高い熱ではなく、
湯たんぽを抱きしめたときのような優しい温さでした。

ソーラーサーキットの家は、いくつもの技術を用いて
「自然なあたたかさ」を実現しているのですが、
今日は「リフレアの加温機能」に着目しながら紹介していきたいと思います。
IMG_0300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は室内の給気口から出てくる空気の
温度を計っている場面です。
非接触型温度計といって、遠隔操作で狙った場所の
温度を見ることができます。
夏に大活躍しましたが、冬も頑張る予定です。
給気口に見える赤い光がまさに計測場所となります。

ソーラーサーキットの家は外の空気を取り入れ、
『SC-SV』という換気扇を通して室内に供給しています。
その給気口が部屋の各所に設置されているのです。
一般の換気は、第三種換気といって
外の冷気をそのまま中へ入れてしまい、
そのせいで寒くなってしまった部屋を暖房で暖めるという
非効率なことをしています。
一方、『SC-SV』は第一種換気と呼ばれる換気システムで、
冷気を60%熱に換えるので、今日のような2℃付近の外気であれば
12~13℃になって室内へ入ってきます。

しかし、その程度の温度だと冬場はきっと物足りないでしょう。
そこで、『SC-SV』と連動して機能する『リフレア』という
エアコンを「加温設定」で運転し、25~26℃に温めて室内に取り入れるのです。
換気に伴って家が冷えないというのは、他社にはない長所だと思っています。

『SC-SV』も多機能で話せばきりがないのですが、
続きはおいおい紹介させて下さると嬉しいです。

本日は「リフレア加温機能」のおかげもあって、
雪にも関わらずぽかぽかな体感モデルでした。

販売企画部 佐藤彩香


2016.11.23


昨日の陽気はどこへやら。冷たい北風が肌に刺さりますね。
明日はなにやら雪の予報が出ていて、
本当に降れば実に半世紀ぶりの早い降雪なんだとか。
寒いのは苦手ですが、その分体感モデルハウスの良さを知っていただける
チャンスでもあるので、大変わくわくしています石塚です。

さて、4月の入社から怒涛の日々で、多くの人から多くのことを学ばせていただいています。
先週末、引渡前のお客様の現場で、完成見学会をさせていただきました。
そのお宅は、リビングに薪ストーブがあり、
1階から小屋裏までの大きな吹き抜けのあるとても素敵なお家でした。
DSC_0622

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0630

 

 

 

 

 

 

素人の写真で申し訳ありません…。
吹き抜けに面している腰壁を縦格子にしたことで、
さらに開放感がアップしています。
DSC_0634 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小屋裏からはこんな感じ。
吹き抜けや薪ストーブ、1階のヒノキの色味。
思わず「わぁっ」と声を出してしまいそうなほど、素敵な眺めです。

現場見学会当日、施主様が現場にいらしてくださいました。
施主様に「小嶋工務店を知っていただいたきっかけ」を尋ねると、

『雨の日の朝、ネットで調べていたら、「東京の木」を使って家を建てていると
書いてあるHPを見つけて、気になって展示場へ足を運んだよ。』

とお話してくださいました。
植木職人である施主様は、もともと木への造詣が深い方だったので、
小嶋工務店の「東京の木」や林業への取り組みに共感してくださっていたのです。

「小嶋社長のあの熱さがいいよね!」「(東京チェンソーズの)青木社長はすごい」と
とても楽しそうに、嬉しそうにお話している施主様を見て、こちらも大変嬉しくなりました。
その日はとても寒かったのですが、心がじんわりと温かくなり、嬉しさで少し泣きそうでした…。
(ちゃんと堪えましたが)

また、お住まいが建設現場の近くということで、建設期間中、
毎日のように現場に足を運ばれたそうです。
そこでは、多くの職人さんと話をしたと話してくださいました。

一日しか現場にいない職人さんとも話したと仰っていて、
恐らく、私よりも多くの職人さんに会っているんだろうなと
話を聞きながら思っていると、お客様からこんな言葉が掛けられました。

『いやぁ、小嶋さんの職人さんはいい人たちばっかりだよ!』

私自身が「いい人たちだな」と思っている人のことを、
他の人からも「いい人たちだよね」と言っていただけるのは、
正直、自分のことを褒められるよりも嬉しいです。
まだ着工式や以前顔を出させていただいた協力会の懇親会でしか
協力会の方との関わりはなく、その機会もそう多くは無いのですが、

