ブログコミュニティー


広報blog

2019.1.4


新年あけましておめでとうございます!

年末の冷え込みは大変なものでしたが、皆様のお家は暖かく過ごせましたでしょうか?

こんにちは、清水です。

昨年はたくさんの方にホームページを訪問していただき、本当にありがとうございました。

 

 

さて、仕事始めの今日は本社から富士山がくっきり見える晴天です!

DSC_0091L

仕事始めは毎年高幡不動尊にお参りに行くのが恒例です。

今年は昨年より混雑しているようです。

DSC_0093L

今年も昨年以上の良い年になりますよう、しっかりお願いしてまいりました。

そのあとは毎年同じ場所で「開運そば」をいただくのですが・・・・・・・

 

写真を撮るのをすっかり忘れて平らげてしまいました。^^;

 

そして本年最初のイベントは・・・・・

新モデルハウス「Forest Family」が1/3にハウジングワールド立川内にグランドオープンいたしました!

DSC_0090L

モデルハウスはもちろん、住宅研究所(ラボ棟)も併設されております。

是非一度ご来場ください。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。


2018.12.25


12月25日とても寒いクリスマスですが、皆様はいかがお過ごしですか?

こんばんは、清水です。

今年も皆様のおかげをもちまして1年を終えることができます。

本当にありがとうございました。

下記の予定で休業となります。

本社冬期休業:12月30日(日)~1月3日(木)

良いお年をお迎えください。

 

 

とは申しましても、新春1月3日は新モデルハウス「Forest Family」のグランドオープンが控えております。

着々とお客様をお迎えする準備を整えています。

少しだけ先行公開します。

外観

外観

IMG_0608L

LDK

 

まだまだ見どころ満載のモデルハウスです。

新春1月3日よりグランドオープンいたします。

皆様のご来場心よりお待ちしております。


2018.12.14


DSC_0625

小金井体感モデルハウスの宿泊予約が増えてくると、今年も寒くなってきたんだなぁと感じます。

こんにちは!清水です。

 

8月より建替え工事に入りました立川第2展示場がリニューアルして生まれ変わります!

モデルハウスだけではなく、ラボ棟(仮称 住宅研究所)も備えており、

住まいづくりのすべてを盛り込んだ、新しいスタイルの展示場

「Forest Family」

 

の誕生です。

小嶋工務店様_別冊表2_1122

現場はオープンに向け足場も外れ、急ピッチで進んでいます。

チラシでは1月5日オープン予定でしたが、工事も順調に進んでいることから、

急遽、1月3日にオープンすることといたしました!

 

桧の丸太切りや福袋を準備して皆様のご来場を心よりお待ちしております。

是非一度ご来場ください!


2018.11.18


秋も深まり、朝晩の冷え込みも一段と身体にこたえる季節になってきました。

皆様のお住まいは寒くありませんか?

こんにちは!清水です。

さてさて今回の情報は・・・・

「冬でもぽかぽか」の宿泊体感ハウスを皆様に体感していただく企画を開催します!

題して

「快適住宅を体感してみよう! 秋の収穫祭!!」

20181123秋の収穫祭

初めてでも大丈夫。住まいづくりの不安を解消できる、

「初めての住まいづくり勉強会」

も同時開催いたします。

ぽかぽかの快適住宅で住まいづくりの不安も解消したその後は・・・・・

シチューやお鍋で体の芯からぽかぽかになれるよう、

ご来場の皆様に野菜の詰め合わせをプレゼントいたします。

(数量に限りがある為、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承ください)

20181123秋の収穫祭_裏

 

日時:11/23(祝)・11/24(土)・11/25(日)の3日間限定 10:00~18:00

 

冬暖かく、夏涼しい家づくりの秘密が満載の見学会です。

是非ご来場ください。


2018.10.18


10月も半ばを過ぎ、ようやく秋らしくなってきました。

こんにちは、清水です。

毎週末は見学のご要望の多い立川新展示場で構造見学会を開催しています。

IMG_0567-M

現場も1月のグランドオープンに向けて急ピッチで進んでおり、

断熱材が貼られ、サッシが取り付き、大分家らしくなってまいりました。

IMG_5330IMG_5607

 

さて本日は、気密の重要性がわかる、「公開気密測定」開催のお知らせです。

公開気密測定_抹茶色_20181103

三鷹展示場で行った時も20名を超えるお客様にご来場いただき、

「家づくりで気密の大切さがよく分かった。」「気密を考えた住まいづくりがしたい。」等

様々なご意見をいただきました。

今回、11/3(祝)11/4(日)の2日間限定での開催を決定しました。

普段感じることのできない「気密」を肌で感じていただきたいと思います。

もちろん、気密を分かりやすくご説明する「ポケット勉強会」も開催します。

住まいづくりをお考えの方で、建てた後に後悔したくない方はぜひご参加ください。

皆様のご来場、心よりお待ちしております。

 


2018.9.25


皆様、3連休はいかがでしたでしょうか?

雨が降ったり暑かったりで、体調崩していませんか?

こんにちは、清水です。

私は皆様にお会いできるかもしれないという事で、ハウジングワールド立川の新モデルハウス建築現場で、

「構造見学会」に参加していました。

IMG_0567-L

IMG_0566-M

60名を超えるお客様にご来場いただけました。本当にありがとうございました。

もっと見たい!との声も頂いておりますので、また開催させていただきます。

 

さて、今回のお知らせは、

毎回人気で申込期日前に締め切りが来てしまう、

大好評イベント「東京の森を巡る TOKYO WOODバスツアー」開催日決定です!

バスツアー表20181027

開催日:平成30年10月27日(土)

お申し込み等、詳細については後日ホームページで公開します。

楽しみにお待ちください。

 


2018.9.19


9月も半ばを過ぎ、やっと秋めいた気候になってきましたね。

おはようございます。清水です。

北海道では大きな地震があり、被災された方々には心からお見舞い申しあげると共に

復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

 

さて、日本はプレートが重なり合っており、いつどこで大きな地震が起きてもおかしくありません。

1103-02

 

当然、地震に強い家づくりは当たり前となってきます。

 

今回は完成後見えなくなってしまう住宅の構造に目を向け、期間限定で構造見学会を開催いたします。

構造見学会201809入稿用

木造の構造材は、家の真価を決める大切な要素の一つです。

弊社がなぜ構造材にこだわっているのか、なかなか見ることのできない建築中の現場を公開し、

ご説明いたします。

是非ご来場ください。

社員一同お待ちしております。

上棟1

11111-680x5101

 


2018.8.28


8月も終盤になったのに、暑い日が続きますね。

こんにちは!清水です。

昨日の夜の集中豪雨で、帰宅に2時間かかりました^^;

暑い日が続いているにもかかわらず、秋のご契約キャンペーンを実施します。

題して・・・「東京の山が育てた逸品の木をあなたの家に」

 

秋キャンペーン表

毎回期限前に終了してしまう人気のキャンペーンです。

今回は・・・・・

適正な管理をされている森林しか認証されないFSC認証制度。

その森を持つ田中林業の田中社長が先々代から育て上げた60年生の杉と桧。「ふとマッチョ」

たくさんの森を見てきたからこそわかる、東京チェーンソーズ青木社長。

だからこそわかる青木社長の目利き材、60年生の桧。「ほそマッチョ」

どちらも3棟限定でご用意できました。

先着順の為、なくなり次第終了します。

あなたの家にPREMIUMな逸品はいかがですか?

詳しくは各営業担当までお願い致します。


2018.8.18


こんにちは!

ブログ初投稿になります、清水です。

今回は大人気イベント、TOKYO WOODの森を1日で巡る

「TOKYO WOODバスツアー」のご案内です。

原木の育つ山から製材されて建築材料になるまでを見学できます。

見学の後は、親子で原木の丸太切りにチャレンジ!

参加費は無料です。

 

【参加者の声】

〇自然の中で原木が家づくりに使用されるまでの投げれを見ることができて感動しました。

〇木を育てるにも、柱や板にするのも手間をかけ工夫していることがよく分かった。

〇天然乾燥の桧はとてもいい香りでした!

 

皆様も東京の山を感じてみませんか?

開催日は9月1日(土)、申し込み締め切りは8月26日(日)。

お申し込みは弊社担当営業までお気軽にお申し込みください。

先着順の為、定員に達した場合参加できない場合もあります。

詳しくは下記URL、弊社ホームページをご覧ください。

http://www.k-kojima.co.jp/topics/event_details_112.html

皆様のご参加、お待ちしております。

basu1

 


2018.8.15


 

 

201903239-1024x683[1]

田中 TOKYO WOODを供給する大元の檜原村の山で代々林業を続けてきて私で15代目にあたります。自分で持っている山を管理して、そこで伐採した木をTOKYO WOODの丸太(原材料)として届けています。今このお家で使われている柱、フローリング材なんかは私のおじいちゃんが育てた木かもしれないですね。それを私が伐採したということです。

T様 建築中の際も見学に来ていて、その時にたくさん柱がありましたね。すごく良い香りがして、何かお香とか使ってるのかなって思ったくらいです!現場監督の方は鼻が慣れちゃったのかあんまり香りがしないなんて言ってました(笑)。(奥様)

201803237-1024x683[1]

 

田中 TOKYO WOODのお家にお住まいということで、もともとお二人とも木がお好きだったんです?