「そうなんです。本当に皆さん良い方ばかりなんですよ!」

思わず大きい声で返してしまいました。

現場見学会をしてくださった施主様は、見学にいらしたお客様に
「本当に小嶋さんの職人さんはいい人たちばかりだから、安心していい」と
お話してくださっていました。
施主様にとってこれは、「人に紹介したくなるくらい良いもの」だったのでしょう。
それは、家に携わった人の行動が「一生懸命だった」からだと感じました。

会社、協力会全てを含め、今自分たちのやっていることの答えは、
お客様、施主様が持っているんだなと強く感じました。

入社したてのとき、「相手本位に行動する」ということを教わりました。
自分の行動は、相手が評価する。見ている側の評価で、自分の評価が変わるのだと。

施主様のお話を聞いて改めて、
お客様は自分の行動を映す「鏡」のような存在なのだと思いました。
こちらがお客様の方向を向いて、一生懸命取り組むことで、お客様も答えてくれる。

そういったことを、お客様が教えてくださいました。

これから営業として成長していく中で、自分の目の前にある鏡を、
最後には全部笑顔に出来るような人間になりたいと強く思いました。

販売企画部門 石塚春奈


2016.11.21


当社は地域に根付いた地場の工務店です。というお話を
様々なお客様にお話しさせて頂いております。

オレンジデーという掃除の曜日を設け
毎週火曜日は前原町にてオレンジ色の服を纏った小嶋工務店社員が
近隣の道や公園を掃除したり、

IMG_5841

 

 

 

 

 

 

 

 

夏には小嶋まつりという夏祭りを開いたり、
まつり0-680x452[1]

このようなイベントの度に地域で繋がりや交流を深めています。

伊藤は先日、現場見学会にお邪魔させて頂き、
地域の繋がりの大切さに気づきました。

IMG_6237

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は多くの近隣の住民さんが施主様のお宅に訪れました。
その度に少しだけ会話をするのですが、皆さんお互いがお互いのことを
詳しく知っていて、困った時は〇〇したとかいうお話を聞くことが多かったのです。

助け合いの精神のようなものが感じられました。
顔見知りや知り合いが多くいると安心して暮らせますね。

ちなみにお客様の1階の床材はTOKYO WOOD(多摩産材)のヒノキの
床を張っており、立地の感じと相まって少し旅行気分になりました。

小嶋工務店 販売企画部門 伊藤 綾(Ito Ryo)


2016.11.19


・・・みなさま、ご存じだと思います。

風邪」ですよね。
すでに私たち販売企画部門では風が流行っています(笑)
体調管理は自己管理の基本!なんていうのを少年のころから教わってきたので、
人一倍、気を付けているところです。

よく風邪をひく前に「カレーが食べたくなる」だとか色々な話を聞きます。
風邪がひどくなると熱が出ると思いますが、この「熱」は体温を上昇させて免疫能力を高めてウイルスから体を守るという働きからできる体の免疫防衛だと思って下さい。
つまり、熱が出てるときは侵入したウイルスと戦っている最中なんです!だから、安易に体を冷やすのは、ウイルスと戦ってる「抗体」君たちを弱めてしまうので、よくない対処法です。
ただし、熱はデメリットもあり、タンパク質で出来ている体は42℃を超えると固まってしまいます(ゆでたまごのように)。そのため、大事な頭を冷やすというのは大事なことです。

風の対処って、それこそ「口内を乾燥させない」「食事をちゃんととる」「代謝をあげる」など方法はさまざまありますが、どれも「免疫力をあげる」ことになると思います。

・・・体温は筋肉や皮膚の温度(表在体温)より、消化管や腹部臓器などの方(深部体温)が熱を産生するのに放熱されないので、比較的高温になりやすい部位になるんです!
体温計を口や脇で計るのは、そういったことも関係しているんですね!

taion1

 

 

 

 

 

 

 

画像引用 www2.sensyu.ne.jp

上の図でも、お分かりかとおもいますが、体温を下げることにリスクが伴います。
この体温が下がりやすい時期に、体温維持は大切ですね!

ちなみに!!
高断熱の家はよくお聞きすると思いますが、弊社では家全体をエアコン2台の暖房で約20℃を保てる家を、ご希望に合わせて設計・建築させて頂いております。

これからさらに寒くなりますが、ウイルスに負けない体をつくりましょう!!

 

meneki_good

 

 

 

 

 

 

 

 

 

販売企画部門 清水知哉


2016.11.18


朝、健康診断がありました。
視力検査で裸眼にも関わらず左右とも1.5だったので
驚いています。それは置いておくとして、

少し前、あるお客様の打合せに同席させて頂きました。
その回は外壁となるサイディングの色・柄を決めるのがメインで、
洋服を選ぶように風合いや色調を好きなように選べますから、
家造りの打合せでもかなり楽しい行程なのではないでしょうか。
ただ、模様や色の組み合わせは、合いそうだと思っても
なかなかイメージ通りにはいかないようです。

そんな時は好みのテイストをもとに設計士さんが組み合わせを提案していきます。
(2種、3種と、複数の色柄を組み合わせるのが流行のようです)
このサイディングについて”いつまで汚れが目立たないのか”と問われることが多いので、
今回は私たちが家造りに使っているサイディングの特徴を紹介したいと思います。

IMG_0260 IMG_0257

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはLIXILグループ「旭トステム外装株式会社」製の『AT-WALL』です。
ウッド調、レンガ調、石調、その他諸々と、柄のバリエーションも豊富です。
IMG_0259 IMG_0258

 

 

 

 

 

 

 

このサイディングの優れた面は、なんと言ってもその保障期間の長さにあります。
その期間はなんと15年。保障の期間内は汚れが目立ちにくく、
メンテナンスがお手軽ということでお墨付きなんです。
通常は10年足らずで年季を感じてしまう外壁ですが、『AT-WALL』の場合は
雨水が表面を流れることによって土埃等の汚れが落ちるような技術が用いられています。

その名も”セルフッ素コート”と呼ばれるコーティング技術です。
この塗膜は空気中の排気ガスや油分などといった汚れを浮かす性質を持ち、
雨が降ると、その水分がコーティングと汚れとの間に入り込んで一緒に流してしまうのです。
また、紫外線にも強く、特殊な加工で柔軟に造られているので、
わずかな壁の動きも吸収し、コーティングの劣化を防ぎます。

難しいことを長々と言ってしまいましたが、
汚れを雨でつるんと落とす!『AT-WALL』はそんな外壁です。

 

販売企画部 佐藤彩香


2016.11.17


今朝、本社周りの水まきをしていると、
二重の虹が見えました。自作自演ですが、二重の虹に少し嬉しくなった伊藤です。

IMG_6232

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水まきすると気持ちがいいですね。
地面を洗い流している感じが隈なく掃除が出来ているような気がします。

当社、小嶋工務店は専門学校の近くで朝は多くの学生が通る道に面しています。
そのため、通行人には気を付けながら水を撒いております。
しかし中には、足早に歩いて下さったりと、気を使って下さる方もいらっしゃいます。
いつもありがとうございます。そして毎朝気を遣わせてしまい申し訳ありません。

本日は通り過ぎる若い学生さんの話が気になりました。
「なんで暑くないのに水まきしてるんだろ」

うーん、老舗の旅館であったり、和菓子屋さんで見たことあるけど
あの水まきはなんだろう。と思ってしまいました。
もちろんお客様をおもてなしする意味があると思うのですが・・・。

詳しく知らないので、気になって調べてみました。
「冬場 打ち水」

すると、納得できることが二つありました。
①地面を湿らせることにより、お客様が埃を立てずに建物に入れる。
②場を清める=気遣い・おもてなし

意味がわかると、ここまで気を遣って頂いていたんだと思いました。
気付こうとしないと、わからない気遣いってなんだか心がほっこりしますね。

冬場でもおもてなしの気持ちを持って、水を撒いていこうと思います。
もちろん、道を通る通行人の方には気を遣いながら、
お客様のお家には木(TOKYO WOOD(多摩産材))を使いながら。

house01_img02

 

 

 

 

 

 

 

販売企画部門 伊藤 綾(Ito Ryo)



ページの先頭へ戻る