T様 鉄筋か、木造かということでは、木造で建てたいなとは思っていました。鉄筋は無機質な印象があって、木は生きているし、風合いもいいなと思ってました。それからインターネットでハウスメーカー・工務店を調べて、立川の展示場に行きました。その時に小嶋工務店さんのことは知っていて、モデルハウスの木がとても印象的だったんですよね。(奥様)

田中 奥様が家具も選ばれてるとお聞きしました。全体的に木の家具も多いですし奥様の木が好きという想いが伝わってきますよね。ちなみにご主人は木に対してはどうでしたか?

201803232-1024x683[1]

 

T様 私はまず居心地の良い空間にしたいと思っていて、その点でパネルを立てるようなかたちよりは木造軸組で建てる方がいいなということで木の家がいいと思いました。もともとこんな風にしたいっていうイメージはあって、天井を高くしたり、梁を見えるようにしたり、小嶋工務店さんにはしっかりデザインを取り入れてもらえて良かったです。階段もリビングから通して空間を広く見せたいなと思ってこうしました。(ご主人)

田中 このTOKYO WOODの階段は木を無駄なく使うということで生まれたんです。丸太から四角い構造材を取るとなると周りの部分は余りますよね。こうした部分も捨てずに無駄なく使うことは育ててきた私達からすると嬉しいことですね。ちなみに東京の木についてはどんなイメージでしたか?

T様 素敵な取り組みだと思いました。地元の木を使ってるっていうのもあんまり聞かったので、地産地消というのはいいなと思いました。それも林業家さんあってこそなんだなと改めて感じました。(奥様)

  • T様 × 田中林業
  • T様 × 田中林業

田中 私たちの同業で地方の林業家からすると、東京にこれだけ山があるなんてイメージできないみたいで。東京で林業やっているというと皆んな「どこで?」ってなりますね(笑)。東京で林業やっている人っていうと数えられるくらいです。山を所有している人はいるんですけど、私のような林業を仕事にしている人はいないですね。

T様 教えてもらいたいことがあって、お手入れの仕方を聞きたいと思ってたんです。床にやっぱり水が垂れてしまったりすることもあって、自然乾燥で乾いたときにやっぱり色にムラが出たりしてしまって、そういう時はどうしたらいいんですかね?(奥様)

201803234-1024x683[1]

 

田中 うちの家も同じような木のフローリングを使ってるんですけど、うちの嫁さんは米ぬかを使ってますね。嫁もオーガニックなものが好きで、「これがいいんだよ」って言ってました(笑)。米ぬかを袋に入れて、それで磨いてましたよ。お住まいになってから一年経って変化などは感じてますか?

T様 ありますね、フローリングはちょっと濃くなってきたと思います。最初はもうちょっと白っぽかったけど、アメ色っぽくなってきました。いい感じに馴染んできた感はありますよね。こうやって熟成されていくっていうのは木の良いところですよね。(ご主人)うちはフローリングは節ありにしているんですが、この節の有無でコストも変わってくるので、どうしようかと思っていたんですよね。でも節ありの家を見せていただいて、その木の風合いも良かったので、全部節ありにしました。(奥様)

201803231-1024x683[1]

201803238-1024x683[1]

田中 この節を埋める作業というのが大変で、全部手作業なんです。まず節を円形にくり抜いて、その大きさに合わせてサイズの合う木の枝を差し込みます。板から飛び出た部分の枝をカットすれば節埋め完了です。この作業は製材所で行っているので、使わない枝などをうちの山から届けています。

T様 そんなに手間がかかってるんですね!そういった作業があったことを知ると、節の一つ一つも愛おしく思えますね。でもそうすると節がないほうが作業は楽なんですか?(ご主人)

201803236-1024x683[1]

 

田中 工場の作業はそうなるんですが、節が出ないようにする作業は山の段階で行ってるんですよ。節が出ないように意図的に育てていて、枝の無い木に育てるためにはビール瓶の太さまでに枝を打てと言われています。育って大体10年後くらいですかね。でも闇雲に枝を打っても木の成長を落としてしまうので、なんでもかんでも節なしにしている訳じゃないんです。

T様 こうやって自分たちの家の木がどうやって育てられたなんて聞く機会はないので、とても嬉しかったです。(ご主人)
暖かくなってきて湿度が上がるとヒノキが香ってくると感動しました。なんか天気が変わったんだなって気付かせてくれます。これからも長く愛着をもって暮らしていきたいです。(奥様)

201803233-1024x683[1]

 

basu1basu2


ページの先頭へ戻る